Today's PICK UP

リモートワークで業務効率を上げるコツ|Web会議でのコミュニケーションの上手な取り方についても解説

リモートワークはオフィスでの業務と異なり、集中できないという声が聞かれます。通勤が不要になり、ワークライフバランスに優れた生活が手に入れるチャンスですが、ダラダラと業務するのはもったないでしょう。そこでリモートワークで業務効率を上げるコツを解説しながら、Web会議ツールでコミュニケーションを上手に取る方法について考えます。
新型コロナウイルスの感染拡大によって、リモートワークを導入する企業が増えましたが、はじめて自宅で仕事をする人は、戸惑うことが多々あるかもしれません。とくにWeb会議ツールはマイクやカメラの設定を自分で行う必要があり、慣れない人にとっては操作がおぼつかない可能性があります。

また、自宅ではオフィスとは異なり、集中できないという声も聞かれます。通勤が不要になり、ワークライフバランスに優れた生活が手に入れるチャンスでもあります。帰宅時間を気にする必要がないからといって、ダラダラと業務するのは、もったないでしょう。そこでリモートワークで業務効率を上げるコツを解説しながら、Web会議ツールでコミュニケーションを上手に取る方法について考えます。

リモートワークで上手に働くコツ

会社では同僚や上司の目があり、集中して働ける環境になっていますが、自宅では自分を律しながら、業務をすることが必要です。とくに締め切りが設定されていない業務を行なっていると、集中力が続きません。こうしたリモートワークの環境に慣れ、オフィスでの勤務と変わらない効率で業務を続けるにはどうすれば良いのか? リモートワークで集中して業務に従事するコツを紹介します。

集中できる就業環境を整える

もともと自宅はプライベートな空間なため、集中を妨げるようなものが、あちこちにあるでしょう。業務に集中できる書斎を持っている人のほうが少ないでしょう。漫画やテレビ、雑誌など、人によっては自室が趣味のものに囲まれている人もいるかもしれません。リモートワークをはじめる前に、それらのモノがなるべく目に入らないように、整理整頓や模様替えをしても良いかもしれません。

また、なかには自宅のリビングテーブルやソファなど、日頃、生活で使っている家具を使って作業をしなければいけない人もいるのではないでしょうか? こうした家具は長時間座っていると、お尻や腰が痛くなり、集中力が削がれる原因になります。アームレストがあり、背もたれの形状が長時間の着席を想定しているワークチェアなどを用意するなど、業務に集中できる環境に整備することも大切です。

快適な通信環境を整備する

オフィスのインターネット環境とは異なり、自宅での作業は通信速度が不安定、もしくは契約内容によっては低速になりがちです。とくにマンションなど集合住宅によっては、多くの人が回線にアクセスすると、通信速度が遅くなることがあります。リモートワークをする家庭が増えることで、日中に速度の低下が頻繁に起きる可能性もあります。どんなプランで契約しているのか、一度、確認してみると良いでしょう。また通信速度を計測できるサービスもあるので、それも一つの目安になります。

さらに通信速度はルーターの性能でも変化します。もし、同じルーターを長年使っているのなら通信規格を最新のものにアップデートするためにも、買い換えたほうが良いかもしれません。そのほかWi-fiで接続しているのなら、電波が弱い場所で作業していないか、確認することも大切です。メールやWebブラウジングなら問題なかったとしても、Web会議ツールではやりとりするデータが大きくなり、音声が途切れたり、通信が切断されてしまうリスクもあります。集中して作業できるよう快適な通信環境を整備する必要があります。

なるべく作業をペーパーレスで行えるようにする

プリンターがないという家庭も多いと聞きます。そのため、書類はオンライン上で共有したり、データ化することによって、ペーパーレスで業務が行えるよう環境を整えましょう。もし、複数のメンバーで書類や資料を共有するのなら、スプレッドシートなどオンライン上で書類の書き換えや閲覧ができるサービスを利用すると、より効率化が図れます。紙をプリントしなければ、作業できないといった事態を避ける工夫が重要です。

適度に休憩を挟む

人間の集中力の持続は90分が限界だと言われています。もっと短いという説もあり、適度に休憩を挟みながら作業を行うほうが効率的です。またリモートワークでは気がつくと、家から一歩も出ていないという事態になりがちです。通勤しているときには駅まで歩いたり、あるいは自転車で移動したりと、少しでも運動する機会があるはずです。運動不足になるとストレスも溜まり、不健康なため、適度に休憩を挟みながら、気分をリフレッシュさせると良いでしょう。

規則正しいリズムで働く

オフィスでの勤務では、始業時間や休憩時間、お昼休みがわかりやすいのですが、リモートワークでは、自分で管理する必要があります。お昼ごはんもこの作業がひと段落したらと、日によってまちまちな時間になってしまう危険性もあります。何時から勤務をはじめる、お昼は何時から、休憩は何分と、きちんと時間を決めて規則正しいリズムで作業を行うことによって、スイッチのオンオフが切り替えやすくなり、自宅でも効率的に働けるようになります。

リモートワークで会議を円滑に行うコツ

チームのメンバーでの打ち合わせ、あるいは取引先も交えたプレゼンや会議など、リモートワークでも会議は必要だという職種も多いでしょう。かといって、新型コロナウイルスの感染リスクが引き続きあるため、一同に介して、会議を行うのは現実的ではありません。そこでリモートワークで会議を円滑に実施するときのコツについて解説します。

Web会議ツールを活用する

まず欠かせないのは、Web会議ツールです。多くの職場で導入されているため、まだ使ったことがないという人は少ないかもしれませんが、いくつかの企業が参入しているため、会社や職場によって利用しているWeb会議ツールは異なります。一般的なのはZoomやGoogle Meetですが、Microsoft Teamsを推奨している企業もあります。そのほか、小規模な事業者であれば、参加人数が4名までと他のWeb会議ツールと比べ、利用シーンが限られますが、時間無制限で使えるWherebyといったWeb会議ツールもあります。こうしたWeb会議ツールは基本機能であれば無料で利用できるものがほとんどで、しかもマイクやカメラ、そしてインターネットがあれば、すぐにオンラインで会議を開催することができます。近年製造されたノートパソコンであれば、ウェブカメラも内蔵されているため、特別な設定をしなくても、利用できます。

事前に資料を共有しておく

オンライン上の会議ではパソコンの画面を通じて、コミュニケーションを取るため、長々と話をすると、内容が伝わりにくい面があります。それぞれが異なる場所にいるため、緊張感も緩みがちです。そのため可能なら、参加者と共有したい資料はあらかじめ送付して一読しておいてもらうなど、事前に概要を伝えておくと、会議をスムーズに進めやすいと言えます。また、参加する人数が増えすぎると、発言が錯綜し、聞きづらくなることもあります。できるだけ、参加者を絞ってオンライン会議を開催するほうが結果的に充実した打ち合わせになると思います。

声や表情を使った積極的な参加を心がける

対面しながらの打ち合わせでは、発言者や参加者の表情や声色を掴みながら、会議を進行させることも可能です。対するオンラインの会議では、相手の表情や反応がつかみにくく、会議の空気を乱してしまうこともあります。ある程度、Web会議に慣れることで解消できますが、会議が滞りなく進行するように頷きだけでなく声や表情に感情や反応を出すことで、積極的に参加する姿勢を示すことが好ましいでしょう。あいづちなど、リアクションがなければ、発言者も不安になり、会議が盛り下がってしまう可能性があります。

リモートワークの際のコミュニケーションを取るコツ

Web会議に限らず、リモートワークになると、社員同士、メンバー同士のコミュニケーションも変化します。会話のひとつひとつがメールやチャットなどのツールを介して行われるため、雑談やちょっとした声がけのような意味のないコミュニケーションが減っていきます。雑談は距離を縮めたり、チームでの業務を円滑に進めるために欠かせないものでもあるため、リモートワークではより意識的に他人とコミュニケーションを図る必要があります。続いては、そんなリモートワークで課題になりがちな、コミュニケーションを上手く取るコツについて解説します。

チャットで否定的なコミュニケーション取らないようにする

SNSでもしばしば問題になりますが、チャットなどテキストによるコミュニケーションでは通常の会話よりも温度感が伝わりにくいことがあります。とくに否定的なコメントは相手を傷つけてしまう可能性もあります。気心の知れた間柄であっても、誤解を産むこともあり、慎重に発言したいところです。メールよりもチャットは反射的に書き込んでしまいがちなため、不用意なコミュニケーションに注意しましょう。

チャットツールとWeb会議ツールを使い分ける

チャットツールは話した内容が記録され、あとから確認ができるというメリットがある一方で、ニュアンスまで正確に伝えるのが苦手です。多くのチャットツールではテキストでのやりとりだけではなく、必要ならソフトを立ち上げたまま音声通話やビデオ会議がはじめられる仕様になっています。チャットで何度もやりとりするくらいなら、直接話してしまったほうが早く、正確に伝わることもあります。したがって、5分会議など、こまめにWeb会議を取り入れているなど、チャットツールとWeb会議ツールを上手く使い分けることで業務効率を改善することができます。それぞれのツールの特徴や使い方を把握しておくと良いでしょう。

定期的なミーティングやランチ会などを設定する

完全なるリモートワークに移行するのではなく、できれば、ときどき実際に会ってのミーティングやランチ会などを設定すると良いかもしれません。人数を絞る、換気ができる場所で行うといった感染防止の対策を取った上で、必要に応じたミーティングを開催することで、コミュニケーションが取りやすくなっていきます。

ツールを活用しながらリモートワークで上手く働く

リモートワークではさまざまなツールを活用することで、デメリットと思われていた希薄になりがちなコミュニケーションの問題を解決できます。当初は扱い方がわからず戸惑うこともあるかもしれませんが、自宅でこもって作業をしていると煮詰まってしまうこともあるはずです。こうしたツールを賢く利用することでリモートワークのメリットを最大限生かしながら、働いてみましょう。

人気記事

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。