Today's PICK UP

SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」、Google CloudとのAPI連携を開始

株式会社メタップスは、SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」が Google のエンタープライズ向けクラウドサービスGoogle CloudとのSAML認証によるAPI連携を開始したと発表した。
現在、テレワーク・在宅勤務などの新たな働き方が浸透している中、SaaSの利用が急速に進んでいる。SaaS利用数の増加により、パスワード管理やアクセス管理などのセキュリティ対策に講じる工数が肥大化しているという。今回の連携により、各SaaSにログインする際に必要なIDやパスワードを個別に管理する必要がなくなり、「メタップスクラウド」の認証基盤を利用することで、Google Cloudへのシングルサインオン(SSO)によるログインが可能になるという。

メタップスクラウドは、SaaS利用に必要なセキュリティ対策の業務の効率化を図り、企業のSaaS利用の推進を支援。また、今後各種API連携を強化し、メタップスクラウドのダッシュボード上で、利用する全てのSaaSを管理・運用出来る仕組みを構築していくとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事