トップインタビュー

なぜビザスクは、日本最大級のスポットコンサルティングサービスになれたのか。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、各企業はリモート対応を進めている。株式会社ビザスクは新型コロナウイルスの流行以前から非対面式のサービスを提供する会社の一つ。提供しているのは約10万人の専門知識を持つ人の中からアドバイザーを選び1時間からアドバイスを受けられる、スポットコンサルサービスだ。日本最大級のスポットコンサルサービスは、どのようにして生まれたのか。創業者であり代表取締役CEOでもある端羽 英子氏とCEO室長兼ビザスクlite事業部長の宮崎 雄氏にお話を伺った。

新規事業の仮説検証やユーザーヒアリングとしての活用も

―まず、御社の事業内容を教えてください。

端羽:株式会社ビザスクはさまざまなビジネス領域の経験者に電話・Web、対面で相談ができるスポットコンサルティングサービスを提供しています。マーケティングや人事、採用、海外進出など、さまざまな課題について知見のある経験者の方々に個別に相談できます。登録者は10万人を超え、相談可能な領域は500以上あります。

利用手順としては大きく2つで、まず依頼者がアドバイザーを選び、抱えている課題やその背景についてメッセージを送るところから始まります。その後、アドバイザーとコミュニケーションをとり、課題解決ができそうだと判断したら正式に依頼し、日時を決め、スポットコンサルティングを実施します。最初に課題感をすり合わせることで、適切なアドバイザーとのマッチング精度が上がると考えています。

宮崎サービスのリリース当初から専門的な知見やアドバイスを得る目的で利用するユーザーが多かったです。さらに今は新規事業開発を担当する方が仮説検証を目的とした業界調査や顧客のニーズヒアリングに活用するケースが多いです。何が正解かわからないことに取り組む人が、外の声を聞くために使っている形です。

端羽:「スポットコンサル」というサービス名もあり、コンサルティング会社と間違われることもありますが、あくまで我々は知見をおもちの登録アドバイザーとマッチングするサービス、情報サービスという認識です。また企業のトップや経営企画の方に限らず、現場の事業部の方が直接利用されることが増えています。

宮崎:新規事業のように社内に知見がない時に、適切な情報が得たいときの受け皿になれていると思います。一つひとつのアイデアに対して予算がかけられないタイミングにこそご利用いただき、成功確率を高めていただきたいです。また、時間が限られているなど、スピード感を持って新しいことを始めたいときもご利用いただくと良いのではと思っています。

知見をシェアするサービスはどのようにして生まれたか

―サービス立ち上げまでの経緯を教えてください。

端羽:社会人になってすぐ、起業したいと思うようになりました。きっかけは新卒入社した会社を1年で出産のため退職し、キャリアの築き方について考えるようになりました。もともと、人生で一度は一国一城の主ではないですが、起業してみたいという気持ちもありました。その後のビジネススクールへの留学でその思いは強くなり、帰国後投資ファンドを経て、起業のために独立しました。

事業内容を模索するなか、目をつけたビジネスモデルの一つにシェアリングサービスがありました。当時ちょうど「SHARE」という本が出版され、SNSの時代においてソーシャルな信頼を貯めることで、個人が売り手になれるという世界観に感動したんです。また、テクノロジーの発達により、知らない人同士であっても信頼でき、取引が生まれる世界にワクワクしたんですよね。

一方で、個人同士で繋がるにはお互いのニーズに出会える場所が必要です。そこで、プラットフォームを作り、新しいマーケットを生み出そうと考えました。

ただ、当時日本に同種のサービスが少なく、何をシェアすべきかが見つけられませんでした。そんななか、たまたまスペースシェア事業を運営されていた軒先株式会社の西浦 明子さんに出会い、アドバイスを受けることができました。非常に有益なご指摘をいくつもいただき、もっと早くこの人に出会いたかったと思いました。

そんな経験から、課題を抱えている人に知見をシェアできるサービスがあれば良いのではと思い至りました。その結果、生まれたのがスポットコンサルティングサービス、ビザスクでした。

登録者、利用者それぞれのユーザビリティにこだわり抜く

―ビザスクは今や10万人近くのアドバイザーが登録し、日本最大級のスポットコンサルティングサービスになっています。スケールさせる上で気を付けたポイントなどあれば教えてください。

端羽:2012年の立ち上げ当初は、世の中的にまだ働き方改革や副業という概念がなく、パラレルワークに対する意識も低かったためアドバイザーを集めることに課題感がありました。そこで最初に、どうすれば登録者を増やせるのかを徹底的に考えました。

たとえば、今は少し仕様が変わっていますが、何についてアドバイスが可能かを登録する画面で、大きなカテゴリー中から一つを選ぶのではなく「○○における○○」と2つのキーワードを組み合わせて登録できるようにしました。それによって、登録者が自分のできることを見つけやすくしました。

アドバイザー一覧ページの見せ方にも工夫をしました。たとえば、あえて登録者として有名人をPRしないようにすること。ネームバリューのある人というよりは、日々仕事をして現場のことをよく知っている人にこそ登録いただきたいと思い、登録のハードルを下げて仕事をしている人ならだれでも登録いただくようにするための工夫でした。

宮崎:また、同じくアドバイザー一覧ページにおいて、幅広い分野のアドバイザーが見られるようにもしました。Web登録だとどうしてもWebサービスやマーケティングに詳しい人の登録が増えます。短期的には、ニーズの大きい領域のアドバイザーを多く表示することでマッチングの数を増やすことができます。ただ、特定分野の知見をシェアするサービスではなく、あらゆる領域の知見が集まるプラットフォームを作りたかったので、製造、小売、IT、不動産など、なるべく多様な分野のアドバイザーが並ぶようにしました。

端羽:会社としてどんなメッセージを発信するのかにもこだわっています。「副業で稼ごう」よりは「あなたの知見をお借りできませんか」というメッセージを起用し、たくさんのお金を稼ぎたい、というよりも誰かの役に立ちたいと考えている層に登録してもらえるようにしていました。

―アドバイザーではなく、依頼者を増やすために工夫したことも教えてください。

端羽:とくに効果的だったなと思うのは、相談の時間を1時間からにしたことです。当時の日本には見ず知らずの人の知見を借りる文化がありませんでした。そのため、利用のハードルをできる限り下げることが必要だと考え、最低1時間からでも利用できるようにしたのです。

宮崎:また、実際に会わなくても電話やWebでスポットコンサルまで完結できるシステムを整えたこともユーザビリティの観点から良かったと思っています。最初は対面が良いと希望される方もいるので、最初だけ対面にして次回からは電話など一番使いやすい方法で利用いただければと思っています。最近は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点でスポットコンサル実施は電話・Webのみにしていますが、従来からWeb利用も多かったですし、特に問題なくサービス提供できています。

世界中に知見をつなぐことに挑戦していく

―新型コロナウイルス感染症は御社のサービスにどのような影響を与えたのでしょうか。

端羽:コロナの影響でデジタル化やリモート化が進み、企業の生産性は今より向上するのは間違いありません。そんななか、オンラインのスポットコンサルは、アドバイザーからすれば移動時間や場所に左右されないので知見を提供しやすくなります。依頼者としても効率的に業務を進める方法として、詳しい人から知見を借りる動きはますます当たり前になっていくと考えています。

―最後に、今後の事業展開について教えてください。

端羽ご登録いただいているアドバイザーの方々がもっと活躍できる機会を広げたいと思っています。そのためにも、1時間のスポットコンサルティング以外にも、オンラインサーベイや業務委託契約など協業スタイルの選択肢を増やしたいです。

宮崎:また、企業の中でスポットコンサルティングが起こるような仕組みの提供もしたいです。これからリモートワークが進むと、オフィスで「この仕事が得意な人はいますか?」と一斉に聞いたりできなくなります。そうなっても社内にどんな知見があって誰が得意なのかがわかり、簡単にmtgの設定などできれば効率的に仕事が進められると思うのです。

さらに、これまで蓄積してきたユーザーから受けた依頼内容やその結果マッチングしたアドバイザーの情報などを元に、課題解決に繋がる精度の高いマッチングを、我々からユーザーに提案する機能も開発しています。

端羽​:私は、ビザスクを通して世界中の知見を繋ぐことに挑戦しています。その思想の根底にはスティーブ・ジョブズがスピーチで語った「Connecting The Dots」の考え方があります。今自分が取り組んでいることは点に見えるかもしれないけど、後から振り返れば線になるという考え方です。まさに今自分の人生を振り返ってみると、今を築くため、全ての経験が繋がっていたなと思います。

ただ、点は自分の人生の中だけで探す必要はないと思います。誰かの点が自分の点と結びつき、線になることもあると思うのです。そんな「Connecting The Dots」を世界規模で起こしていくのが我々の目標です。
端羽 英子
株式会社ビザスク 代表取締役CEO
東京大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券にて投資銀行で企業ファイナンスに携わるも妊娠出産のため1年で退職。米国公認会計士資格を取得、日本ロレアルにて予算立案・管理を経験した後、マサチューセッツ工科大学に留学しMBAを取得。ユニゾン・キャピタルにてPE投資に5年間携わった後、2013年10月に「世界中の知見をつなぐ」をビジョンに掲げる、ビジネス領域に特化したスキルシェアプラットフォーム「ビザスク」を立ち上げる。
宮崎 雄
株式会社ビザスク CEO室室長 兼 ビザスクlite事業部事業部長
2006年よりリクルートグループに入社後、営業・新規事業開発などを経て、リクルートホールディングス、リクルートジョブズの経営企画部門の責任者として従事。2019年4月よりビザスクへ参画し、マーケティング活動を通じた顧客基盤の拡大を推進中。

人気記事

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 前編は山本社長が社長に就任した経緯、2000年以降業績が落ち込んだ原因の分析、そして現在進行中の新しい売り場づくりの施策などについてお話をうかがいます。

山口周氏に訊く、アフターコロナで企業と個人の関係はどう変わるか。

山口周氏に訊く、アフターコロナで企業と個人の関係はどう変わるか。

新型コロナウイルス感染症の規制緩和が進むなか、オフィス勤務に戻る企業やリモートワークを続ける企業、リアルとリモートのハイブリット型を試みる企業など、会社や経営者の考え方の違いによって、働き方はより多様化してきています。一方で、いずれかの働き方を決定しても、そのスタイルで果たして本当によいのだろうかと思案する経営者も多いようです。 従来のオフィスワークとリモートワークという二つのスタンダードが両立する時代において、人々の生き方・働き方、そして企業と個人の関係はどのようになっていくのでしょうか? 仕事や働き方について数多くの著書を持ち、アートや哲学にも造詣の深い山口 周氏に、デジタルホールディングス グループCHRO(最高人事責任者)を務める石綿 純氏がさまざまな視点からお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 後編は総合スーパーならではの売り場づくりの工夫、各社が黒字化に苦悩するネットスーパー戦略、イトーヨーカドーが目指す地域インフラの姿、社会課題の解決についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

2022年3月24日から27日の期間に開催された「メタバースファッションウィーク(※)」に、日本のファッションブランドとして唯一の参加を果たした「アンリアレイジ」。昨年公開された映画『竜とそばかすの姫』では主人公すずのアバター「ベル」の衣装をデザインしたことで大きな話題を呼びました。さらに同年に開催された2022年春夏のパリコレクションでは、その手がけた衣装をリアルとバーチャルの世界で作品として発表するなど、既存のファッションの枠組みにとらわれない活動で業界に新たな風を吹き込んでいます。前編では、ファッション産業とメタバースの関係を軸に、バーチャル上での服づくりの難しさや、NFTが持つ価値の源泉についてなど、デザイナー 森永 邦彦氏のファッション観に着目して多方面からお話を伺いました。 ※ メタバースファッションウィーク:VRプラットフォーム「ディセントラランド」を舞台に開催されたファッションイベント。「ドルチェ&ガッバーナ」、「エトロ」、「トミー ヒルフィガー」など人気の50ブランドが参加した。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

「ユニコーン企業」――企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は人気オンラインゲーム「フォートナイト」を運営する「Epic Games(エピック ゲームズ)」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。