「小型モビリティカオスマップ2022」が公開

株式会社リブ・コンサルティングは、人々の移動における不の解消や快の創出を通じ移動をより良いものにしていく取組みをしているベンチャー企業が増加している状況を受け「小型モビリティカオスマップ」2022年度版を公開したと発表した。

■背景

新型コロナウイルスの世界的流行で打撃を受けたマイクロモビリティ業界は、今、力強い回復を遂げようとしているという。また、カーボンニュートラルに向けたモビリティの電動化や、都市・地方における移動ニーズの多様化に伴い、さらなる今後の普及・拡大が見込まれているとのことだ。Market Research Futureのレポートによると、世界の超小型モビリティ市場は2025年までに1,500億米ドル規模に達すると予測されているという。そこで、小型モビリティ市場の日本国内におけるプレイヤー(7カテゴリー46サービス)についてまとめたカオスマップを作成し、代表的な企業がどのような取組みを行っているのかをホワイトペーパーとしてまとめたとのことだ。
出典元:プレスリリース

Article Tags

カテゴリ

Special Features

連載特集
See More