Today's PICK UP

Web3.0(Web3)とは?基礎知識や注目されている理由をわかりやすく解説

近い将来、Web3.0(Web3)の時代が到来すると言われています。ブームに先駆けて、Web3.0(Web3)への理解を深めてみてはいかがでしょうか。この記事では、Web3.0(Web3)の基礎知識や注目されている理由を初心者向けにわかりやすく解説します。
最近では、そう遠くない時期に「web3.0の時代が来る」と話題になっています。しかし、web3.0(web3)がどういうものなのかわからない方も多いのではないでしょうか。

web3.0(web3)は、もはや当たり前になったと言えるインターネット環境に変革をもたらす可能性があります。この記事では、web3.0(web3)の基礎知識や注目されている理由をわかりやすく解説します。

これまでのインターネットの歴史もあわせて解説するので、この記事を読めばweb3.0(web3)の理解を深められるでしょう。ぜひ参考にしてください。

web3.0(web3)とは?

web3.0(web3)とは「次世代インターネット」とも呼ばれており、2018年頃から始まった比較的新しい概念です。
「分散型インターネットの時代」の皮切りとなり、今や大きな注目を集めています。

何か情報を調べたり発信する、動画コンテンツを視聴したり配信する場合、GoogleやInstagram、YouTubeなどのプラットフォームを利用するのが一般的です。
このようにプラットフォームの管理者が中心に存在している中央集権型のサービスでは、管理者が定めたルールに反してしまうとアカウントが凍結されたり、サービスを利用できなくなる可能性もあります。

一方、web3.0(web3)は「分散型インターネット」とも呼ばれています。
管理者が存在しなくても、ブロックチェーン技術を活用してユーザー同士でデータを管理したり、個人間でのコンテンツの提供、デジタルデータの販売、送金などが可能です。

英国人のギャビン・ウッド氏が提唱

web3.0(web3)を提唱したのは、イギリスのコンピューター科学者であるギャビン・ウッド氏で、仮想通貨Polkadot(ポルカドット)やKusama(クサマ)の創設者として広く知られています。
ギャビン・ウッド氏は、分散型インターネットインフラストラクチャとテクノロジーにフォーカスした「Web3Foundation」と呼ばれる非営利組織を立ち上げました。
組織では、ブロックチェーンテクノロジーに特化したPolkadotネットワークの開発がおこなわれています。

web3.0(web3)までのインターネットの歴史

インターネットの歴史は、1990年代から現在に至ります。まずは、web3.0(web3)が登場するまでのインターネットの歴史を振り返ってみましょう。

1990年代(Web1.0)

インターネットは、第1世代のWeb1.0・第2世代のWeb2.0・第3世代のWeb3.0の順に進化を遂げています。
日本でインターネットが普及し始めたのが1990年代です。プロバイダがインターネット接続サービスを開始したのが1992年になります。
その後、1990年代後半にかけてインターネットの普及率が急激にアップしました。この頃のインターネット環境を支えたのが「Web1.0」です。
この頃は、情報発信者はごく一部の人だけで、個人が自由に発信したりすることはありませんでした。
一般ユーザーは情報を受信することがメインで、Webサイトもテキスト中心のサイトが主流でした。

2000年代~2021年(Web2.0)

2000年代に入ると、ビジネスや行政などの幅広い分野でインターネットが活用されるようになりました。
日本初のネット銀行が登場したのも2000年に入ってからです。

また、SNSの普及により、インターネットは「見る」だけでなく「発信する」「交流する」といったことが可能になりました。
この頃から、GoogleやAmazonなどの「プラットフォーマー」と呼ばれる企業がインターネット環境に大きな影響を与えるようになったため、Web2.0の時代は「プラットフォーム経済」とも言われています。

たとえば、こうした特定企業に個人情報が集中してしまうことで、その企業がサーバー攻撃を受けた際に一気に個人情報が流出してしまう恐れがあります。
他にも、YouTubeでたくさんの登録者がいるクリエイターの場合、YouTubeの規約に反してしまうとアカウントが凍結されたり、サービスが終了してしまうと、今までの登録者を一気に失ってしまう危険性もあるのです。

web3.0(web3)に必須なブロックチェーン技術

web3.0(web3)に欠かせないのが「ブロックチェーン技術」です。データは「ブロック」と呼ばれる単位で管理されており、ブロックを鎖のようにつなげて保管するため、ブロックチェーンと呼ばれています。
ブロックチェーン技術を用いることで複数人でデータを分散して管理できるため、情報を改ざんされる心配がありません。
また、個人間での取引が可能なため、特定の企業に個人情報が集中するのを避けられます。
ブロックチェーンの技術は暗号資産やNFTなどの取引や管理だけでなく、医師の診療記録や薬剤師による服薬指導実績をブロックチェーン管理するといった取り組みも実施されています。

web3.0(web3)の特徴

web3.0(web3)が主流になると、データの取り扱われ方が現在の中央集権型から権力分散型に移行します。ここからは、web3.0(web3)の特徴を解説します。

1.仲介組織を介さず通信できる

web3.0(web3)では、データ通信にサーバーを管理する仲介組織を介さず通信ができるようになります。
これはP2Pと呼ばれるシステムを利用することで、特定のサーバーを経由しなくても、ネットワークに繋がった端末同士で自由にデータ通信が可能です。
また、サーバーのネットワーク回線の負担を減らし、通信が安定しやすくなります。

2. セキュリティが向上する

個人情報が漏洩する心配がないのもWeb3.0の特徴です。
Web2.0では管理者がデータを一元管理しているのが一般的です。そのため、サイバー攻撃の標的になると管理しているデータが一斉に流失してしまう恐れがあります。

また、通常はサービスを利用する際に個人情報を登録したり、IDとパスワードの入力を求められたりしますが、web3.0(web3)のサービスを利用する場合、このような個人情報の登録が必要なくなります。

3. 真のグローバル市場が確立される

現在のインターネット環境は、同じサービスでも国や地域によって分散化されているため、決してグローバルな状況だとは言えません。
たとえばAmazonの場合、公式サイトのURLは国ごとに異なります。
一方、web3.0(web3)では、世界中のどこに居ても同じURLでサービスが利用可能です。
また、「DApps」と呼ばれる世界中の誰もがアクセス可能な分散型アプリケーションがweb3.0(web3)で注目されています。
DAppsではオークション向けのプラットフォームやゲームなどさまざまなアプリケーションが開発されています。
さらに、DAppsの特性を活かした仮想通貨のアプリケーションも登場しており、国境を越えてグローバルな取引も可能です。

web3.0(web3)領域のトレンド技術

インターネットの主流がWeb3.0(Web3)になると、これまでにない新たな可能性が期待できます。web3.0(web3)の技術は、すでにさまざまな分野で導入されています。

web3.0(web3)領域のおもなトレンド技術は、次の通りです。

●DeFi
●メタバース
●NFT
●SocialToken

それでは、各項目を詳しく解説します。

DeFi

web3.0(web3)領域のトレンド技術のひとつが「DeFi」です。DeFiは「Decentralized Finance」の略称で、日本語に訳すと「分散型金融」となります。
大きな特徴として、銀行や証券会社、仮想通貨取引所などの中央管理者が存在しなくても、金融資産の取引が可能です。
たとえば、国内の仮想通貨取引所を利用すると「入出金に時間がかかる」「手数料が比較的高い」などのデメリットがあります。
これは、国内の仮想通貨取引所が中央集権的な仕組みになっているからです。
しかし、DeFiはブロックチェーンの技術を用いて取引記録をユーザー同士が管理するため、中央管理者を介す必要がありません。
そのため、入出金にかかる時間が短く、手数料も安くなります。
また、海外の金融商品に投資する場合、日本の金融機関で口座を開設し、さらに日本円を投資先の国の通貨に交換する必要があります。
DeFiでは、自身の通貨を管理する「ウォレット」をスマホ1台で開設でき、すぐに海外の金融商品に投資することが可能です。
DeFiについて詳しく知りたい方は以下の記事へ
DeFiとは|概要やメリット・銀行との違いをわかりやすく解説

メタバース

メタバースは、英語のMeta(超越)とUniverse(宇宙)を組み合わせた造語でインターネット上に構築された仮想空間のことです。
メタバースの定義を一言で表すのは難しいですが、VRゴーグルをかけて、バーチャル空間でコミュニケーションをしたり、ゲームをしたりしているところをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。
2021年10月Facebook社がMetaへ社名を変更し、メタバース事業に積極的に投資していくとマーク・ザッカーバーグが発表したことで、メタバースという言葉を広く知るきっかけとなりました。
バーチャル空間というとゲームのイメージが強いかもしれませんが、バーチャル空間上の美術館でデジタルアート作品を展示したり、アーティストがライブをしたり、アパレルブランドがショップを展開していたりなど、経済圏としても急速に成長しています。
今後、VRゴーグルが軽量化されたり、通信技術が高速化されたりなど、現状の課題がクリアになることで、メタバース上で1日のほとんどを過ごし、そこで生計を立てている人も出てくると言われています。
メタバースについて詳しく知りたい方は以下の記事へ
メタバースとは? 特徴や注目のサービスについても分かりやすく解説

NFT

NFTは「Non Fungible Token」の略称で、日本語に訳すと「非代替性トークン」という意味です。
これまでは、デジタルデータ作品は複製、改ざんが簡単にできていました。しかし、ブロックチェーンの技術を活用することで、デジタルデータであっても複製ではない本物であることが証明できます。
実際の商品にもシリアルナンバーを記載することで、世界に100個しかないうちの1個であることを証明することができますが、それのデジタル版だとイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。
また、ブロックチェーン上では過去の取引データの記録がすべて残ります。そのため、過去に有名人が所有していたことがわかり、価値が上がるなんてこともあります。
また、毎回の取引で発生した利益の数%を制作者に還元するというルールを設定することも可能です。
これにより、作品の価値が上がることで、制作者にも利益が還元される仕組みを作ることができるのです。
NFTについて詳しく知りたい方は以下の記事へ
NFTとはなにか?基礎知識や注目されている理由をわかりやすく紹介

SocialToken

SocialToken(ソーシャルトークン)とは、特定のコミュニティで使用できる独自のデジタル通貨(トークン)のことです。
トークンを所有することで、そのコミュニティの限定イベントに参加できたり、イベント企画に参加できたりするなどの特典を得ることができます。
国内の事例として、Jリーグの湘南ベルマーレでは、国内のプロスポーツチームとしてファン向けのSocialTokenを初導入しました。湘南ベルマーレのSocialTokenを購入すると、次のような権利を保有できます。

●サポーター投票企画の参加権
●限定イベントの抽選応募の権利
●オリジナルグッズの抽選応募の権利

また、プロバスケットボールチームの仙台89ERSは、限定イベントやオリジナルグッズへの抽選応募の権利以外に、トークン発行型ファンディングも導入しました。
トークン発行型ファンディングで集まった費用は、子供向けに行われるプロ仕様体験試合やチームの運営資金に充てられています。

Web3.0(Web3)の現状の課題

web3.0(web3)は今後さらに普及していくことが予想されますが、一個人として考えると、具体的にどういうことができるのか、私生活でどのように利用できるのかなど、イメージしにくいのが現状です。
また、万が一、データ流出などのトラブルが発生しても個人で対処しなければなりません。セキュリティの高いデータ管理の方法やトラブル時の一定の対応方法を把握していないと、使いこなすのは難しいと言えます。

web3.0(web3)は、まだ法整備が進んでおらず、これからルールなどが設けられていくことになります。
ルールが設けられることで安全に利用できる反面、規制によって、Web3.0本来の恩恵を受けづらくなってしまう可能性も考えられるでしょう。

トラブルは自己責任で処理する

web3.0(web3)ではデータ流出などのトラブルが発生しても個人で対処しなければなりません。セキュリティの高いデータ管理の方法やトラブル時の一定の対応方法を把握していないと、web3.0(web3)を使いこなすのは難しいと言えます。

現在主流となっているWeb2.0のインターネットは、誰でも気軽に利用できる点が魅力です。ショッピングやサービスを利用する際はIDとパスワードを入力しますが、忘れてしまっても運営側に問い合わせれば再登録や再発行で対処できます。

web3.0(web3)はIDやパスワードが不要になりますが、データを個人で管理する必要があります。決済情報を第三者に盗まれて被害を受けても、救済を求めるところがありません。

一般社会の普及に時間を要する

2022年時点ではweb3.0(web3)に必要な法整備がほとんど進んでいません。一般社会に普及するまでには時間がかかる可能性が高いです。

アメリカのベンチャーキャピタル会社であるアンドリーセン・ホロウィッツは、2022年1月22日にweb3.0(web3)が社会に利益をもたらすための10原則を発表しました。10原則はWeb3.0を普及させる各国政府が実行すべき指針をまとめたものですが、規制の調整や監視体制の構築に伴う法整備が間に合っていない状況です。

そんな中、日本国内の民間企業でもWeb3.0を盛り上げようとする動きがあるのは事実です。これからの社会がweb3.0(web3)を活用してどう変わっていくのか、今後の動向に目が離せません。

web3.0(web3)の今後の動向に注目

この記事ではweb3.0(web3)の特徴や注意点、注目されている背景などを解説してきました。
インターネットは時代の流れとともに進化していく一方で、さまざまなリスクや問題点が懸念されています。
web3.0(web3)は、Web2.0のリスクや問題点を解決できる新しい技術として今後の普及が期待されています。
web3.0(web3)を活用したサービス展開は、これからの時代を形作り、世界全体の経済を大きく変える可能性を秘めているのです。
今後、私たちの生活にどのように関わってくるのか、更なる技術の進化に期待が集まります。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

2022年3月24日から27日の期間に開催された「メタバースファッションウィーク(※)」に、日本のファッションブランドとして唯一の参加を果たした「アンリアレイジ」。昨年公開された映画『竜とそばかすの姫』では主人公すずのアバター「ベル」の衣装をデザインしたことで大きな話題を呼びました。さらに同年に開催された2022年春夏のパリコレクションでは、その手がけた衣装をリアルとバーチャルの世界で作品として発表するなど、既存のファッションの枠組みにとらわれない活動で業界に新たな風を吹き込んでいます。前編では、ファッション産業とメタバースの関係を軸に、バーチャル上での服づくりの難しさや、NFTが持つ価値の源泉についてなど、デザイナー 森永 邦彦氏のファッション観に着目して多方面からお話を伺いました。 ※ メタバースファッションウィーク:VRプラットフォーム「ディセントラランド」を舞台に開催されたファッションイベント。「ドルチェ&ガッバーナ」、「エトロ」、「トミー ヒルフィガー」など人気の50ブランドが参加した。

クリエイター支援プラットフォーム「Patreon(パトレオン)」〜海外ユニコーンウォッチ #9〜

クリエイター支援プラットフォーム「Patreon(パトレオン)」〜海外ユニコーンウォッチ #9〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回はクリエイターを支援するプラットフォームサービスを提供する「Patreon(パトレオン)」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。