Today's PICK UP

Web3.0(Web3)とは?基礎知識や注目されている理由をわかりやすく解説

近い将来、Web3.0の時代が到来するといわれています。ブームに先駆けて、Web3.0への理解を深めてみてはいかがでしょうか。この記事では、Web3.0の基礎知識や注目されている理由を初心者向けにわかりやすく解説します。
最近では、そう遠くない時期に「Web3.0の時代が来る」と話題になっています。しかし、Web3.0(Web3)がどういうものなのかわからない方も多いのではないでしょうか。

Web3.0(Web3)は、もはや当たり前になったと言えるインターネット環境に変革をもたらす可能性があります。この記事では、Web3.0の基礎知識や注目されている理由をわかりやすく解説します。

これまでのインターネットの歴史もあわせて解説するので、この記事を読めばWeb3.0(Web3)の理解を深められるでしょう。ぜひ参考にしてください。

Web3.0(Web3)とは?

スマホやパソコンでインターネットを使用する限り、これから「Web3.0(Web3)」という言葉を耳にする機会が増えるでしょう。

Web3.0(Web3)の登場により、これまで抱えていたインターネットに関する問題点をカバーできる可能性が高いからです。ここでは、まずWeb3.0の定義について解説します。

次世代分散型のインターネットのこと

Web3.0(Web3)とは「次世代インターネット」とも呼ばれており、2018年頃から始まった比較的新しい概念です。この概念は「分散型インターネットの時代」の皮切りとなり、今や大きな注目を集めています。

現在、私たちを取り巻くインターネット環境は、Google・Amazon・Meta・Apple・Microsoftの5大企業に独占されています。つまり、インターネット上でやり取りされる個人情報は、特定企業によってコントロールされているわけです。

中央集権的なインターネット環境では、プライバシーの侵害だけでなくサイバー攻撃を受けやすいという問題点を抱えています。これらの問題点を解決するために登場したのがWeb3.0(Web3)です。

Web3.0(Web3)は権力分散型のブロックチェーン技術を活用しているため、特定企業に個人情報が渡ることなくサービスを利用できるようになります。さらに、Web3.0(Web3)は特定企業がサイバー攻撃を受けても、個人情報が大量に流出することはありません。

なぜなら、ブロックチェーン技術によって個人情報が暗号化され、特定企業ではなく複数のユーザーで共有し合う仕組みができているからです。Web3.0(Web3)はインターネットが欠かせない生活の中で、安心感を与えてくれる新しい技術だといえます。

英国人ギャビン・ウッド氏が提唱したもの

Web3.0(Web3)を提唱したのは、イギリスのコンピューター科学者であるギャビン・ウッド氏で、仮想通貨Polkadot(ポルカドット)やKusama(クサマ)の創設者として広く知られています。

現在のインターネットで主流となっているのは「Web2.0」です。Web3.0(Web3)はWeb2.0の弱点をカバーできるため、今後の動向が期待されています。

ギャビン・ウッド氏は、分散型インターネットインフラストラクチャとテクノロジーにフォーカスした「Web3Foundation」と呼ばれる非営利組織を立ち上げています。組織では、現在でもブロックチェーンテクノロジーに特化したPolkadotネットワークの開発が行われています。

Web3.0(Web3)の6つの特徴

Web3.0(Web3)が主流になると、データの取り扱われ方が現在の中央集権型から権力分散型に移行します。ここからは、Web3.0(Web3)の特徴を解説します。

1. 個人情報を自分で管理できる

Web3.0(Web3)の時代が到来すると、個人情報をはじめとするさまざまなデータをユーザー自身で管理できます。

たとえば、SNSやWebサイトの閲覧時に表示される広告をユーザー自身で非表示に設定することも可能になるのです。

これは、ブロックチェーンの発達により、サーバーを経由せずデータを分散して管理できるようになったことが関係しています。

2. サーバーに依存せず情報を交換できる

Web3.0(Web3)は前述した通り、サーバーを経由せずにデータを管理できるという特徴があります。

これにより、従来のサーバーにアクセスが集中してダウンしたり、サーバーが攻撃されて情報流出につながるといったトラブルを防ぐことができます。

3. 仲介組織を介さず通信できる

(Web3)Web3.0の時代になると、データ通信にサーバーを管理する仲介組織を介さず通信できるため、これまで仲介組織へ支払っていたマージンが不要となります。

P2Pと呼ばれる端末同士で直接データをやり取りできる通信技術によって、自由にデータ通信が可能です。

4. 言論の自由が保護される

最近では、匿名性を利用した過激な投稿が社会問題化しています。大手IT企業のYahoo!は、2021年10月19日から誹謗中傷の内容が投稿されたコメント欄を自動で閉鎖する機能を導入しました。

過激な投稿が問題視されているのは、TwitterやInstagramなどのSNSも同様です。現在のSNSは過激な内容だと判断されると、削除されたりアカウントを停止されたりします。しかし、この仕組みは特定企業が言論統制を行っている結果であり、危険性を指摘する声も少なくありません。

Web3.0(Web3)の時代が到来すると特定企業にコントロールされなくなるため、言論の自由が確保されやすくなります。

5. セキュリティが向上する

現在のインターネットを取り巻く環境は、個人情報の漏洩が懸念されています。

個人情報は特定企業にコントロールされているため、サイバー攻撃を受ければ漏洩する危険性が高いからです。

しかし、Web3.0(Web3)では個人情報が漏洩する心配はありません。通常はサービスを利用する際にIDとパスワードの入力を求められますが、Web3.0(Web3)では企業によるIDの管理主体が不要になり、個人情報そのものが存在しなくなります。

Web3.0(Web3)の時代が到来するとセキュリティが向上し、安心してインターネットを利用できるようになります。

6. 真のグローバル市場が確立される

現在のインターネット環境は、決してグローバルな状況だとはいえません。なぜなら、同じサービスでも国や地域によって分散化されているからです。

たとえばAmazonの場合、公式サイトのURLは国ごとに異なります。しかし、Web3.0(Web3)の時代が到来すれば、世界中のどこに居ても同じURLでサービスが利用可能です。また、「DApps」と呼ばれる分散型アプリケーションがWeb3.0(Web3)で注目されています。

DAppsは誰でも利用でき、オークション向けのプラットフォームやゲームなどさまざまなアプリケーションが開発されています。DAppsの特性を活かした仮想通貨のアプリケーションも登場しており、国境を超えてグローバルな取引きも可能です。

Web3.0(Web3)領域のトレンド技術

インターネットの主流がWeb3.0(Web3)になると、これまでにない新たな可能性が期待できます。Web3.0(Web3)の技術は、すでにさまざまな分野で導入されています。

Web3.0(Web3)領域のおもなトレンド技術は、次の通りです。

●DeFi
●メタバース
●NFT
●SocialToken

それでは、各項目を詳しく解説します。
中見出し:DeFi
Web3.0(Web3)領域のトレンド技術のひとつが「DeFi」です。DeFiは「Decentralized Finance」の略称で、日本語に訳すと「分散型金融」になります。つまり、中央管理者に頼らずに金融資産の管理ができるアプリケーションです。

DeFiは、Web3.0(Web3)が持つ権力分散型のブロックチェーン技術をさらに応用しています。

通常、国内の仮想通貨取引所を利用すると、

●入出金に時間がかかる
●手数料が高い

などのデメリットがあります。

これは、国内の仮想通貨取引所が中央集権的な仕組みになっているからです。しかし、DeFiは中央管理者を介す必要がないため、入出金にかかる時間が短く、手数料も安くなります。

また、国内で海外の金融商品に投資する場合、さまざまな手続きが必要です。まずは、日本の金融機関で口座を開設します。さらに日本円を投資先の国の通貨に交換し、初めて海外の金融商品に投資できる仕組みです。

DeFiのウォレットはスマホ1台あればいつでも口座を開設でき、すぐに海外の金融商品に投資することが可能です。

メタバース

Web3.0(Web3)のトレンド技術で代表的なのは「メタバース」です。メタバースは、インターネット上に構築された仮想空間のことです。仮想空間に自分のアバターを作り、実際に行動させることが可能になります。

国内外の次の企業では、すでにメタバースを導入しています。

●Meta
●Microsoft
●パナソニックなど

国内の企業の中には、メタバースを活用した事業を実験的にスタートさせているところもあります。たとえば、新卒就活生向けの求人情報提供サービスを手掛けているポート株式会社で、メタバースを活用した事例があります。

同社では、2021年11月15日にメタバースを活用した就活相談サービスをリリースしました。対面でやりとりしているようなリアルな仮想空間でアバターを用い、キャリアコンサルタントが就活生にキャリアプランや人材紹介サービスなどを提案するものです。

オンラインでの面接でよくある「学生の人柄が伝わりにくい」といった問題点を解消できるようになったため、多くの注目を集めました。

NFT

最近、Web3.0(Web3)のトレンド技術で話題になっているのが「NFT」です。NFTは「Non Fungible Token」の略称で、日本語に訳すと「非代替性トークン」になります。つまり、替えが効かないトークンです。

これまでは、アーティストが作成したデジタルデータ作品は複製、改ざんなどのリスクをはらんでいました。しかし、デジタルデータをNFT化すると、作品が唯一無二であることを証明できます。

NFTはブロックチェーン技術が活用されているため、複製や改ざんができない仕組みになっているからです。また、デジタルデータ作品が転売された場合、通常であればアーティスト側には利益が入りません。

NFT化したデジタルデータ作品は、必要に応じてオプション機能の追加が可能です。転売されたときに手数料が発生するオプションを追加しておくと、アーティスト側に利益が発生します。

NFTは、アートをはじめゲームやキャラクタービジネスなどのさまざまな分野で活用されています。

SocialToken

Web3.0(Web3)のトレンド技術で最後に紹介するのは「SocialToken(ソーシャルトークン)」です。SocialTokenとは、特定の人物やコミュニティが参加者にデジタル通貨(トークン)を分配し、プロジェクトへの貢献を促す方法です。SocialTokenを分配する権利を持てるのは次の3つとなっています

●人物(有名人やインフルエンサー)
●コミュニティ
●ブランド

SocialTokenを購入すると、限定コースやグッズへのアクセスができたり、仮想通貨市場で取引きできたりします。国内では、JリーグやBリーグなどで導入されています。

ひとつの事例として、Jリーグの湘南ベルマーレでは、国内のプロスポーツチームとしてファン向けのSocialTokenを初導入しました。湘南ベルマーレのSocialTokenを購入すると、次のような権利を保有できます。

●サポーター投票企画の参加権
●限定イベントの抽選応募の権利
●オリジナルグッズの抽選応募の権利

プロバスケットボールチームの仙台89ERSは、限定イベントやオリジナルグッズへの抽選応募の権利以外に、トークン発行型ファンディングも導入しました。

トークン発行型ファンディングで集まった費用は、子供向けに行われるプロ仕様体験試合やチームの運営資金に充てられています。

Web3.0(Web3)が注目されている背景

ここまではWeb3.0(Web3)の特徴やメリット、トレンド技術などを解説してきました。

それでは、なぜ今Web3.0(Web3)が世界中で注目されているのでしょうか。どうやら、歴史やブロックチェーン技術が大きく関係しているようです。

Web3.0(Web3)までのインターネットの歴史

インターネットの歴史はそれほど古いわけではなく、1990年代から現在に至ります。まずは、Web3.0(Web3)が登場するまでのインターネットの歴史を振り返ってみましょう。

1990年代(Web1.0)

インターネットは、第1世代のWeb1.0・第2世代のWeb2.0・第3世代のWeb3.0(Web3)の順に進化を遂げています。

日本でインターネットが普及し始めたのが1990年代です。プロバイダがインターネット接続サービスを初めて開始したのは1992年になります。

その後、1990年代後半にかけてインターネットの普及率が急激にアップしました。この頃のインターネット環境を支えたのが「Web1.0」です。Web1.0は第1世代のウェブで、閲覧できる情報はユーザー側で自由に編集できませんでした。

この時代のインターネットの目的は、受動的に情報を収集するためだけでした。それゆえに、Web1.0は一方向性の時代といえます。

2000年代(Web2.0)

2000年代に突入すると、ビジネスや行政などの幅広いシーンでインターネットが活用されるようになりました。日本初のネット銀行が登場したのも2000年に入ってからです。特にインパクトを与えたのは「SNS」の登場です。

これにより、インターネットは「見る」ものから「参加する」ものに変化していきました。2000年代のインターネット環境を支えたのは、第2世代のウェブである「Web2.0」です。

この頃から、GoogleやAmazonなどの「プラットフォーマー」と呼ばれる企業がインターネット環境に大きな影響を与えるようになりました。そのため、Web2.0の時代は「プラットフォーム経済」といわれています。

一方でWeb2.0が主流になる中、さまざまなリスクや問題点が浮き彫りになりました。それは、中央集権型のリスクや特定企業に個人情報が集中してしまう問題点などです。しかし、次の時代にはWeb2.0のリスクや問題点をカバーする次世代インターネットが登場します。 

現代(Web3.0 / Web3)

Web3.0(Web3)は、Web2.0の時代に浮き彫りになったリスクや問題点を解決できると考えられています。なぜなら、Web3.0(Web3)は権力分散型のブロックチェーン技術を活用しているからです。

提唱者はイギリスのコンピューター科学者で、過去にMicrosoft社での研究経験があるギャビン・ウッド氏です。Web3.0(Web3)の特徴やメリットは、上記で解説した通りになります。

Web3.0(Web3)に必須なブロックチェーン技術

Web3.0(Web3)に欠かせないのが「ブロックチェーン技術」です。ブロックチェーン技術はデータを分散して管理できるため、特定の企業に個人情報が集中するのを避けられます。

Web2.0の問題点でもある個人情報の漏洩やプライバシー侵害を回避できるようになるため、ブロックチェーンを利用したWeb3.0が世界中から関心を持たれているのです。

ここでは、ブロックチェーン技術によって何ができるのかを解説します。

ブロック単位で効率的にデータ保管ができる

ブロックチェーン技術とは、インターネット上でやり取りされるデータを記録するデータベース技術のひとつです。

データは「ブロック」と呼ばれる単位で管理されます。ブロックを鎖のようにつなげて保管するため、ブロックチェーンと呼ばれています。

仮想通貨や分散型アプリケーションに活用できる

従来は、データをひとつの場所にまとめて管理する中央集権型でした。一方のブロックチェーン技術はデータを複数の場所に分けて管理するため、分散型台帳とも呼ばれています。

ブロックチェーン技術は中央管理者を必要とせず、個人でデータベースを管理できるため、仮想通貨や分散型アプリケーションなどに活用できます。

仮想通貨は仲介組織を介さず、ユーザー同士で直接取り引きできるデジタル通貨のことです。ブロックチェーンを活用すると個人で取引履歴の記録が可能になります。

Web3.0(Web3)のリスクや注意点

Web3.0(Web3)は、Web2.0のリスクや問題点を解決する次世代のインターネットです。しかし、Web3.0(Web3)にもリスクが存在しないわけではありません。最後に、Web3.0(Web3)のリスクや注意点を解説します。

トラブルは自己責任で処理する

Web3.0(Web3)ではデータ流出などのトラブルが発生しても個人で対処しなければなりません。セキュリティの高いデータ管理の方法やトラブル時の一定の対応方法を把握していないと、Web3.0(Web3)を使いこなすのは難しいと言えます。

現在主流となっているWeb2.0のインターネットは、誰でも気軽に利用できる点が魅力です。ショッピングやサービスを利用する際はIDとパスワードを入力しますが、忘れてしまっても運営側に問い合わせれば再登録や再発行で対処できます。

Web3.0(Web3)はIDやパスワードが不要になりますが、データを個人で管理する必要があります。決済情報を第三者に盗まれて被害を受けても、救済を求めるところがありません。

一般社会の普及に時間を要する

2022年時点ではWeb3.0に必要な法整備がほとんど進んでいません。一般社会に普及するまでには時間がかかる可能性が高いです。

アメリカのベンチャーキャピタル会社であるアンドリーセン・ホロウィッツは、2022年1月22日にWeb3.0が社会に利益をもたらすための10原則を発表しました。10原則はWeb3.0を普及させる各国政府が実行すべき指針をまとめたものですが、規制の調整や監視体制の構築に伴う法整備が間に合っていない状況です。

そんな中、日本国内の民間企業でもWeb3.0を盛り上げようとする動きがあるのは事実です。これからの社会がWeb3.0を活用してどう変わっていくのか、今後の動向に目が離せません。

Web3.0の今後の動向に注目

この記事ではWeb3.0(Web3)の特徴や注意点、注目されている背景などを解説してきました。

インターネットは時代の流れとともに利用しやすくなる一方で、さまざまなリスクや問題点が懸念されています。

Web3.0(Web3)は、Web2.0のリスクや問題点を解決できる新しい考え方として期待されています。Web3.0(Web3)を活用したサービス展開は、これからの時代を形造り、世界全体の経済成長に寄与することは間違いありません。

今後もさらなる盛り上がりを見せるWeb3.0の動向を、しっかりと見守っていきましょう。

人気記事

超高齢化社会・日本のAgeTechスタートアップ。「認知症による資産凍結対策」に挑む、ファミトラ。

超高齢化社会・日本のAgeTechスタートアップ。「認知症による資産凍結対策」に挑む、ファミトラ。

超高齢化社会を迎えている日本で、高齢化に関する課題をデジタル技術で解決するAgeTech(エイジテック)を手がけるスタートアップが増えつつある。そんななか、200兆円ともいわれる認知症患者の資産が凍結されてしまうかもしれない問題を、家族信託のDXで解決しようとしているのが、ファミトラである。 判断能力があるうちに財産の管理や運用を信頼できる第三者に託すことで資産凍結リスクを回避する家族信託を、AgeTechへと落とし込んだ三橋社長に、起業背景や今後の展開などについてお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

「ユニコーン企業」――企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は人気オンラインゲーム「フォートナイト」を運営する「Epic Games(エピック ゲームズ)」を紹介する。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに、前後編の2回にわたって迫ります。前編は、自動車大国・日本さえも脅かす存在になるほど進んでいる中国EV市場の実情をお届けします。

『メタバースとWeb3』著者・國光 宏尚氏が語る、Web3時代に勝つ企業の条件

『メタバースとWeb3』著者・國光 宏尚氏が語る、Web3時代に勝つ企業の条件

「ブロックチェーン技術(※1)を中核とした非中央集権的なインターネット」として定義されるWeb3(3.0)。2021年以降、急速に注目を集めるようになったフレーズですが、全貌を理解している人は多くない、曖昧な概念であることも事実です。今回お話を伺ったのは、3月に上梓した『メタバースとWeb3』がベストセラーになり今やWeb3のエバンジェリストとして知られる、株式会社Thirdverse、株式会社フィナンシェ代表取締役CEO/Founderの國光 宏尚氏。「Web3時代に勝ち残る企業」をテーマに、 デジタルホールディングスのグループCIO(最高投資責任者)を務める石原 靖士氏がお話を伺いました。 ※1 ブロックチェーン 取引履歴(ブロック)を暗号技術によって1本の鎖のようにつないで記録することによって、データの破壊や改ざんを極めて難しくしたデジタルテクノロジーのこと。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。