Today's PICK UP

Apple、2020年のApp Store経済圏からの売上が前年比24%増の6430億ドルと発表

Appleは、2020年にApp Store経済圏が前年比24%増となる6430億ドルの事業売上の創出に貢献したと発表した。
Analysis Groupのエコノミストによる独立した調査によれば、様々なカテゴリでデジタルグッズやサービスを販売するデベロッパが、その事業を世界中の顧客を相手に成長させたことが分かったという。アプリケーションに自らの創作力と情熱を注ぎ込むデベロッパは、コロナ禍において人々をつなぎ、その健康維持を助けると共に、楽しみの提供にも貢献。App Storeが大切な補佐的役割を担う中で、デベロッパたちもまた、コロナ禍の2020年における様々な課題に対処し、新たなイノベーションで人々の暮らしを豊かなものにしたとのことだ。

「A Global Perspective on the Apple App Store Ecosystem(グローバルな視点から見るApp Store経済圏)」と題された新しい調査では、App Storeがどのように小規模事業者を支援しているか詳細に描かれ、世界中のあらゆる人々を受け入れ経済的な繁栄の機会を与える推進役の役割を急速に担いつつあることが語られているという。小規模事業者としてのデベロッパの数は2015年以降40パーセントも増加し、彼らはApp Storeで活躍するデベロッパの90パーセント以上を占めている。前述の調査で定義される小規模事業者とは、特定の暦年内における自作アプリケーションのダウンロード数が100万未満、売上が100万ドル未満のデベロッパを指す。

「App Storeで活躍するデベロッパたちが日々、このアプリケーション経済圏を超えるほどに革新的、かつ弾力性に富む、ダイナミックに変化する市場はこの世に存在しないことを証明してくれています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)であるティム・クック氏は述べている。「コロナ禍にあって私たちが頼りにしてきたアプリケーションは実に多くの方法で私たちの生活──行動様式に変化を及ぼしています。日用品や食料品の自宅への配送から、保護者や教育者にとっての教育ツール、想像力にあふれ拡大を続ける一方のゲームやエンタテインメントの世界まで、アプリケーションが担う役割は実に多彩です。この結果もたらされるものは、単にユーザーにとって素晴らしいアプリケーションというだけではありません。アプリケーションを介して仕事が生まれ、機会が生まれるのです。それはこれまで語られることのなかった革新であり、今後長きにわたってグローバル経済を牽引する力となるものです」
出典元:プレスリリース
App Storeでデジタルグッズ&サービスを販売する小規模デベロッパ4人のうち、1人以上が過去5年の間、毎年、少なくとも前年比で平均25パーセント以上の売上増加を達成している。App Storeを拠点に活動する小規模デベロッパのうち約80パーセントが複数の国・地域に進出。平均して、これらのデベロッパは、40か国以上のユーザーから売上を得ている。App Storeを通じて世界中のユーザーに届けることができることが、あらゆる規模のデベロッパが、デベロッパ自身だけではなく、その事業に関わるチームやコミュニティの全員に、人生を変えるような機会を作る、助けとなってきたという。

KidloLandは、幼児に学ぶ楽しみを教えるアプリケーションとして、インド在住のアディティアおよびニシャント・モハッタ兄弟により2012年に発表された。 以来、同アプリケーションは600万回以上もダウンロードされ、この事業に関わるチームのメンバーも40人を超えるまでに成長した。
「私たちが作った曲を世界174の国と地域の子どもたちが5億回以上も再生して楽しんでくれていると知ることは、私たちにとって、特に父親たちにとって、とても意味のあることでした。」と、アディティア・モハッタ氏が語る。「この成長が意味したのは、地域コミュニティの仲間たちを安定した仕事に就かせられるということでした。チームメンバーの何人かは初のマイホームを手にしましたが、これは私たちが特に誇りとするところです。というのも、インドではマイホーム購入は人生における大きな一歩と考えられているからです。このコロナ禍においては、食料や医療品を寄付することもできました。酸素濃縮器などは、これを必要とする人たちには不可欠なものですから」
出典元:プレスリリース
App Storeで活躍する一部のデベロッパは、アプリケーション事業をさらに成長させられるように、企業買収や公募増資を目標としている場合もある。前述の調査によると、欧州と米国では、控えめに見積もってもiOSアプリケーションを事業の柱にしているソフトウェア企業75社以上が株式公開もしくは事業買収されており、これら事業の評価額は総額5100億ドル超に上るという(株式公開または事業買収時点)。

Bumbleは2014年に、20人に満たないチームによって発表された。そこから7年先送りした今、Bumble Inc.はその名にちなんだレディーファーストの付き合いを標榜するBumble、マッチングアプリケーショのBadooの親会社となり、両アプリケーション合わせた月間アクティブユーザー数は全世界で4200万人に達する。Bumble Inc.が2021年2月に実施したIPO(新規株式公開)では22億ドルを調達したが、同社は、自分たちの成功はApp StoreおよびiOS経済圏との「結び付きなしには語れない」とコメントしているとのことだ。
「私たちチーム全体にとって IPO は当社の存在意義を本当に認めてもらえた瞬間でした」と、Bumble Inc.のCPO(最高プロダクト責任者)は言う。「IPO により、私たちはより多くの市場に参入して成長を加速し、私たちが常に目標としてきた使命──女性のライフスタイルのあらゆる面で安全かつ健康的で公平な関係を築き上げるというミッションを拡大できるようになりました。この種の変化を実現するには沢山の人々に到達する必要がありますが、それを可能にしてくれたのが App Store なのです」

App Storeで配信されるアプリケーションごとに「成功」の形は異なる。Appleが目標とするのは、アプリケーションの舞台裏で活躍するデベロッパに、事業規模に関係なく、事業の成長をもたらすツールを提供し、Appleユーザーに素晴らしいアプリケーション体験を届けることだという。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。