Today's PICK UP

ピクシブとPFN、AI技術を活用したマンガの「自動着色サービス」を法人向けに試験提供開始

ピクシブ株式会社と株式会社Preferred Networks(以下、PFN)は、AI技術によるマンガの自動着色サービス「Petalica Paint for Manga(ペタリカ・ペイント・フォー・マンガ)」を法人向けに試験提供すると発表した。
ピクシブとPFNは、2019年11月より創作活動を楽しくする新サービスの開発を目的に、イラスト自動着色分野で業務提携し、AI技術のひとつである深層学習(ディープラーニング)を用いた線画自動着色サービス「Petalica Paint」の共同運営を行ってきた。AI技術によるマンガの自動着色サービス「Petalica Paint for Manga」は、Petalica Paintの新モデルとして開発された。将来的には、正式版のリリースを経た後、培った技術を生かし、個人ユーザー向けの提供も目指す。

現在、海外の新たなマンガ文化ではカラーマンガがスタンダードであり、デジタル化とともに、カラーリング市況が活発化している。日本のマンガ産業においても、国際化と海外展開が本格化しているが、カラーリング作業に求められる専門スキルの高さ、費用等が課題となっているという。

本自動着色サービスの導入により、作品の魅力向上や海外展開を含む新たなユーザー層の開拓を進める事業者は、カラーマンガの制作時間やコストを削減し、制作者が高付加価値業務に注力する時間を増やすことが可能となる。ピクシブとPFNは、日本のマンガ産業の発展に向け、日本で作られたマンガを地域・言語を超えて展開する環境の実現を目指すとのことだ。

現在、以下の企業が試験的な導入を開始している。
<試験導入企業>
出典元:プレスリリース

■Petalica Paint for Mangaの特長

本サービスでは、色のついたキャラクター画像を参考に、自動でモノクロ原稿上のキャラクターの着色ができる。また、「カラーヒント機能」を使うことで、自動着色の結果に細かく調整を加えることが可能だ。自動着色後には「髪・服・肌・目・背景」などの要素をレイヤー分けし、業界標準であるAdobe Photoshop画像(PSD)形式データとして書き出しする機能が搭載されている。下塗りに自動着色を導入し、仕上げに各クリエィティブの制作・編集ソフトでハイライトや影を入れるなどの処理が可能だ。本サービスを利用することで、手作業での着色と比べて50%以上の作業時間短縮(※ピクシブ社内での比較)ができるという。加えて、作業品質の均一化が促進されるため、クリエイターは作品の品質を上げる作業に集中して取り組めるようになるとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。