トップインタビュー

リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」運営のメディロムが “スマートトラッカー市場”に参入。ヘルスケアの川上から垂直統合を図るデータベース戦略とは。

リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」などを運営する株式会社メディロムが、2020年1月にCES(Consumer Electronics Show)でスマートトラッカー市場への参入を発表した。リリース後、国内外で40万台を超える出荷が見込まれるなど、大きな反響が生まれている。医療・ヘルスケアの総合商社を掲げる同社が提供するスマートトラッカーはどのような内容で、なぜリアル店舗からデバイス領域へ参入したのか。代表取締役CEO 江口 康二氏にお話を伺った。

無充電とデータ解放を武器に、スマートトラッカー市場に参入

―まず始めに、御社の事業領域について教えてください。

我々は医療・ヘルスケアの総合商社になることを目指しています。具体的には、東京で最大の店舗数を誇るリラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」などのスタジオ運営事業や、ヘルステック事業、ヘルスケア研究事業など、健康増進・予防分野から医療分野まで一貫して提供できるよう、事業展開を進めています。

―2020年1月にアメリカで行われたCES(Consumer Electronics Show)では、「MOTHER」という製品を発表され、スマートトラッカー市場への参入を表明されました。どのような製品なのか、具体的に伺わせてください。

MOTHERは世界で初めて、無充電でアクティビティトラッキングができるウェアラブルデバイスです。具体的には、ユーザーの体温を動力源とした温度差発電技術を用いて、24時間365日止まることなく、ユーザーの活動量、心拍、睡眠、消費カロリーを測定することが可能になります。

これまでのスマートトラッカーは電池の消費を抑えるために、取得データを間引いていました。本来であれば細かく活動データを取り続けたいのですが、そうすると電池消費が早まってしまうからです。その課題に対して我々が挑戦したのが無充電です。例えば心拍についても、継続して計測し続けることが可能になるので、心電図並みのレベルでデータを取れる可能性があります。また、充電のために利用者が都度着脱する必要がないことも大きなメリットです。ほとんどの人は、一度外したら外しっぱなしになり習慣が途切れてしまう。付けたら付けっぱなしという状態を実現できるのがいいんです。
もう一つ、無充電以上にインパクトが大きいのが、SDK(ソフトウェア開発キット)の開放です。分かりやすく言うと、端末で取得したデータを自社で閉じず、端末を利用するヘルスケアサービス事業者などに解放するということです。

我々が活動量データや睡眠データを取得して活用したいように、そういったデータを欲しい事業者は世の中にたくさんいます。例えば実際にMOTHERにお問い合わせを多数いただくのが介護施設や病院です。やはり利用者さん・患者さんの生活習慣データを生かしてよりよいサービスを提供したいんですね。あとはフィットネスジムなどで、活動量データを元により適切なパーソナルトレーニングを提案したいというニーズもあります。


これまで、様々なデバイスで色々なデータが取得されてきましたが、基本は自社に閉じた利用のされ方で、ユーザーはデバイスごとにアプリケーションを複数入れる必要がありました。まさに囲い込み戦略です。今回の私たちのポイントはこの閉ざされた状態を打破しようという点です。これだけ他の事業者が先行している中で、肝となるデータを解放するのはかなり勇気のいる決断です。一方で、後発だからこそ既存の常識を壊していけるというのも事実です。

短期的に見れば、オープンにすることでアプリケーションを通じたマネタイズができなくなるかもしれません。ただ、長期的には、確実に世の中が健康になる可能性が高まり、我々のミッションの実現が近づきます。実際に、大学の医学部や超大手ジムなどBtoBでの利用だけで40万台以上の出荷を見込んでいます。国内だけでこの数はトラッカーとしてはダントツです。CES発表前の注文数が3万台だったことを考えると、いかに世の中に求められていたかを再認識しましたね。

―日米同時での発表でしたが、ヘルスケア領域に置いて日米の市場の違いや傾向について、どのようにお考えでしょう。

そもそも日米で健康予防に対する意識や投資が違いますね。日本は保険のおかげで予防に対する意識が低い。米国は病気になったらある意味おしまいという感覚なので予防に対する力の入れ具合がすごいですよね。実際にガンの発生率も年々落ちています。日本が増えていることを考えると対照的です。

そういった背景もあり、トラッカーの市場は米国では先行して開拓されています。Apple WatchやFitbitなどですね。一方で、データを取得し続けるために充電がネックになるという課題は米国でも同じ。その部分で米国マーケットにも切り込んでいけるなという感覚があります。

日本でトラッカーを使っているのは、ジムでデータを取るような健康エリート層が中心なのに対し、アメリカではもっと大衆化しています。なので、まずは日本のBtoBから、ゆくゆくは米国のBtoCにもアプローチしていく予定です。

ヘルスケア領域の川上を奪うために

―「医療・ヘルスケアの総合商社」を掲げて創業し、まずはリアル店舗から事業を始められたそうですが、どのような背景があったのでしょうか。

まず、医療・ヘルスケアの総合商社を目指す前提の部分をお話すると、世の中で医療分野だけがボーダーレスになっていないんです。わかりやすい事例として、アメリカで承認された医薬品が日本にくるのに3年から5年も時間がかかる。国内で承認されているけれど、海外でできない治療なども存在します。そんな風に国によって制度が違う。まさにボーダーが存在するのを壊していこうというのが、私が創業した時の思いです。

どうしていくかというと、繋いであげるんです。仮にもし明日ガンですと宣告されて、ステージⅣだとわかったら、日本ではもう人生終わりだとなる。ところが、米国にいくとステージⅣでも治って帰って来る可能性が高まるんですよね。日本人は英語もできないし、手続きも煩雑。それを繋いであげることをしたいというのが作りたい世界観のイメージです。

そう考えると、医療産業複合体をどう作るかがテーマになります。米国で今問題になっているのが、保険会社と病院の相反関係です。個人破産の6割が医療破綻と言われるくらい医療費が高い中で、保険が降りずに病院が取りっぱぐれて潰れてしまうことがある。保険会社にとっての損失が病院にとっての売上で、逆も然りです。だからこそ、これを私はこの二つを一体にするべきだと考えています。日本でも70%の病院は赤字で税金によって成り立っていますが、それも一体化により解決することだと考えています。

製薬会社は病院を必要として、病院は保険組合を必要とする。健康保険組合は現在健康だけど、将来疾患の恐れのあるユーザーデータベースを必要としている。私がリアル店舗の事業を始めた一番の理由は、ヘルスケアにおける川上のデータが取れるからです。川上を奪えれば川下まで行けて、先の構想に近づける。そんな背景から店舗を始めました。

店舗という揺るがないメディアを軸に派生事業を展開

―ヘルスケアの川上に当たるデータを取るために、Re.Ra.Kuではどのような工夫をされたのでしょうか。

Re.Ra.Kuが事業上大事にしたのは、2つのポイントです。1つ目はリラクゼーション事業という領域で「健康だけれども不調な方」が集まる状況を作ったこと。2つ目はカルテ情報をiPadの電子データにしたことです。私自身整骨院とか接骨院にたくさん通いましたが、毎回多数の情報を書き込むのに対し、そのデータが管理・活用されていないのが実態です。当時から同業界は個人事業中心にレッドオーシャンで飽和していましたが、ITを使うオペレーションや、訓練・教育を統一化するチェーン化で勝機があると確信していました。

結果的に、年間来店150万人を超え、ユーザーが自身の情報をアップデートする大きなメディアをオフラインに作ることができました。これらのデータをもとに、例えば花粉症などユーザーの方々のアレルギーに対して解決策を提供したり、店舗では解決しきれない部分についてライフスタイルアシストという、オンライン上でトレーナーを選定して生活指導を受けられる「Lav」というアプリを勧めたりしています。そこからユーザーデータをさらに取得しやすくするためにMOTHERが加わり、オンライン・オフラインを通じてさらにデータ取得・活用ができるような体制になっています。

―メディロム自体の創業は2000年ですが、今また事業を開始する場合も店舗から始められますか?

はい、店舗から始めると思います。いくらデジタルが浸透してもなくならないビジネスは確実にあります。人が疲れたら身体をほぐすという行為は江戸時代からある。いかにAIで生活が便利になっても我々は疲れからは抜け出せないから、きっと400年後も存在していると思います。それに、30分の施術の間お客さんの情報がずっと入って来る。こんなに美味しい市場はないと思います。

保険・病院分野への参入で医療のボーダレス化を

―最後に、今後の展望について教えてください。

データが取得活用できる基盤ができたので、将来的には保険の分野に参入します。具体的には、少額短期保険から始めていく予定です。例えば、店舗を利用されている方に提供する、1回100円で入れる「ぎっくり腰保険」。もしぎっくり腰になったら3回無料になります、というようなイメージです。すでにRe.Ra.Kuを利用されるお客様がいる状態で始められるので、多くの方に使っていただける確信があります。そうして保険証書を発行し、保険の組み立てを行っていく中で、並行して国内外の病院の買収をしていくつもりです。

そこまでいくと、まさに先ほどお伝えした相反する保険と病院の一体化、それによる医療のボーダーレス化に繋がっていきます。病院は日本だけでなく、タイ、中国、台湾、インドネシア、アメリカ、ブラジル、キューバの7カ国で15年ほどかけて展開していく想定です。その世界感においては、例えば、英語が話せない人でもガンになった場合、最先端治療が受けられ、日本よりも生存率が高い米国で治療を受けられるためのトラベルパックのような保険を販売できます。

保険が利用されると保険事業にとってはマイナスなものの、病院にとってはプラスになるという財務体制をグローバルに作る。そのためのギャップを、MOTHER含めデジタルで埋めていくことができればと思います。
江口 康二
1973年、東京都生まれ。大学を卒業後、自動車の買取・販売会社に入社。同社インターネット事業部長就任後、独自に開発したビジネスモデル特許で「日経優秀商品・サービス賞」を受賞。同時期に最年少役員に就任。同社退職後、2000年に株式会社リラク(現・株式会社メディロム)を設立。現在はリラクゼーションスタジオRe.Ra.Kuを展開するほか、オンデマンドトレーニングアプリ「Lav」の開発・運営を行っている。

人気記事

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月24日に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。前編では、高田社長自ら銀座Flagship店をご案内いただきながら、銀座の一等地に「保険を売らない」保険ショップをオープンさせた狙いや、Vitalityによって住友生命が実現したいビジョンについてお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

2020年7月にオプトホールディングから社名を変更したデジタルホールディングス。従来のインターネット広告代理事業に代わり、企業のデジタルシフトを支援する事業を中核に据え、日本社会の挑戦の先陣を切り、社会のデジタルシフトを牽引する存在となっていくことを掲げています。 デジタルマーケティングの先進国アメリカでは個人情報を保護する法整備が進み、Web上でのクッキーの使用に大きな制限がかけられた結果、ウォルマートのような膨大な顧客データを持つ企業が自らメディア化する流れが生まれています。そんな中、日本の広告産業はどう変化していくのか。また企業のデジタルシフト事業を中核に据えたデジタルホールディングスはどう変化していて、変革の先にどんな未来を見据えているのか。元株式会社オプトの代表取締役社長CEOにして、現在は株式会社デジタルホールディングス 取締役 グループCOOを務める金澤大輔氏をゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、デジタル化が遅れていると言われ続けていた日本でも「デジタルシフト」「DX」という言葉を聞かない日はありません。しかし、その重要度や緊急度に対して、正しく認識できていない企業・経営者はまだ多いというのが現状です。 アメリカのコンサルティングファーム「イノサイト」によると、S&P500を構成する企業の平均寿命は年々低下してきており、2027年にはわずか12年になると予想されています。自動車に保険、ヘルスケアから不動産まで、GAFAをはじめとする巨大テック企業の影響を受けない業界は、今や皆無と言っても過言ではありません。あらゆる業種・業界が飲み込まれる「デジタル産業革命」待ったなしの現在、具体的にどのような手順、心構えでデジタルシフトに臨むべきなのか? 事業ドメインをデジタルシフト事業へと変更し、多くの産業・企業のDXを支援している株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長の鉢嶺 登氏は、「中途半端にDXに着手する企業は大抵失敗する」と語ります。

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

2020年7月、日本企業および日本社会におけるデジタルシフトの重要性と緊急性をいち早く捉え、社名変更によって「まずは自らが変わる」という大きな決断と意思を示したデジタルホールディングス。コロナ禍によりDXという言葉が世の中に浸透し、各企業がこぞって取り組みを進める中、彼らは企業単体のDXだけではなく、産業変革=IX(Industrial Transformation)を起こしていくという新たな構想を打ち出している。IXとは何を意味するのか。IXによって社会はどのように変わっていくのか。本来の意味でのDXが日本で進んでいない要因とIXへの想いについて、グループCEO野内 敦氏にお話を伺いました。

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。