Today's PICK UP

国内外のワークプレイス関連サービスをマッピングした「世界のコワーキングサービス カオスマップ 2021年5月版」が公開

株式会社AnyWhereは、「世界のコワーキングサービス カオスマップ 2021年5月版」をリリースしたと発表した。掲載数は世界19カ国、合計123サービス。
出典元:プレスリリース
近年のテレワークの普及、リモートワーク、働き方改革などにより、個性豊かなコワーキングスペースやフレキシブルオフィス、バーチャルコワーキングやコミュニティプラットフォームなど、働く場所や働き方に関連した様々なサービスが登場している。同社では2020年5月に、「世界のコワーキングサービス カオスマップ 2020年5月版」を作成したが、市場環境の急速な変化を踏まえ、今回更新版をリリースしたとのことだ。

今回の「世界のコワーキングサービスカオスマップ 2021年5月版」では、コワーキングに関連する事業者やサービスに関して、以下の種別で分類し表現したという。

コワーキングサービス 種別
コワーキングスペース事業者
不動産関連
異業種への参入(鉄道、その他)
別業態・ハイブリッド
自治体(地域型、インキュベーション)
プラットフォーム(コミュニティ系、予約・検索系)
ソフトウェア(運営支援、コミュニケーション)
ハードウェア(デバイス、個室ブース)
空間プロデュースサービス

人気記事