Today's PICK UP

リテールテックの普及が求められる背景とは?具体的なサービスも紹介

快適な購買行動や効果的な事業運営を実現するため導入が進んでいるリテールテック。リテールテックの普及は人々の生活を大きく変えることが予想されています。本記事では、今リテールテックが注目されている理由や企業にとっての導入のメリットを解説します。
消費者や小売事業に大きな変化をもたらすとされている「リテールテック」は、商品の販売や流通に関わるさまざまな場面に導入されつつあります。少子高齢化の影響で人材不足に悩む小売店も増えていることから、今後はより幅広い場面でリテールテックが導入されるようになるでしょう。

今後の小売事業がどのように変化していくのかを知っておくと、リテールテックをうまく活用して仕事や日常生活に活かせるようになるでしょう。ここでは、リテールテックの概要や普及が求められる背景、リテールテックを導入するメリットデメリットや具体的なサービス例について詳しく説明します。

そもそもリテールテックとは?

リテールテックとは、ITによって小売業界が抱えている課題を解消させたり消費者の利便性を改善させたりするためのツールのことをいいます。小売業界といっても、流通業や店舗運営、支払いや売り場分析、食品ロスの予測など幅広い分野が関係しており、リテールテックを活用できる分野は多岐にわたります。

労働力の減少により限られた人員で成果を出さなければならない場面でも、リテールテックを導入することで効率的な事業運営が可能になります。

リテールテックの普及が求められる背景

リテールテックの普及が求められている理由として、次の3つの背景が考えられます。

・限られた人材で多様な消費者に対応しなければならない
・外国人需要への対応が求められている
・住宅宅配への課題が大きくなっている

以下では、リテールテックの普及が求められる背景について詳しく説明します。

限られた人材で多様な消費者に対応しなければならない

近年、少子高齢化の影響による労働力の不足から、限られた人材で店舗を経営しなければならない事業者が増えつつあります。また、消費者のニーズが多様化し、個別的な対応をする必要性が高まっていることもあり、従来の方法ではうまく売上を伸ばせない企業も出てきているようです。

「モノ」を販売するよりも「よりよい顧客体験を重視すること」が大切な時代だからこそ、リテールテックを活用して消費者1人ひとりに適したサービスを提供できるようにする重要性が高まっていると考えられます。

外国人需要への対応が求められている

最近は、格安航空や民泊など、海外旅行が手軽におこなえるサービスが多数登場しており、今後は日本に訪れる外国人旅行客がさらに増えていくと予想されています。2018年には「改正出入国管理法案」によって外国人労働者の受け入れを推進していくことが決まっているため、労働力として日本に訪れる外国人も増えるでしょう。

このような背景から、今後は外国人に対応したサービスを柔軟に提供する必要性がさらに増していくと考えられます。リテールテックを導入すれば、ITツールにより言語の壁を超えて外国人に対応できるようになります。小売店は従来よりも幅広い消費者を獲得でき、日本を訪れる外国人は、リテールテックを利用して快適に商品やサービスの購入ができるようになるでしょう。

住宅宅配への課題が大きくなっている

店舗ではなく、ECサイトなどインターネットを利用して商品を購入する消費者が増えていることから、小売店は離れた場所からでも商品を購入してもらえる体制を整える必要性が高まっています。しかし、人材不足や長時間労働など、物流業界では効果的な事業運営をするための課題が多く残っており、簡単には解決できない状況が続いています。

このような宅配の問題は、物流業界だけでなく不動産業界でも注目されています。リテールテックを導入して、不在時でも荷物を受け取れる仕組みを取り入れるなど、住宅宅配に関連する部分にリテールテックを導入して、物流の課題を少しずつ解消していくことが求められています。

リテールテックが普及するメリットとは?

リテールテックが普及すると、次のようなメリットが生じます。

・消費者の利便性が向上する
・効率的な事業運営が可能になる

リテールテックの普及は、企業だけでなく消費者にもメリットを与えるため、今後リテールテックを適切に活用するためには、幅広い視野でリテールテックの効果をイメージしておくことが大切になります。以下では、リテールテックが普及するメリットを詳しく説明します。

消費者の利便性が向上する

リテールテックにもさまざまなサービスがありますが、消費者がリテールテックを身近に感じられるサービスとして、キャッシュレス決済が挙げられます。キャッシュレス決済は現金取引よりもよりスマートに決済を進められるため、商品やサービスを購入する際の利便性が高まります。購入履歴はスマートフォンでも確認できるので、収支の状況をタイムリーに把握することにも役立ちます。

ほかにも、ECサイトでの商品やサービスの購入が挙げられます。ECサイトを利用すれば、わざわざ店舗まで足を運ばなくてもよいので、いつでもどこでもショッピングを楽しむことが可能です。購入した商品を自宅まで配送してもらうこともできるので、移動コストを大幅に削減しできるようになります。

効率的な事業運営が可能になる

小売業界では、リテールテックを導入することによって効率的な事業運営が可能になると期待できます。

たとえば、店舗に訪れる消費者の属性や購買履歴などの情報をITツールを用いて分析することで、消費者のニーズを的確に把握できるようになります。分析結果をマーケティングに活かしたり、計画的な製造によって適正な在庫管理につなげれば、企業としての戦略も効率的に進められます。

リテールテックのデメリットとは?

企業だけでなく消費者にもさまざまなメリットをもたらすリテールテックですが、実はデメリットもあります。リテールテックのデメリットとして、次の2つが挙げられます。

・導入コストやランニングコストがかかる
・雇用が縮小する恐れがある

これらのデメリットを考えながらリテールテックを活用すれば、うまくリテールテックを活用できるようになるでしょう。ここからは、リテールテックのデメリットを詳しく説明します。

導入コストやランニングコストがかかる

リテールテックを導入する際は、ある程度の費用やランニングコストがかかります。導入するサービスにもよりますが、場合によっては店舗経営を大きく圧迫してしまったり、店舗に残る利益が少なくなってしまうこともあるかもしれません。サービスごとの導入費用を比較することも大切ですが、導入後の運用にかかる費用やバージョンアップにかかる費用など、長期的な視野でコストを計算しておくことも重要です。

また、リテールテックを導入するコストには、従業員への理解を求めるための説明やシステムの利用方法などの指導、事業にシステムが定着するまでの期間なども含まれます。ITリテラシーが低い従業員が多い場合は、リテールテックを活用できるようになるまでに時間がかかるかもしれないので、余裕を持って導入を進める必要があります。

雇用が縮小する恐れがある

リテールテックを活用すれば、発注業務や在庫管理などの業務をある程度自動化することができます。コールセンターにおいては、AIチャットのようなツールを導入することで、機械に顧客対応をしてもらうこともできます。このように、従来は人間がおこなっていた業務を機械に任せられるので、人件費の削減にもつながります

しかし、人件費を削減すれば、それだけ雇用のチャンスを失う人が増えることになりかねず、中には現在の仕事を失う人も出てくるかもしれません。とはいえ、今後はさまざまな職種でテクノロジーが活用され、人間の仕事を機械がおこなうようになると予想されています。新たな時代に適用するための創造力や考える力を養うなど、人間にしかできない力を身につけることも大切だといえるでしょう。

店舗販売におけるリテールテックの具体例

リテールテックがどのような場面で活用されているかを具体的にイメージするために、実際の導入事例を見ておきましょう。リテールテックが導入されている場面として、次の3つが挙げられます。

・店舗販売におけるリテールテック
・外国人需要に対応するリテールテック
・宅配に役立つリテールテック

まずは、店舗販売におけるリテールテックの具体例を詳しく説明します。

Ladadie

Ladadieは、AI対話エンジンで消費者自身が気づいていなかったニーズを引き出したり、キーワードを掘り下げてFAQを効率的に検索するシステム。LINEやFacebookなどSNS上でのテキストチャットだけでなく、コンタクトセンターなどで利用されている音声認識エンジンと連携させることで、音声対話にも対応できるのが特徴です。

AIとの安心感や納得感のある対話が可能になるので、消費者が快適にショッピングできるようになります。必要に応じてオペレーターに引き継いでくれるので、人件費を抑えつつ顧客満足度の高い対応を実践できるでしょう。

Amazon go

Amazon goは、Amazonが展開している完全無人のデジタル店舗です。会計をアプリで完結させたり、Amazonが保有している幅広いデータに基づいた効果的な仕入れをおこなうなど、コンビニ業界に大きな変化をもたらすのではないかと注目を集めています。

店内には複数のカメラとマイクが設置されているため、企業としては消費者がどの商品を手に取ったのかをリアルタイムで把握可能です。また、店舗を出ると同時にAmazonアカウントで決済できるので、消費者からするとレジ待ちをせずスムーズにショッピングできます。

渋谷パルコ

2019年11月にリニューアルオープンした渋谷パルコでは、店舗とECの2つの経路でのショッピングができるようになっています。

店舗内に設置してある大型のデジタルサイネージをつかえば、通信販売を利用することが可能です。手に入れたい服が欠品していても、デジタルサイネージを利用して注文すれば、後日商品を自宅に届けてもらうことができます。荷物を持ち運ぶ負担も抑えられるので、より手軽にショッピングを楽しめるでしょう。

ユニクロ

ユニクロでは、RFIDタグを導入することで、レジ待ち時間を削減しています。RFID(Radio Frequency Identification)タグは、タグごとに振り分けられているIDを電波を用いて非接触で読み取る仕組み。わざわざバーコードで商品情報を読み取る必要がなくなるので、会計にかかる時間を大幅に短縮できます。

また、RFIDタグは1つひとつの商品で異なるIDが振り分けられているので、万引防止に役立てることも可能。レジを通過していない商品が店外に持ち出されるとブザーが鳴るので、安全な店舗運営を実現しやすくなっているのも魅力です。

外国人需要に対応するリテールテックの具体例

リテールテックを導入すれば、日本人だけでなく外国人需要に対応するハードルも下げられます。

以下では、外国人需要に対応するリテールテックの具体例を、詳しく説明します。

WOVN.io

WOVN.ioは、WEBサイトやアプリをさまざまな言語に対応させられるツールです。既存のWEBサイトやアプリに後付けできるので、外国人需要に対応させるためにわざわざWEBサイトやアプリを作り直す必要がありません。

費用や人的リソースを抑えて多言語対応できるので、外国人需要にもスムーズに対応できるでしょう。

SelfU

SelfUは、飲食店などのメニューを多言語対応にするツールです。わざわざほかの言語でメニューを制作しなくてよいので、スムーズに外国人需要に対応させられます。

言語切り替えはワンタッチでおこなえます。対応している言語は英語と中国語のみですが、今後は対応言語が増えていく予定のため、より多くの外国人が快適に店舗を利用できるようになるでしょう。

宅配に役立つリテールテックの具体例

リテールテックは、宅配の分野にも活用されています。

以下では、宅配に役立つリテールテックの具体例を紹介します。

Quist

Quistは、インターネットで注文した食料品や日用品を専用ボックスで受け取れるサービスです。商品の受け取り場所を職場に設定することで、スーパーなどに立ち寄ることなく自宅に帰れるため、時間を有効活用できます。

また、Quistを導入すれば、ワークライフバランスを実現させやすくなることから、従業員の職務満足度を高めることにもつなげられます。仕事も生産性を高めたり離職率を抑えたりできるので、働きやすい職場環境を整えやすくなるでしょう。

IKEA Place

IKEA Placeでは、イケアのスマートフォンアプリにARを導入することで、消費者の部屋の中に実寸大の家具を設置した様子を表示させることができます。

「限られたスペースに家具を設置できるのか」や「ほかのインテリアとの相性はどうだろうか」など消費者が感じる不安を軽減させながら商品購入につなげることが可能です。

まとめ

リテールテックの概要や普及が求められている背景、リテールテックの導入によって得られるメリットやデメリットを説明しました。

今後は、リテールテックを導入する企業がさらに増えていくと予想されます。ここで説明した内容を参考にして、実際にどのようなリテールテックが活用されているのかを知っておけば、将来の小売業界の変化を考えながら生活できるようになるでしょう。

人気記事

BTSや乃木坂46も! SHOWROOMが提供する縦型動画アプリ「smash.」人気の秘訣

BTSや乃木坂46も! SHOWROOMが提供する縦型動画アプリ「smash.」人気の秘訣

「手のひらが特等席。」をコンセプトに、スマホの縦画面に特化した動画コンテンツを配信するバーティカルシアターアプリの「smash.」。2020年10月にスタートした新興サービスながら、今ではBTSをはじめとする韓流グループ、AKB48や乃木坂46などの有名アーティストが出演する多数のコンテンツを擁しています。SHOWROOM株式会社の執行役員にして、smash.事業責任者を務める嵐 亮太氏が考えるsmash.の独自性とは? これからの時代の動画コンテンツのあり方とは? ファンとアーティストの距離感はどう変わるのか? 気になる疑問を投げかけてみました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

「ユニコーン企業」――企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は人気オンラインゲーム「フォートナイト」を運営する「Epic Games(エピック ゲームズ)」を紹介する。

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに、前後編の2回にわたって迫ります。前編は、自動車大国・日本さえも脅かす存在になるほど進んでいる中国EV市場の実情をお届けします。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

「メタジョブ!」に聞く、メタバース上で求められる「人材」とその可能性

「メタジョブ!」に聞く、メタバース上で求められる「人材」とその可能性

今、最も注目されている市場の一つである「メタバース」。仮想空間でコミュニケーションやサービスを展開することで、新たなビジネスチャンスをつかもうと、大手からスタートアップまでさまざまな企業の参入が進んでいます。その一つであり、アバタースタッフによるVRイベントやリモート接客など、デジタルワーク(拡張テレワーク)に特化したジョブマッチングサービスを提供する「メタジョブ!」を構想した星野氏に、事業内容や今後の展望、メタバースの変遷について感じることなどを伺いました。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。