AI 駆動アプリ開発サーバーレスフレームワーク Skeet に関する研究論文が国際会議 ENASE 2024 に採択

ELSOUL LABO B.V.)は、AI 駆動アプリ開発を簡単に実現するオープンソースの TypeScript 製サーバレスアプリ開発ツール「Skeet」に関する研究論文「Skeet: Towards a Lightweight Serverless Framework Supporting Modern AI-Driven App Development」について、ソフトウェアエンジニアリングに関する国際会議 ENASE 2024 に採択されたことを発表した。

出典元:プレスリリース

ENASE 2024 について

最新のソフトウェアエンジニアリングへのアプローチに関する研究を公開し、それらをシステムおよびソフトウェア品質基準に対して評価することにより、ENASE 会議はソフトウェアエンジニアリングの知識と研究を進展させ、サービス指向、ビジネスプロセス駆動、およびユビキタスモバイルコンピューティングを含め、強調する。ENASE は、大規模システムおよびソフトウェアの開発、統合、展開、提供、保守、および進化に関わる研究者および実践者による考慮のために、最も希望が持てるトレンドを特定し、新しい方向性を提案することを目指している。
出典元:プレスリリース
この度、エルソウルラボの Skeet 開発チーム(ジェームス ニーヴ、川崎 文武、岸 正太)による研究論文「Skeet: Towards a Lightweight Serverless Framework Supporting Modern AI-Driven App Development」について、ENASE 2024 に採択された。

AI 活用のためのアプリ開発基盤を提供する Skeet は、サーバーレスアプリ開発の新しいアプローチを提案し、その有効性を示した。

ENASE 2024 は、2024 年 4 月 28 日から 29 日まで、フランスの Angers で開催される。

Skeet 開発チームも現地にてプレゼンテーションの発表を予定しており、その後この研究論文は ENASE 会議の公式プロシーディングに掲載される。
出典元:プレスリリース

Article Tags

カテゴリ

Special Features

連載特集
See More