JALがVRで仕掛けるブランディング戦略。エアバスA350の操縦体験で未来のパイロットも育む

『最新鋭旅客機・エアバスA350のパイロットになった気分で、離陸や着陸、旋回の瞬間がスマートフォンで気軽に体験できる。』

航空ファンには夢のような仮想現実(VR)コンテンツを、JALグループのJALブランドコミュニケーションが開発し、10月からECサイトでのみ販売を始めました。アプリを起動して段ボール製の組み立て式のゴーグルにスマートフォンを差し込めば、子どもでもコックピットの360度動画が楽しめるようになっています。

格安航空会社(LCC)の参入など競争が激しくなる航空業界で、パイロット気分が味わえるVRは付加価値を生み出し、自社のブランド力を高める強力な武器になる可能性を秘めています。同社の企画・制作グループのディレクター・宮脇然さんに、開発の背景や狙いについてお話を伺いました。

※本記事は、『drop:フィジタルマーケティング マガジン』で、2019年11月1日に公開された記事を転載したものです。
JALブランドコミュニケーション 宮脇然さん

JALブランドコミュニケーション 宮脇然さん

カレンダーとセットで販売。ワクワクするコンテンツで、パイロットへの憧れも育む

本物のシミュレーターの内部がVRで体験できる。コックピット内の機器の名前もポップアップ表示される

本物のシミュレーターの内部がVRで体験できる。コックピット内の機器の名前もポップアップ表示される

――開発したVRコンテンツはどのようなものでしょうか。

今年9月から運航がはじまったエアバスA350型機の現役パイロットの運航訓練の様子を見られるVRコンテンツをつくりました。訓練の様子は、フライトシミュレーター内を360℃カメラで撮影し、現役のパイロット、機長・副操縦士が出演します。実際の様子をありのままに見ていただくために、管制官(※)との英語のやり取りも音声に収録して、まるで自分がパイロットになったかのような体験ができるよう工夫しました。

――映り込んでいる機長たちは、実際のパイロットの方なんですね。

はい。撮影は3人の現役パイロットに協力してもらい、うち1人は管制官役です。リアルさを大切にするため会話のやり取りはあえて脚本を作らず、いつも通りにフライトシミュレーターで運航訓練を行ってもらいました。

――そこまでリアルにこだわったのには、理由があるのですか?

これまでは、海外のエアラインがコックピット内を撮影し、ユーチューブで公開している例がありました。しかし、管制官との交信まで聞くことができるものはほとんどありませんでした。しかし、本来は離着陸はもちろん、飛行中の航路を変更する際など、常に地上管制官とは密なやりとりが発生しています。そこまで含めて体験いただくことで、パイロットや運航への理解を持ってもらう事と、よりマニアックにすることで、これまでなかった臨場感を楽しんでもらえるのではないかと考えました。

――VRコンテンツは、どのような目的で制作されたのですか?

このコンテンツは、2020年版のJALパイロットカレンダーとセットで販売します。実は昨年までのJALカレンダーには、拡張現実(AR)機能をつけて買った後の付加価値を高めていました。ところが、「こんなこともできるんだ」と喜んではいただけるのですが、それによって紙のカレンダーに価値を感じていただけているかというと、課題がありました。そこで今回は、新たにVRコンテンツをカレンダーに付けることにしました。

――そうした取り組みは、JALのブランド力を高める効果も期待できそうですね。

そうですね。まさに、今回のVRコンテンツは、航空業界に興味を持ってもらうためのひとつのツールにもなり得ると思っています。

現在では、LCCの増加などによりパイロットは業界内で需要があります。しかし、厳しい身体検査をクリアしなければならないため、実際になれるのは一握りです。そこで、中学生や高校生などの若年層にもこのVRコンテンツで気軽にバーチャルな体験をしてもらい、パイロット志望の人たちを増やすことも視野に入れています。

――パイロットというと人気の職種のようですけど、狭き門というイメージはあります。

そうですね。パイロットという職種に憧れをもつ子どもは多いのですが、難しいイメージがあるので、目指す方は多くありません。ですから、子どもの頃から航空業界への関心を高めて、志望者の増加につながればと願っています。

また、飛行機に乗るときには、「(その会社が)好きだから」という理由で航空会社を選ぶことは少なくありません。そうした「顧客へのブランディング」という面でも、新しい体験が提供できるVRを重要視しています。

コックピット動画は本物そのもの。管制官との交信までリアルに再現

パイロットの真横に立って見学している感覚が楽しめる

パイロットの真横に立って見学している感覚が楽しめる

――実際にゴーグルを装着してコックピット内の360度動画を試してみました。まるでパイロットの真横に立っている感じで、機長や管制官が英語でやり取りしている様子も聞こえます。窓の外に移る景色はCGでありながら、空港や山肌の様子がリアルで、着陸時は振動が伝わってくる気がするほどでした。

ありがとうございます。今回制作したVRコンテンツは、1本あたり4~8分の動画を5本分収録しました。前方に雲を確認して高度を変更するシーンや、安全を確保するために着陸をやり直すシーンなど色々なシチュエーションを用意しました。飛行中には、コックピット内のスイッチやパネル、スロットルレバーの場所を示すさまざまなテロップがポップアップで表示されたり、操縦士の視界を見ることができるシーンでは目の前のヘッドアップディスプレイでリアルタイムに高度や速度などの運航状況が表示され、まさにパイロットの疑似体験が楽しめるコンテンツになっていると思います。

――VRビジネスを手がける会社「ハコスコ」が今回の開発に関わっていると伺いましたが、どのような点が決め手となり依頼されたのでしょうか?

数社に声をおかけしましたが、コックピットという特殊な環境下でVRの撮影を行うにはどうするべきか、代表の藤井直敬氏がVR開発の第一人者ということもあり、会社を選定する前から様々なアドバイスをいただきました。例えば滑走路を見えやすくするなど、360度画像での見せ方はハコスコのVR映像ディレクターの知見があって出来上がりました。

また、動画の配信プラットフォームが活用できる点や紙製ゴーグルの製造ラインもあり、比較的安価にリアルな体験が提供できること、一気通貫で依頼できる事も決め手になりました。

――確かにこれまでのVRのイメージから考えると、消費者目線でもとても手軽になったイメージですね。

今回の商品は、無料のアプリをインストールして、指定のQRコードから起動します。ハコスコが開発した紙製のゴーグルにスマホをセットして動画を再生するだけでよく、ゴーグルも説明書通りに作れば1分間で組み立てられるので簡単です。対象年齢も7歳以上としたので、幅広い年齢の方に楽しんでいただけると思います。

――制作にはどれくらいの時間がかかりましたか?

収録に費やしたのは3時間くらいでしたが、編集には約2カ月半かかりました。コックピット内は狭くて暗いうえ、360度カメラが被写体に近すぎるとどうしても映像にゆがみや残像が生じてしまいます。そこをスムーズに見ることができるように映像をつなぎ合わせるのが大変な作業で、時間がかかりました。

今までにない表現で、顧客を新しい旅にいざなう

JALパイロットカレンダーとVR映像キットのセット 4200円(税別):JALブランドコミュニケーションストアにて10/1より販売

JALパイロットカレンダーとVR映像キットのセット 4200円(税別):JALブランドコミュニケーションストアにて10/1より販売

――今回はカレンダーとのセット販売ですが、今後はVRコンテンツだけを単体で売り出すなど、対象を広げる可能性はありますか?

すごく人気が出たらあり得るかもしれません。その場合は、新しいコックピット映像が見られるQRコードを追加で販売すれば、さらに楽しんでもらえますね。次回、2021年のカレンダーを発売するタイミングで、コンテンツを更新する可能性もあります。

――企業のVR活用には、どのような可能性があると考えていますか?

今まで体験することが難しかった世界を見せられる点に、可能性を感じます。これまでは一般の方がコックピットに入る機会は、イベントのときなどに限られていました。しかし、VRによって希少性のあるイベントをより身近にすることができました。会社がターゲットとする顧客の年齢層が高い場合、VRに慣れていない人にデジタルコンテンツをどのように利用してもらえるかは今後の課題になりそうです。

――JALグループでは他にも、整備士の訓練に技術を活用するなど、様々な場面でVRを展開しています。今後、グループとして取り組みたいコンテンツはありますか。

エンターテインメント性が高く、JALのブランドが高まるような使い方に知恵を絞りたいと思っています。弊社では、旅へのいざないを目的にしたコンテンツを多数制作しています。例えば、世界中のなかなか足を運べない場所をVRで体験してもらい、興味を持ってもらうというものなど。これからは、今までになかった手法で世界を感じてもらって、もっと旅に行きたくなるような仕掛けをつくっていきたいと思っています。

人気記事

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

立教大学ビジネススクール 田中道昭教授の熱血講義『世界最先端のデジタルシフト戦略』Vol.1 最速10分で商品が手元に。「ダークコンビニ」に学ぶ、未来のコンビニ像

立教大学ビジネススクール 田中道昭教授の熱血講義『世界最先端のデジタルシフト戦略』Vol.1 最速10分で商品が手元に。「ダークコンビニ」に学ぶ、未来のコンビニ像

コロナ禍で大きな打撃を受けている日本のコンビニ業界。その一方で、アメリカで生まれた「ダークコンビニ」は、コロナ禍において三密回避ができる新しいビジネス業態として注目されています。店舗を持たずに取扱商品を厳選して、オーダーが入れば30分以内という超短時間で商品を届けるサービスが支持を集め、いまでは各国で同業態が生まれているほど。そのターゲットは一般消費者のみならず、B2B業界にも拡大中です。三密回避が求められる時代において、コンビニはどのように変化していくべきなのでしょうか。アメリカの事例も踏まえながら、AIやDXを活用した未来のコンビニの姿について、GAFA等メガテック企業の戦略にも詳しい、立教大学ビジネススクール田中道昭教授に徹底解説いただきました。

出光興産CDOに聞く、レガシー企業DX成功の秘訣

出光興産CDOに聞く、レガシー企業DX成功の秘訣

ブリヂストンを経て出光興産へ。日本を代表する大企業二社のCDO(Chief Digital Officer)を歴任し、DXを推し進めてきた三枝 幸夫氏。これまで培ってきたレガシーを活かしながら、時代の最先端をゆくビジネスを創造するための秘訣は、どこにあるのだろうか。デジタルホールディングス代表取締役会長である鉢嶺 登氏が、これまでの三枝氏の仕事を振り返りながら、社内全体を巻き込んでDXを進めていくために押さえておくべきポイントについてお話を伺いました。

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

2021年3月10日に時価総額、約4兆円でニューヨーク証券取引所に上場したゲームプラットフォーム「Roblox(ロブロックス)」を知っているだろうか。月間ユーザーは1.6億人を超え、世界で大流行中のゲームプラットフォームだ。特に子どもたちに絶大な人気を誇り、アメリカでは16歳未満の子どもの約半数がプレイしていると言われている。 Robloxとは、なぜそれほどまでの人気を誇り、なにが魅力なのか。 Robloxの人気の秘密と、企業が今Robloxに注目すべき理由について、EntertainmentxFinancialをコンセプトに、投資を通じたエンタテインメント事業開発を支援する、EnFi株式会社の代表取締役 垣屋美智子氏にご説明いただいた。

累積導入2万件以上!デジタルマーケ初心者企業から圧倒的支持を得るSaaS徹底解剖

累積導入2万件以上!デジタルマーケ初心者企業から圧倒的支持を得るSaaS徹底解剖

コロナ禍の影響を受けて、これまで以上にデジタルマーケティングの重要性が高まる昨今。その一方、人材やノウハウの不足から、デジタルマーケティングの第一歩を踏み出せない中小企業も、少なくありません。そうした企業の担当者から、今、多くの支持を集めているのがクラウド型デジタルマーケティングツール「Cloud CIRCUS(クラウドサーカス)」です。指原 莉乃さんがカラフルな動物キャラを率いてサーカスの団長を務めるCMで覚えている方もいるかもしれません。「従来のSaaSとは設計思想から異なる」というそのツール群には、どんな魅力があるのでしょうか。クラウドサーカス株式会社の北村 健一CEOにお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。