Today's PICK UP

医療現場の課題を自身で解決できる人を育てる「医療者向けプログラミングスクール」が開校

医療法人社団新潮会は、医者や看護師などをはじめとした医療者向けのプログラミングスクール「ものづくり医療センター」を2021年6月にトライアル開校を実施し、プログラミング教育入院希望者を募集すると発表した。

■医療現場の課題を自身で解決できる人を育てる、医療者向けプログラミングスクール「ものづくり医療センター」

ものづくり医療センターは、既存のエンジニアへの転職を目指すプログラミングスクールとは異なり、医療者がテクノロジーという武器を身につけるプログラミングスクール。

既存のプログラミングスクールはWebサイト作成など決まった制作物を作っていくケースが多いが、現場の課題はそれぞれ異なるため、Webを学べば解決出来るという訳ではない。本スクールでは、学生が実現したいことをカタチにすること、つまり、自身が考えたアイデアをテクノロジーを用いて実現することが出来る人材の育成を目指しているという。そのため、Webに限らず、IoT、VR、AI、RPA、LINE BOTなど様々な技術ジャンルに触れる。

これまでのプログラミングスクールは、病院で言い換えるなら、例えば人工関節置換術の予定入院などのように、はじめから決まった治療方針で単科病院に入院するようなものが一般的だった。しかし、本院の入院方針は異なり、今回入院する人に合わせ、様々な治療方針を提案する。その上で、最終的に入院した人が治療方針(自分が使ってみたい技術)を選択し、退院(卒業発表)を目指すとのことだ。
出典元:プレスリリース
【コロナ禍でアップデートが求められる医療業界】
この1年、コロナ禍で医療業界では業務の優先順位なども大きく変わってきた。入院時のフローや診察や受付業務など、様々な部分で既存の仕事の仕方から強制的にアップデートが求められ変化に対応しなければならなくなっている。DX化の流れでも言えることだが、この変化に対応するためには、現場で課題に直面している人たちが自身で課題を解決出来きたり、目の前の課題をテクノロジーを用いたらすぐに解決出来る事象だと認識できるようになるスピード感が求められるという。

【明確な課題を現時点で持っていなくても大丈夫】
本院では医療現場の課題を自身で解決できる人を育てることを目指しているが、テクノロジーなどの手段や選択肢を知らないと課題を課題として認識出来ないことも課題の一つと考えているという。そのため、多くの選択肢(技術)を知ることで『もしかしたらこの技術って、あれに使えるんじゃない?』といった気付きを得られる場になることも目指すとのことだ。

■プログラミングの基礎などは既存の公開されている資料を活用、ハードウェアも扱うカリキュラムへ

世の中には入門的なプログラミングを学ぶ教材やブログなどが多く整ってきている。本院では、基礎部分は公開されている資料や教材を活用することで、より発展的な内容に注力することを可能にする。プログラミングを学ぶことを目的とせず、サービスを形にすることや課題を解決することをいち早く行える人材育成を目的として授業を行なっていく。

昨今では様々なテクノロジーが話題だが、特にIoT・ハードウェアなどは現場仕事が発生する医療現場の課題解決に寄与する可能性が高いため授業にも取り入れる。その他、クリニックなどの事務作業効率化のニーズに合わせて、RPAやチャット連携の仕組みなども授業で触れる想定とのことだ。

人気記事