Today's PICK UP

博報堂DYグループ、場所や時をこえて故人を偲ぶ会を開催する「オンライン追悼サービス」を提供開始

株式会社博報堂DYホールディングスは、同社傘下のAD plus VENTURE株式会社は、2021年6月7日よりオンライン追悼サービス「しのぶば」を開始すると発表した。
近年、葬儀は参列者の高齢化・病床・遠方などにより葬儀に足を運ぶことができない人が多く、家族葬などの小規模化が進んでいるという。さらに、新型コロナウイルスの影響もあり、「ご縁のあった人の葬儀に参列できない」という場面も増えている。本サービスは、こうした人にオンラインで故人を「偲ぶ場」を提供し、大切な人を亡くした想いに寄り添い、故人の記憶を集めて遺していくサービスだ。葬儀の後に行う「故人を偲ぶ会」をオンラインで開催することで、故人にご縁のある人が参加しやすい時間に集まることができ、どこからでも故人の思い出を持ち寄ることができる。メッセージや思い出の写真を集めたムービーの上映、追悼サイトの開設など、オンラインならではの機能と演出を提供する。

博報堂DYグループは生活者発想を活かしたクリエイティビティで、社会に新たな価値を生み出してきた。大切な人を亡くすという出来事は、人生に大きな影響を与える。今後、高齢化が進み多死社会を迎える日本において、この生活者の気持ちに寄り添い、少しでも前を向く手伝いをしていくことが、社会をより良くする一歩になると考えるという。生活者一人一人の人生と、送り出す人の感謝の声に真摯に向き合い、グループの持つイベントプロデュース力、映像による演出ほか、ネットワークを活かした、温かいサービスを提供するとのことだ。なお、本サービスは、複数の提携葬儀社を通じ、葬儀のオプションとして販売する。

■オンライン追悼サービス 「しのぶば」概要

[サービス提供イメージ]
出典元:プレスリリース
[実施時期イメージ]
出典元:プレスリリース
指定した日時に、約1時間のオンライン追悼式を開催する。遺族・参列者・司会者の全員が、それぞれの場所から、手元のパソコン、タブレット、スマートフォン等を利用して参列する。

・プロの司会者による進行
プロの司会者・スタッフに進行等を任せ、当日は主催者・参列者ともに、会に集中できる。

・寄せ書きムービー
サイトを通して寄せられたメッセージを、思い出写真と共に紹介するムービーを作成し上映する。

・故人ならではの演出プラン
故人の人柄や主催者の希望をもとに、故人らしい会を演出する。

・想いを遺す追悼サイト
参列者のみが閲覧できる追悼サイトを提供。「オンライン偲ぶ会」で上映された「寄せ書きムービー」を公開するほか、追悼メッセージの投稿、思い出写真の共有など、オンライン偲ぶ会に参列できなかった人にも、故人を想うことができる場を提供する。

・オンラインで渡す香典
追悼サイト上で、離れていても、遺族への香典を送ることができる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。