Today's PICK UP

Society5.0によってどのような変革がもたらされるのか

Society5.0とは

Society5.0とは、仮想空間と現実空間を融合させ、経済発展と社会的課題の解決を両立する社会を目指す取り組みのことです。

近年、FinTechや不動産、金融、輸送業界、教育現場に至るまであらゆる現場でスマート化が進みました。その変化に伴い、AIなどを活用することで最適化をはかった社会を実現しようとするのがSociety5.0です。

Society4.0までの社会が抱える問題

狩猟社会のSociety 1.0、農耕社会のSociety 2.0、工業社会のSociety 3.0、情報社会のSociety 4.0と社会は変化してきました。Society4.0までの社会では、情報の共有や作業工程を分野ごとに分断し、高度にシステム化した結果、効率化が進んできました。

しかし、少子高齢化によって労働力の総数が減少し、それに伴って行動範囲は狭まり、こなせる工数は減少してしまいました。属人的な要素で不足が発生したために十分な対応ができなくなってきていることが問題点としてあげられていました。そして、こうした課題は今度ますます拡大すると考えられており、人的リソースの限界が経済発展の限界を意味してしまうと考えられています。

Society5.0が実現する社会

Society 4.0までの社会では人の能力が必須でしたが、人的リソースには限りがあるということが課題でした。さらに、知識や情報が共有されず分野横断的な連携が不十分であり、あらゆる情報から必要な情報を見つけ分析する作業が大きな負担になっています。

そこで、Society 5.0では、全ての人とモノが繋がり、あらゆる知識・情報を共有することで課題や困難を克服する社会を目指します。

さらに、AIなどのロボットの導入で必要な情報がすぐに手に入るようにし、自動車の自動走行などの技術を駆使し少子高齢化の問題の解決や地方の過疎化、貧富の格差を克服しようとしています。

Society 5.0が実現することによって、一人ひとりが快適に生活を送ることのできる社会を実現します。

Society 5.0のしくみ

従来のシステムでは、人間が仮想空間に存在する情報にインターネット経由でアクセスし、必要な情報を選び取ったり、分析していました。その一方でSociety 5.0では仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムを取り入れることで、ビッグデータをAIが解析し、その結果が現実世界の人間にフィードバックされるようになります。

今までは、情報を探し出すことも解析することも人間の役割でした。そこをAIに任せることができるようになると、これまでに実現できなかった新たな価値を産業や社会のさまざまな局面にもたらすことができます。

Society 5.0が解決する課題

ここまでSociety 5.0の社会の実現によりSociety 4.0の社会が抱える多くの課題を解決することが期待されていることを説明してきました。ここからは具体的にSociety 5.0がどのような課題を解決するか解説していきます。

持続可能な産業化の推進・人手不足

SDGsが目標としている持続可能な世界の実現もSociety 5.0の重要なテーマの一つです。

そこで必要とされるのが、食糧生産やエネルギー供給、物流などさまざまな場面で効率的で質の高いインフラの整備です。

現在の日本の少子高齢化は深刻で、人手不足によってインフラが行き届いていない場面がたくさんあります。そこで、IoTやAIを導入し、人間が行っていた作業を代わりに任せることで人手不足の解消を目指していきます。

食料の増産やロス

商品の増産や食品ロスの削減もSociety 5.0の目標のひとつで、SDGsで掲げられている飢餓や貧困を2030年までに解決することを目指しています。

この解決に向けてSociety 5.0では最先端技術とデータを利用しスマート農業と呼ばれる新たな農業を推進しています。

スマート農業とはロボット技術や情報通信技術の活用で省力・精密化を推進する新たな農業のことで、農作業での労力の軽減と栽培技術の向上が期待されています。

すでに一部ではスマート農業が実際に行われており、スマホで管理する水田の水管理システムなどの自動化が行われています。

スマート農業が本格的に普及することで、食品の計画的生産が可能になり増産や、無駄な食料を減らすこともできるとされています。

温室効果ガス(GHG)排出

地球温暖化は長年問題視されている課題で、日本の温室効果ガスの排出量は12億9200万トンで世界でもかなり上位に位置すると言われています。

日本は温室効果ガスの排出量を2050年までに80%減達成を目指しており、Society 5.0はその達成のためにもさまざまな取り組みを行われています。

スマートシティの取り組みを通してエネルギーを効率的に利用することで温室効果ガス排出を抑える取り組みを進めています。

高齢化に伴う社会コスト

総務省の調べによると日本は2019年9月の時点で65歳以上の高齢者の人口割合は全体の28.4%を占めており、日本は世界で最も高齢化率が高い国とされています。

そして、この少子高齢化が進行することで医療・介護の需要が高まり医師の高齢化や医療従事者の人手不足が深刻化してくると予想されています。さらに、全体の人口の減少によって地域の医療格差が引き起こされていることも懸念されています。

そこで、Society 5.0では医療・介護の需要にこたえるため、オンラインでの遠隔診療や医療現場へのロボットやAIの導入を促進しようとしています。

地域間の格差

日本では地方の人口減少によって財政力や所得の格差が発生しているのも大きな問題の一つです。総務省の調べによると東京や埼玉などの関東圏では人口が増加している一方で、一部の地域では人口の減少が著しいのが現状です。

人口が減少するとその地域の財政力は低下し、公共サービスなども十分に行うことができずにさらなる人離れを引き起こしてしまうという悪循環になってしまいます。

Society 5.0では、こうした地域間の格差の問題を解決するために自動運転のバスによる交通手段の確保などを進めています。

自動運転のバスの就航は高齢化社会の問題も同時に解決できる策として地域住民の快適な暮らしを実現するためにも積極的に進められています。

Society 5.0を支える技術

では、ここからSociety 5.0の実現を支える技術を解説していきます。

IoT

IoTはInternet of Thingsの略で、モノがインターネットを経由して通信を行い、その情報に基づいて最適な制御を実現する仕組みのことです。

ここで指すモノとは、物理的なモノだけでなく自然の現象や生物の行動なども含んでおり、それらをインターネットを経由して繋ぐことで、あらゆるモノのデータを人の手を介さずにインターネットで送受信できるようになります。

簡単な例を挙げると、通信機能により「今、扉が開いています」「機械の調子がよくないです」という情報を受け取ることで、見守りの必要な育児や介護に役立てたり、機械の故障による事故や損失を未然に防ぐことが出来るようになります。

IoTの技術が進歩し、上手く導入することでモノのデータの収集、分析、活用、連携が人の手を離れたところでできるようになり、人手不足の問題解消などに大いに役立つことが期待されています。

ビッグデータ

ビッグデータとは、データの量、データの種類、データの発生頻度や更新頻度からなるデータ軍のことで、一般的なデータ管理システムで扱うには困難なほどの巨大なデータの集合です。

このビッグデータは日々リアルタイムに更新され続けており、それらを解析していくことでこれまでにない新たな仕組みを生み出すことに役立つと期待されています。

事業の拡大に役立つ膨大なデータとして重要視されているビッグデータは、業務フローの最適化やコスト削減、売上予測や問題や課題の特定に役立つとされており、産業成長でとても重要です。

効果的にビッグデータを利用することで、売上を伸ばした企業も多く、現在では中小企業もビッグデータを活用する例も多くなってきました。

AI

人工知能と訳されるAIは学習機能を有し、必要な情報を必要なタイミングで提供できる仕組みとしてSociety 5.0の社会の実現に際して大きな期待が寄せられています。

IoTによって膨大なデータが蓄積されていき、そのデータを解析して最適な情報を導き出すAIが社会にもたらす影響はとても大きいと見られています。

5G

高速且つ、大容量のデータの送受信を可能にする5Gには、通信のタイムラグの解消や一度に多くのデバイスとの接続を可能にすることから今後のIoTの発展には欠かせない技術とされています。

人的リソースを離れ、AIなどのロボットを活用していく中で通信速度や大容量のデータ収容はとても大切で、5Gは社会の発展に多きに役立つとされています。

ロボット

ロボットとの共存も目指しているSociety 5.0では、工場内でモノ作りを行う産業用ロボットやAIを掲載し介護や育児などに役立てられるスマートロボットなどの導入しより人の手を借りずに人を助けるロボットの開発に力を入れています。

従来のロボットは、人間が操作しなければなりませんでしたが、Society 5.0ではロボット自身が考えて動くことで物流や介護の現場で活躍させようとしています。

ドローン

無人航空機のドローンは、趣味としての活用のイメージがあると思いますが、近年は個人での利用からビジネスでの利用に世界的にもシフトしてきています。

農業にドローンを活用する例では、広範囲に及ぶ農薬の散布に利用されたり、物流では人手不足の過疎地域への郵便物の宅配を行う実験も進められています。

従来農業には畑仕事、物流には配達員の人的リソースが必要とされてきましたが、ドローンの導入で、これらの社会問題の解決に役立つとされています。

自動運転

自動運転技術を搭載する自動車は、CMや日常生活で見るなど、少しずつ身近なものになってきました。

そして、この身近になりつつある自動運転の技術もSociety 5.0の社会を実現するには欠かせないもので、自動運転の技術がより発達し、生活に取り入れられることで交通事故の発生数は減少し、過疎化や高齢化が進む地方での交通インフラの整備にとても効果的とされています。

キャッシュレス決済

現金以外のクレジットカードや交通系ICカード、QRコードによる決済をキャッシュレス決済と言いますが、このキャッシュレス決済が発達することで厳禁に関する業務の負担軽減が予想されています。

すでに、レジや店員の一切を廃止したショップも試験的に生まれています。

リアルタイム翻訳

リアルタイム翻訳の技術の発達により言語の壁がなくなり言語の壁がなくなり円滑なコミュニケーションが可能になります。

相手の話したことをリアルタイムで翻訳できる機器を耳につけるなどして、タイムラグなしでの意思の疎通が可能になります。

重要な国際会議ではもちろん、私たちの日常生活の中でも多きに役立てられることが予想されます。

VR(Virtual Reality:仮想現実)

現在ではゲームへの導入されているVRですが、このVRの技術もSociety 5.0の社会の実現に大いに役立つと注目されています。

住宅の購入や賃貸の契約の際の内見を、VRを使用して行ったり、企業の安全研修などで実際に経験はできない事故のシミュレーションにも活用ができます。

Society 5.0の各分野の事例

では、実際にSociety 5.0社会実現のための各分野の事例を紹介していきます。

医療・ヘルスケア

インターネットで情報をリアルタイムで見られるようにしているスマートハウスでは要介護者の生活を支えています。

ベッドのセンサーで対象者の呼吸や動静の計測、排泄にもセンサーを取り付け尿の異常がないかなどリアルタイムで情報を収集し、異常があればすぐに知らせることができます。

さらに、タブレットを利用したオンライン診療や、無人運転による薬の配布も医療現場で大いに役立っています。

すでにアメリカでは自動車の運転技術の研究を進めているNuro社が無人自動車を使い、3時間以内に処方箋を注文した人への薬の配達を行うシステムを試験的に導入しています。

金融

人生100年時代では、計画的な資産運用は重要です。しかし、適切な資産運用を行うのは難しく、ましてや長期的に必要となると難しいと感じることが多いでしょう。

そういった資産運用の場面でウェルスナビ株式会社はロボアドバイザーと呼ばれるAIで資産を管理し、適切な運用を長期的に行うサービスを展開しています。

エネルギー

温室効果ガスの排出量を減少させる必要があると先述しましたが、実際家庭向けに温室効果ガスの排出量を減少させる技術を導入しているのが三菱電機株式会社のマイサートと呼ばれるスマートメーターです。

マイサートを設置することで、住宅全体の電力使用量や、家電ごとの電力使用量を計測、データ化し、利用者の省エネ意識を高める狙いがあります。

まとめ

今回は、Society 5.0の社会や現在抱える課題や、解決策、具体例をご紹介しました。

Society 5.0の実現に向けて、これからさらにAIやロボットと共に協力する社会になっていくことでしょう。さまざまな分野で最適化を図った世界で人を中心とした便利で持続可能な社会の実現が期待できます。

人気記事

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。