Today's PICK UP

仮想通貨を活用したブロックチェーンゲームの特徴と稼げる仕組みを解説

ブロックチェーンは、ネットワークに接続された世界中のパソコンに、データや取引情報を分散させることによって、ハッキングやデータが消えてしまうリスクを避ける手法のことですが、この技術を応用したゲームが登場しています。どんなゲームなのか、その特徴とともに、稼げる仕組みを解説します。
ブロックチェーンという言葉を聞いたことがあると思います。ビットコインといった仮想通貨に用いられている技術ですが、意味は知らなくても、言葉自体は頻繁に使われるようになっているため、耳にする機会も増えています。ブロックチェーンは、ネットワークに接続された世界中のパソコンに、データや取引情報を分散させることによって、ハッキングやデータが消えてしまうリスクを避ける手法のことです。取引のデータを一定期間で区切り、ブロック単位にまとめながら、コンピューター同士で検証し、正しい記録をまるでチェーンのようにつないでいくことから、この名前がつけられています。また、「分散型台帳」という別名で呼ばれることもあります。

ビットコインというと、人によっては得体の知れない怪しい通貨といった印象を持つかもしれませんが、ネットワーク上のデータを不特定多数で監査することによって、改ざんすることも難しくする技術で、国や国際機関による介入も避けることができるため、極めて安全な金融取引が可能になると期待されています。そんなブロックチェーンの技術を使ったゲームがあります。それがブロックチェーンゲームです。ブロックチェーンゲームの特徴と稼げる仕組みについて解説します。

ブロックチェーンゲームの特徴|従来との違い

ブロックチェーンゲームとは簡単にいえば、ブロックチェーンの仕組みをゲームに応用したものです。とくにオンラインゲームではデータを改竄したチート行為や、他人のアイテムを盗み転売するといった不正行為が大きな問題となっています。ゲームのバランスや世界観を壊すだけではなく、他人のデータを盗むことも技術的には可能になっています。もちろんゲームの運営会社も不正な行為を行うユーザーのアカウントを削除したり、ゲームのプログラミングを定期的にアップデートすることで抜け道を塞ぐ努力は行っていますが、いたちごっこになっています。その点、ブロックチェーンの仕組みを応用したブロックチェーンゲームでは不正が極めて難しいとされており、安心してゲームができる環境が整うのではないかと期待されています。

ゲームで遊びながら稼ぐことができる

ブロックチャーンは仮想通貨のベースとなっている技術ですが、ブロックチェーンゲームでもこの技術を使って、ゲーム内で使用するキャラクターやアイテム(アセットと呼んでいます)を、仮想通貨のように売買することで稼ぐことができるようになっています。従来のゲームでもゲーム内の通貨やポイントで、アイテムやアバターを購入することはできましたが、他人と売買できるシステムはほとんど採用されていませんでした。ひとつの理由は、データやプログラミングを改竄されることによって、不正に売買される恐れがあったためですが、不正や改竄が極めて難しいブロックチェーンの技術を活用することで、売買が可能になっています。ユーザーにとってはほしいキャラクターやアバターを売買によって手に入れることができるというメリットがある反面、ゲームの課金システムと似ている性質を持つため、夢中になって使いすぎないように注意する必要があります。

ゲームの運営管理者がいない

これまでのゲーム、とくにオンラインゲームでは開発や更新はすべて開発会社や運営会社によって行われてきました。不具合や不正行為が見つかれば、それに対応したパッチや更新データを提供するのも開発会社や運営会社の役割でした。ブロックチェーンゲームでは、ブロックチェーン技術の仕組みと同様に、こうしたすべての管理を担う運営者がいないという点が、従来のゲームと大きく異なります。ゲームがリリースされたあと、ユーザーが保有するゲーム内のデータは、ユーザー同士が確認し合う分散型の管理で保存・更新されていきます。

ゲーム内の取引を全てのユーザーが確認できる

データや取引の情報を世界中のパソコンに分散し、監視することで、不正を防止するのが、ブロックチェーンの考え方ですが、ブロックチェーンゲームでもこの仕組みを踏襲しています。たとえば、ゲームのユーザーがブロックチェーン上にアイテムやキャラクターのデータをアップロードすると、そのデータはユーザー同士で管理する形になり、改ざんが実質的に不可能になります。もし、誰かが改ざんを試みたとしても、他のユーザーが保管しているデータを比較することで、どちらが正しいデータなのか、証明することができるわけです。そのためチート行為やデータ改ざんによる不正行為がなくなると考えられています。

ブロックチェーンの要素である仮想通貨が使われる場面

では、実際にブロックチェーンの技術はゲーム内のどんなシーンで利用されるのでしょうか? セーブデータなどであれば、従来のゲームでも保存されており、大きなトラブルは発生していません。仮想通貨の技術がゲーム内で使われる場面を紹介します。

キャラクターやアイテム

まずはキャラクターやゲーム内のアイテムです。ブロックチェーンゲームでは、キャラクターやアイテムのことを「アセット」と呼んでいます。通常のキャラクターやアイテムとの違いはアセットが仮想通貨で作成されている点です。NFTと呼ばれる技術を使うことによって、他のゲームでも使用したり、マーケットプライスという市場で、他人と売買することも可能になっています。売買ではゲーム内の通貨などを利用して購入します。これまでのゲームでも獲得した通貨や経験値でアイテムを購入することはできましたが、他のユーザーとの売買は不可能で、またそのゲーム内でしか使うことができませんでした。その点、ブロックチェーンゲームではたとえゲームサービスが終了しても、保有し続けることも可能で、あたかもキャラクターやアイテムが資産のように扱われることになります。

ゲームデータの保存

アセットを売買した記録やコンテンツを利用したデータは他人とも共有されます。これはハードディスクやサーバー、記録メディアにデータを保存していた従来のゲームとの大きな違いです。ブロックチェーンの技術によって、ゲームデータの改ざんやチート行為ができない仕組みになっているわけです。

その他ゲーム内のコンテンツ

ブロックチェーンの技術はゲームデータの保存だけではなく、ゲーム内のコンテンツを利用する際に使われる仮想通貨にも使われています。キャラクターやアイテムを購入したり、誰かとそれを売買したり、金銭によるやりとりが発生するときには、仮想通貨で支払うことになります。

ブロックチェーンゲームで稼ぐ仕組み

ブロックチェーンゲームではアイテムやキャラクターを売買し、それがゲーム自体が終了しても残っていくため、資産として考えることができるようになります。当然、稼ぐという発想も生まれるため、レアなアイテムや魅力的なキャラクターは高額で売買されるようになっていきます。

アセットの売買

キャラクターやアイテムなどのアセットは、他人と売買できるため、希少価値のあるアセットなら、高額で売買されることになります。その際は仮想通貨で支払いを行いますが、ユーザーはデータを改ざんしてアイテムを作り出すことはできないため、詐欺や不正な売買が起こる可能性も極めて低くなります。ブロックチェーンの技術によって、チート行為ができないため、あくまでオフィシャルな方法で入手したアセットを売買することになるからです。そういう意味でも公正でフェアなゲーム世界が構築されることになります。

ゲーム内の権利収入

売買できるのは、アイテムやキャラクターに限りません。ゲーム内にある土地を所有すれば、その土地を利用した人から使用料を徴収することもできます。不正に入手した土地ではないことが証明できるため、こうした現実社会と同じような売買も可能になります。こうした権利収入をゲーム内で得ることができる点も、アセットの所有権が明確なブロックチェーンゲームならではの特徴だと言えるでしょう。

配当やコンテンツの報酬

さらに配当や報酬という概念も登場します。ゲーム内で優秀なスコアを記録したり、あるいは抽選、賭け事などを実施することで、アセットを獲得することも可能です。ユーザー数が増えれば増えるほど、注目度も集まり、金額も上がっていきます。その報酬を目当てにユーザーが集まってくるというブロックチェーンゲームも見られます。

注意|仮想通貨の取引が前提なので取引所の開設が必要

ゲームの管理者がいないのが、ブロックチェーンゲームの特徴ですが、仮想通貨による売買は取引所を通じて行われます。この取引所での記録データはブロックチェーン上に保存されるため、他のゲームでも利用が可能になるわけです。もしも取引所を開設していない(取引口座を持っていない)場合には、開設をはじめるところからスタートします。

ブロックチェーンゲームで生計を立てる人も現れる可能性がある

これまでのゲームでも、プレーの優秀さを示すことで、プロゲーマーとして生計を立てる人はいました。一方でブロックチェーンゲームでは、アセットを売買することによって、生計を立てる人が現れる可能性もあります。仮想通貨で支払いができるリアルなショップも出てきているため、ゲームの世界と、現実社会がつながっていくことになります。今後、ブロックチェーンゲームが流行り、取引額が拡大していけば、そのような未来が訪れても不思議ではありません。

人気記事

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

TVer取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【後編】 「王様」ではなくなったテレビを、それでも僕らが愛する理由

TVer取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【後編】 「王様」ではなくなったテレビを、それでも僕らが愛する理由

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役兼事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。後編では、視聴者の感性に起きている変化から、レコメンド機能の理想的なあり方、テレビが担うべき根源的な役割まで、幅広くお届けします。

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。