博報堂DYメディアパートナーズ、動画NFTコンテンツ発行プラットフォーム「PLAY THE PLAY」の第1弾として「2022明治安田生命J1リーグ」の動画トレカの発行・販売を開始

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ ミライの事業室は、プロスポーツとファンのエンゲージメントを高めるNFTコンテンツ発行プラットフォーム「PLAY THE PLAY」の運用を開始すると発表した。そしてサービス第1弾として2022年2月19日より2022明治安田生命J1リーグの動画トレカ「PLAY THE PLAY for J.LEAGUE」の発行・販売を開始する。なお、当面の間、サービス登録を行ったユーザーに対して動画トレカを無料提供する。

「PLAY THE PLAY」は、「熱狂のテイクアウト」をコンセプトに、プロスポーツ競技団体や放送局などの映像を活用しコンテンツ(グッズ、アイテム、トレカなど)を提供する独自のプラットフォームだ。試合の興奮や感動を唯一無二のNFTコンテンツとして保有できるようにすることで、プロスポーツとファンの絆を強固にすることを目的としている。同社はこれまで、グループ会社の株式会社博報堂DYスポーツマーケティング、データスタジアム株式会社とともに、野球・サッカー・バスケットボール・ゴルフ・駅伝などのマーケティングサポート、放送・配信の支援、映像やデータを用いたスポンサー向けのマーケティング活動、また選手のマネジメントなどに取り組んできた。今回の「PLAY THE PLAY」の運用を通じて、スポーツ競技団体や放送局などが保有する映像をNFT化し、スポーツの映像を希少性の高いアイテムとしてファンの元に届ける。また、ブロックチェーン技術を活用し、NFTコンテンツの発行段階からの取引履歴を明確にすることで、信頼性の高いデジタルコンテンツの発行を行うことを目指す。今後同社は、グループ会社とともに、「PLAY THE PLAY」を活用し、スポーツ競技団体や放送局などが制作・保有する映像を活用したNFTコンテンツの販売や二次流通(個人間の売買)、暗号資産での購入の仕組みの構築、ユーザーに関連するデータやトークングラフなどを活用したマーケティング、ECをはじめとしたオンラインビジネスとの連携に取り組む。また、ファンクラブなどと融合したファン・エンゲージメントを強化する取り組みに寄与する機能の実装も目指すとのことだ。

■PLAY THE PLAY for J.LEAGUE サービス概要

PLAY THE PLAY for J.LEAGUEは2022明治安田生命J1リーグの試合中に生まれた名プレーを切り取り、試合終了から24時間後に動画トレカとしてユーザーに届けるサービスだ。

対象試合:2022明治安田生命J1リーグ 全34節(306試合)
提供アイテム:動画トレカ
提供開始:2022年 2月19日(土)22時頃より順次提供(予定)
提供場所:「PLAY THE PLAY for J.LEAGUE」サイト内
価格:未定(開幕より当面は無料にて提供)
販売主:株式会社博報堂DYスポーツマーケティング
提供形式(無料配布期間):
・動画トレカは3枚1パックにて配布を行う
・パックは試合ごとに発行する「REGULARパック」や、クラブごとに発行する「CLUBパック」などを予定している。(今後、様々なパックを提供する)
・無料配布は上限に達し次第終了する
初回発行予定  :
・2月19日(土) 22時頃 提供予定 (2月18日(金) 開催試合分)
川崎F vs FC東京
・2月20日(日) 順次提供予定 (2月19日(土) 開催試合分)
横浜FM vs C大阪、清水 vs 札幌、京都 vs 浦和、G大阪 vs 鹿島、広島 vs 鳥栖、福岡 vs 磐田、湘南 vs 柏、名古屋 vs 神戸
動作環境:
端末・・・スマートフォン(AndroidおよびiOS)
推奨OS・・・ Android (12.0.0以降)/iOS(14以降)
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

Article Tags

カテゴリ

Special Features

連載特集
See More