デジタルシフトの記事一覧

AIが商品名やフレーズの音の響き・印象を評価する「感性AIアナリティクス - 語感チェッカー」が提供開始

AIが商品名やフレーズの音の響き・印象を評価する「感性AIアナリティクス - 語感チェッカー」が提供開始

京王グループの感性AI株式会社では、10月1日(木)から、AI(人工知能)によって商品名に対する音の響き・印象を評価するサービスをリニューアルし、「感性AIアナリティクス – 語感チェッカー」として、法人向けに提供を開始すると発表した。評価できる対象が商品名だけでなくキャッチフレーズや広告コピーなどに増え、より幅広い用途で利用できる。

Today's PICK UP

音声認識による文字起こしエディタ「もじこ」にAmiVoice Cloud Platformの音声認識APIが採用

音声認識による文字起こしエディタ「もじこ」にAmiVoice Cloud Platformの音声認識APIが採用

株式会社アドバンスト・メディアの音声認識開発プラットフォーム「AmiVoice Cloud Platform(アミボイス クラウド プラットフォーム)」にて提供しているAmiVoice 音声認識APIが、株式会社TBSテレビが開発した文字起こしエディタ「もじこ」に採用され、吉積情報株式会社にて販売が開始された。

Today's PICK UP

東京海上日動、オンライン商談手続きを導入へ

東京海上日動、オンライン商談手続きを導入へ

東京海上日動火災保険株式会社(以下、東京海上日動)は、2020年12月から「オンライン商談手続き」を導入すると発表した。Web会議アプリを利用した保険の提案・説明から、スマホ等による契約申込み手続きまでの全てをオンライン上で行い、シームレス・ペーパーレスで快適に手続きを完結できる取組み。

Today's PICK UP

DataRobot、100件以上のAIユースケースを紹介する総合ライブラリの無償提供を開始

DataRobot、100件以上のAIユースケースを紹介する総合ライブラリの無償提供を開始

DataRobot, Inc.は、8月11日に米国でリリースした100以上のAIユースケース(活用方法)から構成される「DataRobot Pathfinder(パスファインダー)」の日本語版を提供開始した。「DataRobot Pathfinder」は、組織や企業で働くすべての人が、それぞれ独自のビジネスニーズに最も適したAIの活用方法を見つけることができるAIユースケースの総合ライブラリ。

Today's PICK UP

スマートシティ「HANEDA INNOVATION CITY」、IoTによるトイレ等の空き情報可視化サービスを導入

スマートシティ「HANEDA INNOVATION CITY」、IoTによるトイレ等の空き情報可視化サービスを導入

株式会社バカンは、羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)において開発が進められている「HANEDA INNOVATION CITY」(略称「HICity(エイチ・アイ・シティ)」、以下、HICity、)に、IoTによる空き情報可視化サービス「VACAN Throne(バカン・スローン)」を導入し、2020年9月18日よりトイレや会議室の空き情報の配信を開始すると発表した。

Today's PICK UP

自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI」が実証実験を実施

自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI」が実証実験を実施

NECネッツエスアイ株式会社の自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI(ユンジ デリ)」活用サービスが、東京都の「Tokyo Robot Collection」事業の『多種多様なロボット連携による安心・安全なエリアマネジメント実現に向けた実証』に採択されたと発表した。その実証実験をHANEDA INNOVATION CITYにて9月18日(金)から9月20日(日)まで実施する。

Today's PICK UP

1,203 件

人気の記事