トップインタビュー

式場のクチコミ評価を当たり前にしたウエディングパークが挑む、 ブライダル業界のデジタルシフト

これから結婚するカップルを対象に様々なオンラインサービスを展開するウエディングパーク。メイン事業であるクチコミを活かした式場検索サイト「Wedding Park」は、多くのユーザーから支持を得る業界最大手のメディアです。業界でタブー視されていたクチコミサイトの立ち上げと運営には、知られざる苦労があったようです。ブライダル業界のデジタルシフトに挑む背景にはどのような想いがあるのか、株式会社ウエディングパーク代表取締役社長の日紫喜誠吾氏にソウルドアウト株式会社取締役CMO美濃部哲也氏がお話を伺いました。

ユーザーが望むサービスを。業界でタブー視されていたクチコミを導入

美濃部:まず、事業内容について教えて下さい。

日紫喜:現在のメイン事業は、日本最大級のクチコミ数を誇る結婚準備クチコミ情報サイト「Wedding Park(ウエディングパーク)」です。結婚式を検討しているカップルが、クチコミを参考にして式場を探せるサービスで、検索できる式場は全国で約5,000会場と、業界最大規模。現在はハワイなど海外の式場が探せる「Wedding Park海外(ウエディングパーク カイガイ)」や、フォトウエディング・前撮りの検索サイト「Photorait(フォトレイト)」、婚約・結婚指輪のクチコミ情報サイト「Ringraph(リングラフ)」、結婚衣装選びのクチコミ情報サイト「Wedding Park DRESS(ウエディングパークドレス)」なども展開し、いずれも順調に成長しています。

美濃部:日紫喜さんは元々親会社のサイバーエージェントで営業をされていたんですよね。

日紫喜:はい、営業部門の局長を務めていました。2004年にサイバーエージェントがウエディングパークを子会社化したタイミングで、社長の藤田から「ウエディング事業をやることになったんだけど、やってみる?」と声を掛けられまして。いつか経営者になりたいという思いもあり、「やります」と即答したんですが、その時点では業績など詳しいことは何も知らず。蓋を開けてみたら業績は大変厳しい状態で、創業者2人だけで会社を何とか回している状態でした。

美濃部:会社の危機を脱するために、クチコミサイトへの転換をするという決断をされたということですね。

日紫喜当時クチコミサイトは他業界では成功例が出始めており、結婚式という人生のビッグイベントで失敗したくないカップルにとって、クチコミは絶対に役立つサービスだと思いました。私自身既に結婚していましたが、一個人としてもそんなサービスがあったら良かったなというリアルな感覚がありました。創業者2人からは「クレームの嵐になる」と不安視されましたが、自分の感覚を信じて押し切りました。

殺到するクレーム。それでも絶対に譲らなかった信念

美濃部:ブライダル業界でクチコミサイトを立ち上げるには、大変な苦労があったと聞いています。

日紫喜:サイトでは明らかな誹謗中傷のコメントなどを除いて、ほぼ全てのクチコミを掲載しており、毎日数百件近いクチコミに、私自身が目を通して承認していました。承認作業をする時間は、夜の10時と決めていました。クチコミを寄せて下さった新郎新婦が、翌日の朝サイトを見たらアップされているというのがユーザーの満足に繋がると思ったので。

ただ、ブライダル業界はイメージ産業でもあります。「柱が邪魔で新郎新婦が見えにくかった」など、式場さんにとっては書かれたくないようなネガティブなクチコミも掲載していたので、創業者の指摘通り式場からのクレームが殺到しました。「クチコミを消してくれないなら今後広告費は出さない」とおっしゃる方もいて、苦しかったですね。「社長を出せ」とお叱りも受けました。毎日深夜までクチコミの承認作業をして、承認したそのクチコミによって翌日朝一でクレームの電話を受けるという日々でした。

美濃部:式場からのクレームには、どう対処されていたんですか?

日紫喜:クチコミを消すことはしませんでした。結婚式を挙げるカップルに絶対に役立つことをしているという強い思いがあったからです。広告契約を打ち切られることもありましたが、「より良い結婚式を提供するために、いつかこのクチコミを参考にしていただけることを僕たちは信じています」と言い続けました。

クチコミの質が高まるように投稿を会員制にしたり、式場側がコメントを返信できるようにしたりして、サイトの健全化も図りました。5年ほどは不安定な状態が続きましたが、結果的にユーザーにとても受け入れられるものになり、徐々に軌道に乗っていきました。現在ではユーザーからのクチコミを元に、式場に対して提案型の営業ができるようにもなりました

美濃部:そうした営業活動ができるのも、初期の段階で信念を譲らなかったことが大きかったのでしょうね。その後、2010年に料金体系に関するビジネスモデルを変更されたそうですね。これにはどのような背景があったのでしょうか?

日紫喜:当時はクリックされた分だけ広告費が発生するクリック課金システムだったんですが、時期的な変動も大きく、中長期期的な収益を見込み経営を安定させるためにも、固定料金制への変更が必要だと感じました。

美濃部:会社の将来のために、大きな決断をされたわけですね。

日紫喜: はい。ビジネスモデルの変更は一筋縄ではいかない部分もありましたが、このときの一連の経験を通して私も社長として一皮剥けたといいますか、自分自身で会社を引っ張っていく覚悟がより定まったように思います。結果として、この時の判断によって収益性が上がり、今では会社も約200人規模の組織にまで拡大させることができました。

業界全体にインターネット媒体の理解を深めるために

美濃部:日紫喜さんがクチコミサイト立ち上げを行った頃のブライダル業界は、まだ紙媒体が全盛で、デジタル化もインターネット媒体に対する理解も進んでいなかったと思います。開拓を進める中でどのような工夫をされていたのでしょうか。

日紫喜:まず、業界の特徴として、大企業は数社しかなく、あとは全国その土地土地でビジネスをしている中小企業が多いんですね。そして全体的にITに関するリテラシーはそれほど高くない傾向がありました。その前提の上で、大きな方針として、直販営業にこだわりました。背景として、私が元々新卒入社したキーエンスでの経験が大きいです。キーエンスは直販営業がとにかく強い。その後サイバーエージェントで代理店営業も経験しましたが、やはり自社サービスを伝えるという観点では直販の方が適しています。先ほど申し上げた理由の通り、インターネット媒体の理解を深めてもらうには時間がかかる感覚もあったので、自分たちで直接対話をしていく方法を選びました。

ウエディングプランナーをされている方一人ひとりに、業界としてはまだ理解も薄かったインターネット媒体の広告の話をするには、やはりハードルがあります。とはいえ、時代はインターネットの方向に必ず向かっていくはずだと信じて、流れが変わった時のためにまずは関係を築くことに注力しました。

美濃部:地道に一社ずつ関係を作っていかれたんですね。

日紫喜:はい。ただ、時間がかかるという課題もあり、もう一つの考えとしてセミナーを開くことにしました。私が講師としてインターネットとはこういうものです、未来はこうなっていきますというお話をする。あえて自社サービスの話にはあまり触れず、業界全体への貢献だと思って全国行脚しました。そうやって接点を増やして信頼関係を作っていきました。

あとは、業界団体にとにかく顔を出しました。平均年齢50・60歳の団体で、私はとても若造だったのですが、インターネットについて話すのは私くらいだったのもあり可愛がってくださって。じゃあちょっと勉強会をやってくれと全国でセミナーの機会をいただくことができました。

そうしているうちに、ウエディングパークはしっかりやってくれそうだからと広告予算を預けていただきました。デジタルのいい部分ですが、実績がはっきりと数字で出できますので、各社からご満足いただけるようになり、一気に広がっていきました。

業界全体のデジタルシフトをサポート。21世紀を代表するブライダル会社へ

美濃部:最後に、今後の展望についてお聞かせ下さい。

日紫喜:サイトでの集客だけでなく、式場の経営自体のデジタルシフトをサポートしていきたいと思っています。今ブライダル業界も人材不足という課題を抱えています。例えば1度カップルが式場に相談に来ると、プランナーの方は最低でも接客に2、3時間費やす必要があります。挙式契約につながればいいのですが、契約に至らないケースがあまりにも多いと、現場がどんどん疲弊してしまうんです。その点を解消すべく、カップルと式場のマッチング精度を高める機能開発に取り組んでいます。他にも式場の現場では、労働としては過酷な面がいまだにあります。自動化できるところは自動化し、生産性も上がれば、離職率も抑えられると考えています。インターネットサービスを通してブライダル業界に貢献できることであれば、幅広く実践していこうと思っています。

美濃部:ブライダル業界にとって頼もしい存在ですね。御社の社内でもデジタルシフトに取り組まれているんですか?

日紫喜:自社では、2016年にAI Labという組織を立ち上げ、生産性の向上に取り組んでいます。最近注目しているのは、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)です。人的にやっていた業務の一部を、AIによる画像認識技術を使って自動化し、人や時間のコストを削減できた事例もあります。
また、人事の領域もデジタル化をすすめています。
社員の人事情報をデータで管理することで、より社員の状況がわかりやすくなるので、適材適所などのような社員の活躍支援に役立てていきたいと考えています。単にテクノロジー開発だけでなく、その運用力も含めて、「21世紀を代表するブライダル会社」を体現していきたいと思っています。

美濃部:まだまだデジタルシフトが進んでいない部分も多くある業界ですから、小さなところからデジタルシフトを進めることで、改善される部分はたくさんありそうですね。業界の未来と日本人の幸せのために、ますますご発展していくことを願っています。本日はありがとうございました。
日紫喜誠吾(Seigo Hishiki)
1976年生まれ。1998年に同志社大学工学部エネルギー機械工学科を卒業後、(株)キーエンスに入社。その後、将来の起業を目指して急成長のネット業界へ転職を決意し、2000年に(株)サイバーエージェントに入社。インターネット広告代理事業のマネージャー、局長を経て、2004年にサイバーエージェントの100%子会社として設立された(株)ウエディングパークへ出向。2005年に代表取締役に就任し、現在に至る。
著書『僕が社長であり続けた、ただ一つの理由 ~ウエディング業界に革命を起こした信念の物語~』(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。

人気記事

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。