Today's PICK UP

デジタライゼーションとデジタイゼーションの違い|DXとの違いも解説

デジタライゼーションや、デジタイゼーション、あるいはデジタルトランスフォーメーションに着手することで、組織を強化しようという動きが活発になっています。それぞれの違いをわかりやすく解説します。
近年、労働力人口の減少への危惧から、長時間労働の解消や、非正規と正社員の格差是正、高齢者の就労促進など、労働者にとって働きやすい環境を整える、働き方改革の推進が叫ばれています。また、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、リモートワークが普及したことによって、オフィスに通勤しなくても業務が行えるよう、デジタル化に着手する企業が増えています。そんななか、デジタライゼーションや、デジタイゼーション、あるいはデジタルトランスフォーメーションに着手することで、組織を強化しようという動きが活発になっています。それぞれの違いをわかりやすく解説します。

デジタイゼーションとデジタライゼーションの意味とは?

デジタイゼーションとデジタライゼーションは、両者ともに、ビジネス分野でのデジタル化を意味する言葉です。それぞれどんな意味を持ち、どんな違いがあるのか、解説します。

デジタイゼーション

デジタイゼーションは、英語では「Digitization」と表記します。デジダイゼーションとは、IoTやデジタル技術を活用することによって、ビジネスの効率化を目指す概念です。コスト削減や日常の作業が軽減されることによって、クリエイティブな作業に集中できるようになることで、付加価値があがるというメリットも指摘されています。そんなデジタル化によって業務を効率化する試みがデジタイゼーションです。

デジタライゼーション

デジタライゼーションは、作業のデジタル化を意味するのではなく、デジタル化によるメリットをビジネスモデルが変革するほどにまで、昇華しようという考え方です。たとえば、音楽の視聴はアナログレコードからCDになり、さらにダウンロードして聞くデジタルデータへと変化しました。こうした変化により、ショップに足を運ばなくても、すぐに新しい音楽を購入し、聞くことができるようになりました。さらに、近年流行しているサブスクリプションのストリーミングサービスでは、定額の料金を支払うことで、所有していない音楽も聴き放題になります。こうしたデジタル化によるビジネスモデルの変革を指すのが、デジタライゼーションです。

デジタイゼーションとデジタライゼーションの違い

デジタイゼーションが、効率を求めて、部分的に作業のデジタル化を行う概念なのに対して、デジタライゼーションは、ビジネスモデルや戦略を含めて長期的な視野でデジタル化を推し進めていくものです。

デジタライゼーションが重要な理由

なぜいまデジタライゼーションが脚光を浴びているのでしょうか? 令和の時代にデジタライゼーションが重要視される理由を解説します。

「2025年の崖」問題の対策になる

「2025年の崖」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは2018年に経済産業省が、DXに関するレポートの中で使った、こんな警告が元になっています。

「DXが進まなければ2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性も高い」

日本の現状をそう表現し、DXに取り組むことへの重要性を唱えました。日本では世界の先進国に比べ、インフラ整備やビジネスの現場でのデジタル化が遅れています。ファックスの利用が代表的な例です。日本ではいまだに根強く利用されていますが、諸外国での使用率は高くありません。変化を好まず、古くからある慣習が優先されがちで、グローバル経済の中で取り残されてしまう可能性もあるのです。

デジタライゼーションを進めことによって、2025年の崖を超えて、企業の生産性を高めることが日本社会に求められています。

新たなビジネスにつながる可能性が高まる

デジタライゼーションを推進することによって、新たなビジネスチャンスが生まれる可能性が高まります。デジタル化によって、これまでは接点がなかった顧客との出会いや、従来のサービスと組み合わせることによって、付加価値のある製品やサービスが開発できる可能性もあります。とくに業界で先駆けてデジタライゼーションに着手すれば、シェアを拡大も狙えます。また、雇用が生まれることで、経済も活性化します。

デジタライゼーションとデジタルトランスフォーメーションの違い

デジタイゼーションは、これまでのビジネスモデルにデジタルテクノロジーを導入することで、付加価値を与えようという考え方です。既存のビジネスモデルがデジタルによって、効率化します。そして、デジタルを活用することで、ビジネスのプロセスを変革し、新しいビジネスモデルを生み出してしまうのが、デジタライゼーションです。その先にあるのが、デジタルトランスフォーメーションです。ITを社会に浸透させることで、生活のあらゆることをポジティブに変化させるもので、業務の進め方はもちろん、会社組織、社風までも変革しようという考え方です。したがって、デジタル化の第一段階がデジタイゼーション、続く第二段階がデジタライゼーション、最終形態がデジタルトランスフォーメーションと位置付けることができます。

デジタルトランスフォーメーションのメリットとは?

デジタルトランスフォーメーションに積極的な企業が増えていますが、実現することによって、どんなメリットがあるのでしょうか? デジタルトランスフォーメーションによって享受できるメリットを解説します。

新しいビジネスモデルの創出

デジタルトランスフォーメーションはただの業務効率化の理念ではありません。いままでは手作業で処理していた業務が不要になることによって、新しいビジネスの創出にアイディアを絞ることも可能になります。またデジタル化することによって、新しいビジネス自体が生まれる可能性もあります。

業務の効率化

事務作業の中に、PCでのデータ入力作業など、一定程度ルーティンワークがあるのではないでしょうか?難易度は高くないけれど、作業量が膨大で時間がかかるため、人や時間を割く必要がある業務です。こうした業務をデジタルトランスフォーメーションの実現によって、RPAツールなどを使って自動化することも可能です。実現すれば、人や時間を別の作業に振り分けることができ、よりクリエイティブな業務に集中できるため、効果的に使えば、業務の効率化につながります。

生産性の向上

パソコンだけではなく、ビジネス効率を上げるためのさまざまなITツールが登場しています。これらを導入することによって、誰でもできる事務作業から解放される可能性があります。ITツールでもできることは任せ、その分のリソースや時間を生産性の高い業務に集中させることによって、生産性を向上させることが可能になります。

通勤負担の軽減

新型コロナウイルスの感染拡大によって、リモートワークを採用する企業が増えましたが、リモートワークではウェブ会議ツールやビジネスチャットツールなどを駆使して、業務を行うことになります。その結果、通勤する必要性がなくなり、とくに都市部では1時間以上もかけていた通勤時間がゼロになるなど、負担が大幅に軽減しています。なかには、郊外に拠点を移し遠隔地から業務を行うことによって、より自由な働き方を目指す人もいます。こうした環境の変化もデジタルトランスフォーメーションのメリットだと言えます。

時間外労働の削減

仕事が終わらずに、残業を強いられていた人もいるでしょう。このような時間外労働をなくすために、モバイルやタブレット端末の導入も効果的です。オフィスに残って、作業を続ける必要がなくなるため、出先から必要な業務だけをこなすことも可能になります。

デジタルトランスフォーメーションに不可欠な技術とは?

デジタルトランスフォーメーションを推し進めるときには、どんなテクノロジーが活用されるのでしょうか? 

IoT

IoTはInternet of Thingsの略で、モノのインターネットと訳されます。現在、インターネットとつながるデバイスはスマホやパソコンなど通信機能を備えたデバイスに限られます。IoTはあらゆるものを、インターネットにつなげることによって、互いに通信したり、センサーを通じて情報の取得を行うことによって、日常生活を便利にする技術です。

AI

AIと聞くと、システムやコンピュータが自動的に判断する魔法のツールのように感じますが、業務で主に活用する場合には、膨大なデータの分析などに使われるのが一般的です。なぜならAIには判断する力はなく、あくまでそれは人間の仕事だからです。購買履歴や行動履歴など、ビッグデータの解析には、とても時間がかかります。またAIによって解析することによって、人間の思考では見えない傾向があらわになることもあります。

5G

携帯電話に代表されるモバイル通信ネットワークは、1980年代に広く普及しはじめました。アナログ方式の携帯電話に採用された通信システムである1G(第1世代通信システム)からスタートし、2G、3G、4G、そして5Gとおよそ10年ごとに新しい通信規格が登場してきました。ちなみに2Gは1990年代に登場したデジタル方式の移動通信システムで、メールの送受信など低速のデータ通信が可能でした。NTTドコモがW-CDMA方式の3Gサービスをはじめたのが、2001年のこと。そして現在、主流となっている4Gは2010年代に登場しています。4Gに続く5Gという第5世代の移動通信システムサービスが登場したのが、2020年3月のことです。超高速かつ低遅延での通信が可能になるため、今後、広く普及していけば、私たちの生活がより便利になると期待されています。

デジタルトランスフォーメーションの具体例を紹介

近年、デジタルトランスフォーメーションを押し進めようとする企業が増えています。具体的にどんな事例を指すのか、ご紹介します。

自動運転技術の普及

自動運転は、日本の基幹産業のひとつである自動車産業が今後も競争力を保っていくために欠かせない技術ですが、欧米や中国などでも開発が進められており、国をあげた普及への取り組みも活発になっています。交通事故の96%がドライバーに起因するといった統計データがありますが、自動運転はこうした人間による運転ミスを削減し、自動車の安全性を向上させるだけではなく、渋滞の解消や慢性化するトラックドライバー不足への対策、あるいは移動手段が減少する地方部での新しい交通サービスの創出など、さまざまな社会問題を解決できます。また、実現には超高速通信の5GやAIといったデジタル技術の活用が不可欠で、デジタルトランスフォーメーションの一例として取り上げられます。

自動運転によって効率的な運転ができるようになれば、渋滞問題を解消することにつながると言われているほか、過疎地の交通難問題など、さまざまな社会問題の解決が期待されています。

遠隔医療の発展

5Gが普及することによって、超低遅延の高速通信が可能になります。5Gで発生する通信の遅延は1ミリ秒程度と言われており、利用者は遠隔地との通信でほとんどタイムラグを感じることがありません。そのため、遠隔地にいる医師と患者をつなぐことで、遠隔地から診療を行ったり、遠隔操作ができるロボットを活用し、遠隔で手術を行うようなことも可能になると考えられています。こうした遠隔医療の発展もデジタルトランスフォーメーションの普及によって可能になります。

デジタルトランスフォーメーションを成功させるポイント

デジタルトランスフォーメーションを成功に導くために押さえておくべきポイントを解説します。

既存のシステムを分析する

まったく新しいシステムを構築するには、手間と時間がかかりすぎて、かえって効率が悪くなる危険性があります。既存のシステムが持つ良い点を活用することによって、デジタル化すべきポイントや、課題になる点が見えてくるものです。そのため、デジタルトランスフォーメーションを進める段階で、既存のシステムを分析することはとても意味があります。

積極的にデジタルツールを取り入れる

業務を効率化できるデジタルツールがあれば、積極的に導入するのが、デジタルトランスフォーメーションの鍵です。アナログ的な作業や、慣習的に続けているだけの作業を極力廃し、デジタル化を進めます。Web会議ツールをすでに導入している会社は多いと思いますが、オペレーター不要で、24時間365日の問い合わせに対応できるチャットボットや、遠隔地への営業負担が減るWeb接客の導入も視野に入ります。

導入するデジタルツールはなるべく内製化する

デジタルツールを積極的に導入する一方で、ベンダーに丸投げせず、できるだけ自社で内製化することも大切です。なぜなら、ベンダー頼りでは、システムやITに詳しい人材が育たず、ノウハウが蓄積していかないからです。ときにはITに詳しい人材を新規で雇い入れ、将来的に自社でシステムの開発ができるようにしておくと、デジタルトランスフォーメーションが加速するでしょう。

組織全体で意識改革をおこなう

一部の部署だけが業務のデジタル化に着手しても、大きな成果をあげることは難しいでしょう。大半の業務は部署や部門を横断して行われることが多く、組織全体で、効率化させる意識改革が必要です。また、デジタル化によって、業務が縮小できるケースもありますが、メリットがあるからといって、無理に進めようとすると、その業務に関わっていた既存部門の反発を招くこともあります。どうしてデジタル化を推進するのか。何を目指しているのか? きちんと組織でメリットを共有しておかなければ、計画が頓挫してしまう可能性もあります。

適切な人員配置を考える

デジタル化を進めるにあたって、業務フローの変化やプロセスの変更が生じる可能性がありますが、人員の配置も同時に考慮すべきです。必要な人材まで削減してはかえって効率が悪くなる可能性もあります。またデジタル化によって、必要となるスキルが変化するかもしれません。同じ人員を配置するのが効果的なのか。それとも新たな人材を採用すべきなのか、検討する必要があります。

デジタライゼーションとデジタイゼーションの違いを知ったうえでDX化に取り組もう

デジタライゼーションやデジタイゼーションの効果は、業務の効率化だけに止まりません。導入する過程で、自社の優位性が明らかになるケースもよくあります。不況に強い組織を作るためにも、目先の効率化にとらわれず、より大きな視点でDXを進めることが大切です。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。