日本経済新聞社、デジタル有料媒体の購読数が100万を突破

株式会社日本経済新聞社は、同社が提供する「日本経済新聞 電子版」や専門メディア「NIKKEI Prime」シリーズなどデジタル有料媒体の購読数が100万を超えたと発表した。

電子版有料会員数は89万7000、電子版以外のデジタル購読数が3年前の約2倍の11万5000、英文媒体「Nikkei Asia」とあわせると107万となったとのことだ。

2010年3月に創刊した日経電子版は個人向けで成長してきたが、近年は法人、教育分野での導入が増えているという。企業向けに日経グループの複数のメディアを組み合わせて提供する「日経電子版 FOR OFFICE」の導入企業は2万4500社で、「日経電子版for Education」は中学・高校が探究型授業教材として導入しているとのことだ。2020年以降は専門メディア展開を加速した。2020年に金融専門メディア「NIKKEI Financial」、2022年に自動車産業に特化した「NIKKEI Mobility」はじめ3媒体を「NIKKEI Prime」シリーズとして開始した。専門メディアを大口で導入する企業が増えているとのことだ。
出典元:プレスリリース

Article Tags

Special Features

連載特集
See More