JAL、スマートフォン決済サービス「JAL Pay」を提供へ

JALは、金融商品の拡大およびキャッシュレス化促進の一環として、スマートフォン決済サービス「JAL Pay」を、2023年3月22日より開始すると発表した。

第一弾としてJALのグループ会社であるJALペイメント・ポート株式会社(以下、JLPP)が提供する、「JAL Global WALLET(以下、JGW)」がQRコード決済・バーコード決済に対応する。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
JALは、約3,000万人の顧客基盤を活用した非航空事業領域の拡大に向け、「マイルとともに、毎日の暮らしと人生をもっと豊かに」をテーマに日常生活やライフステージにおける多様なサービスを提供する「JALマイルライフ構想」を推進している。その一環として、金融商品の拡大およびキャッシュレス化の促進に取り組み、決済機能をはじめ、さまざまな機能をスマホアプリ上に集約する会員アプリを2023年度内にサービス開始予定だ。

第一弾として、今回、トラベルプリペイドカード「JGW」でのQRコード決済・バーコード決済を開始する。2023年3月22日からは、JALUXが運営する全国の空港店舗「BLUE SKY」、「JALプラザTABITUS+ STATION」、コンビニエンスストアやドラックストア、スーパーマーケットなどのSmart Code(スマートコード)対応店舗で、2023年3月30日からはJAL機内販売で利用できるようになる。
出典元:プレスリリース

Article Tags

Special Features

連載特集
See More