Today's PICK UP

STEPNの始め方を用語からわかりやすく解説|導入手順や初期費用・遊び方のコツまで

NFTゲームの「STEPN」の始め方を、初心者にもわかりやすいよう基礎から解説しています。アプリのインストールや暗号取引所の口座開設方法、NFTスニーカーの選び方、よくある質問まで網羅しているのでぜひ参考にしてください。
STEPNはアプリ内でゲームアイテムとしてスニーカーを購入し、実際に歩くことで仮想通貨を得られるゲームです。

この記事ではSTEPNが気になるものの始め方がわからないという新規ユーザーに向け、STEPNの概要や導入手順、遊ぶときのポイントなどについて順を追ってわかりやすく解説します。

また、実際にSTEPNをプレイしたり、仮想通貨を購入したりする際の注意点についても説明しているので、アプリをダウンロードするまでにご参考ください。

STEPNとは

STEPNはブロックチェーンを利用して稼働する「NFTゲーム」に属しており、その中でも「Move to Earn」という実際に歩いたり動いたりすることで仮装通貨を得るゲームジャンルに分類されます。

「NFTスニーカー」というゲーム内アイテムを仮想通貨で購入し、アプリがインストールされたスマホを持って現実世界を実際に歩き回ります。

STEPN自体は無料のアプリです。一方、NFTスニーカーは仮想通貨の相場に合わせて価格が変動します。

たとえば2022年12月17日における1SOLの価格は約1,686円なので、10SOLのNFTスニーカーは約16,860円で購入できる計算です。しかし、2022年1月は1SOLあたり約20,303円でした。

このように、購入する時期によってNFTスニーカーの価格は大きく変わります。

NFTスニーカーを購入するための仮装通貨は、SOL(ソラーナ)とBNB(バイナンスコイン)ETH(イーサリアム)の3種類です。
プレイするとSTEPN専用の仮想通貨GST(グリーンサトシトークン)を得られます。

GSTはゲーム内のミント(合成)や修理などゲームプレイに利用するほか、取引所を通じて別の仮想通貨に変換し運用したり、別の仮想通貨に交換した上でさらに日本円へ換えたりなど多彩な使い方ができます。

STEPNの始め方

STEPNを始めるには、まず口座やアカウントを作成します。そのあと仮想通貨を購入・アプリに送金し、必要なNFTスニーカーを購入してからゲーム開始します。

STEPNで遊ぶためには、次の5つが必要です。 

STEPNアプリ
アクティベーションコード
登録用メールアドレス
暗号資産取引所のアカウントとウォレット
仮装通貨

この中で入手が難しいのが「アクティベーションコード」です。STEPNは招待制のゲームなので、誰かに招待してもらわないとプレイできません。その招待コードがアクティベーションコードです。

アクティベーションコードはSTEPNの公式Discordか、もしくはTwitterやInstagramなどのSNSで入手します。各サービスで「STEPN code」と検索するとコードを配布しているユーザーを見つけられます。

しかし、1つのコードにつき1人しか入力できません。

STEPNをプレイしているユーザーは定期的にコードを発行できるため、もし入手が難しい場合はSTEPNをプレイ中のユーザーを探して依頼したり、知り合いでSTEPNをプレイしている人がいればもらったりしましょう。

アプリのダウンロード・登録

アクティベーションコードやメールアドレスなどの準備ができたら、アプリをダウンロードしましょう。

1.STEPNアプリをダウンロード・インストールする
iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/stepn/id1598112424
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bcy.fsapp&hl=ja&gl=US
2.アプリを開いてメールアドレス入力
3.メールアドレスに届いたコードを入力
4.アクティベーションコードを入力

アクティベーションコードの入力が完了したら、アプリのアカウント登録は完了です。続いて、NFTスニーカーを購入するための資金をゲーム内に送金するため、専用のウォレットを次の手順で登録します。

【STEPN用のウォレットを用意する】

1.アプリ右上の3つ並んだコインマークをタップ
2.上部にある「Wallet」ボタンをタップ
3.既存のウォレットを使うか新規作成するか選択
4.新規作成の場合は数字6桁のパスワードを設定する
5.表示される「シークレットフレーズ」を別に保管する
6.「シークレットフレーズ」を入力
7.メールに確認コードを送信しアプリにコードを入力
8..ウォレットアドレスが表示されるのでメモしておく

新規作成の場合はパスワード設定後、確認のため再入力します。一致するとシークレットフレーズが表示されます。次の画面で入力するので必ず控えましょう。

シークレットフレーズは12個の英単語で構成されるウォレットの秘密鍵で、機種変更やアプリの再インストールなどの際ウォレットの復元に利用します。

このシークレットフレーズは万が一他人に知られると、ウォレット内のお金を使えるようになってしまうので安全に保管してください。

暗号資産取引所の口座を開設する

仮想通貨を購入するためには、暗号資産取引所のアカウントとウォレットが必要です。もし所持していなければ、アプリ導入の前後に口座を開設しておきましょう。

暗号資産取引所は国内外問わずさまざまな種類があるため、扱っている仮想通貨や手数料、使いやすさなどの観点から自分の好みで選びましょう。

STEPNだけが目的であれば、国内の「ビットフライヤー」や「コインチェック」、海外の「Bybit(バイビット)」などがSTEPNで扱う通貨を購入しやすく、日本語で取引可能です。

口座開設は無料なので、それぞれ口座を作っておくと入出金がスムーズになります。

口座開設の手順は取引所によって異なりますが、大まかに次の通りです。

1.取引所のアプリをダウンロード・インストールする
2.アプリを開いて必要事項を入力し登録する
3.本人確認書類を撮影・提出する
4.審査に通過すれば口座開設完了

審査は申請した書類が間違っていないか、写真撮影に問題ないかなどをチェックします。

早ければ10分程度で口座開設が完了しますが、遅いと数日かかることもあるので余裕を持って開設しましょう。

仮想通貨を購入する

暗号取引所の口座を開設したら、NFTスニーカーを入手するための仮想通貨を購入します。

NFTスニーカーやSTEPN内のアイテム購入に使用できるのはSOLとBNB、ETHの3種類です。

なお、どの通貨を使用してもゲーム内容は変わりませんが、SOLでプレイしているアカウントでBNBやETHを使用したり、逆にBNBでプレイしているアカウントでSOLやETHを使用したりはできません。

取引所への入金から、仮想通貨の購入・STEPNウォレットへの送金方法は取引所やアプリによって異なりますが、基本的な流れは次の通りです。

1.取引所のアプリ内で入金を選択する
2.表示される振込先の口座に資金を振り込む
3.取引所から仮想通貨を選択し購入する
4.購入した仮想通貨をSOLやBNB、ETHに対応する海外取引所に送金する
5海外取引所でSOL(もしくはBNB、ETH)を購入する
6.海外取引所の出金を選択する
7.出金先としてSTEPNアプリで作成したウォレットアドレスを入力し送金
8.STEPNの「Wallet」>Transfer」>To Spendin(金額入力)」でウォレットに入金

現在、SOLやBNB、ETHを入手するにはいったん海外取引所を経由するひと手間が必要です。

まずはビットフライヤーやコインチェックなど国内の取引所でなんらかの仮想通貨を購入したあと、その仮想通貨を海外取引所に送金し、海外取引所であらためてSOLもしくはBNB、ETHを購入してからSTEPNに送金します。

なお、取引所での取引・送金などには取引手数料がかかるのが一般的なので手数料分も含めて入金しましょう。

そのほかの注意点として、仮想通貨は常に相場が大きく変動するため、相場を確認してから購入してください。

STEPNでNFTスニーカーを購入する

仮想通貨を入手したら、STEPNアプリ内のNFTマーケットプレイスでスニーカーを購入しましょう。

iPhoneユーザーの場合はアプリからアクセスできないため、STPENの公式サイトからマーケットプレイスにアクセスします。

もしくは、「Magic Eden」のような外部のマーケットプレイスでも購入可能です。
NFTスニーカーにはいくつかの種類があり、スニーカーによって対応速度やGSTの獲得効率が変わります。

◎スニーカーのタイプ
種類 対応速度 GST獲得効率 おすすめの用途
Walker 1~6km/時 1エナジーあたり4GST ウォーキング向け
Jogger 4~10km/時 1エナジーあたり5GST ジョギング向け
Runner 8~20km/時 1エナジーあたり6GST ランニング向け
Trainer 全速度対応 1エナジーあたり4~6GST -
普段の通勤に使いたいならWalker、ランニング中に使用したいならRunnerなどを選びましょう。複数のスニーカーを購入して使い分けることも可能です。

また価格は高くなりますが、すでに育てられてレベルが上がったスニーカーやレア度の高いスニーカーの購入もできます。

スニーカーにはEfficiencyやLuckなどのステータス値も設定されておりレベルアップごとにポイントを振り分けられます。

STEPNの遊び方

NFTスニーカーを購入したら、STEPNで遊べるようになります。
遊び方はシンプルでとても簡単です。

1.使用するNFTスニーカーを選択して「Start」をタップ
2.スニーカーに応じた速度で決まった時間歩くor走る

GPS機能によって距離や時間などが計測され、GSTが貯まっていきます。なお、STEPNにはエナジー(運動1分ごとに消費する数値)が設定されており、エナジーのバーが回復しないと歩いた分が計測されません。

STEPNをプレイする上での注意点

次に、STEPNをプレイする上でいくつか注意点を解説します。

アクティベーションコードの有料購入は規約違反

STEPNの招待を受けるために必須の「アクティベーションコード」は、入手が難しいことから有料で販売されている場合があります。

しかし、アクティベーションコードの有料購入は公式が注意喚起をしており、規約違反に当たります。どんなに欲しくても、アクティベーションコードを購入してはいけません。

アクティベーションコードは無料で入手でき、時間はかかりますがユーザーに依頼すれば発行してもらえます。公式Discordでも発行しているため定期的にチェックしましょう。

相場が大きく変動する可能性がある

STEPN内で扱う仮想通貨は、株や為替などと同様に相場が常に変動しています。そのため、仮想通貨を購入したり、あるいは得たGSTを使用したりする際は相場の確認が必要です。

たとえば1GSTは2022年4月時点で1,000円ですが、2022年11月時点では6円と大きく相場が変動しています。

GPSの電波が入りにくい場所ではカウントされにくい

STEPNは移動した距離をGPSで計測しているため、ビルや地下など障害物の多いエリアでのプレイはカウントされないことがあります。

うまくカウントされていない場合、アプリ内に「Moonwalking」と表示されます。もしMoonwalkingの表示が出ていたら、屋外のひらけた場所に移動し、正常にカウントされるか確認しましょう。

スニーカーを修理しないと獲得効率が下がる 

スニーカーには耐久値が設定されており、定期的に修理しないとGSTの獲得効率が下がってしまいます。たとえば耐久値50/100ではGSTの獲得効率が10%減、20/100では80%減となります。

修理にはGSTを使用するため、せっかく得たGSTを減らしたくないあまりに修理せずにプレイする人もいますが、そのままにしておくとGSTの獲得効率が下がってしまうのでおすすめしません。

できるかぎり耐久値は50/100以上を維持するよう、レベルアップ直後を目安に修理しましょう。

STEPNに関するよくある質問

最後に、STEPNに関してよくある質問に回答します。

STEPNで稼ぐことはできるのか?

STEPNで得られるのは仮想通貨であり、仮想通貨の相場は常に変動するため具体的にいくら稼げるかはそのときの相場によります。

参考として、2022年11月30日時点で1GSTは日本円で3.06円で、1足1日あたり4~6GSTほど獲得可能です。

ただし、ここから修理費や合成コストなどが差し引かれるため、すべてが利益になるわけではありません。
また、スニーカー購入時より相場が下落した場合、初期費用が回収できない・あるいは回収が難しい場合があります。

自転車や電車などでもカウントされるのか?

STEPNではNFTスニーカーごとに有効な速度が決まっているため、電車に乗っている最中はカウントされません。

また、歩いているかどうかはアプリで検知するため、自転車だと揺れ方が異なりカウントされにくい場合があります。

移動距離が長くてもアプリに反映されないと意味がないため、NFTスニーカーに合った速度で移動しましょう。

STEPNの安全性は?

STEPN自体はGoogle PlayやApp Storeでも認可・配布されている正当なアプリなので、安全にインストールができます。

ただし、アプリ外ではSNSやメルカリなどを通じて、規約を無視したアクティベーションコードやスニーカーの販売が行なわれています。

中には詐欺に近い商品も出品されているためアプリ外での金銭を伴う取引はできるだけ避けましょう。

また、ウォレットの秘密鍵を誤って流出させてしまったり、自分以外のウォレットに送金して資金が消えてしまったりするなどのリスクもあるため注意してください。

アクティベーションコードはどのように得るのか?

ゲームの招待に必要な8桁の「アクティベーションコード」は、プレイヤーが遊びエナジー10を消費するごとに1つ、自動的に発行権利を得られます。

つまり、NFTスニーカーを1足のみ所持しているプレイヤーであれば10日に1コードのペースでアクティベーションコードを発行可能です。NFTシューズの数が多いほど発行できる数が多くなります。

まとめ

STEPNはアプリ内でスニーカーを購入し歩くことで仮想通貨を生み出せる、ユニークなゲームです。

NFTスニーカーはSOLもしくはBNBの仮想通貨で購入できます。

STEPNは実際に歩く、あるいは走るスピードに合わせてカウントされるため、実際に運動するモチベーションの維持にもおすすめです。

アプリ自体は無料でダウンロードでき、操作もシンプルなのでわかりやすいでしょう。STEPNを始めて、日常的な運動習慣をつけましょう。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。