トップインタビュー

テレワークで家庭の電力消費量は2倍にも!? ENECHANGE(エネチェンジ)に聞く、電気料金見直しのポイントと、これからの業界のあり方。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で家庭や企業での電力事情が大きく変化しています。例えば、人が家にいる時間が長くなり一般家庭の消費電力量が増えた一方、大量の電力を消費していた大型施設や工場の稼働が減少するなど、世の中全体で見ると消費電力の総量は大幅に減っています。

そこで今回は、家庭向け電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」や、電力小売事業者向けにDXサポートを提供するENECHANGE株式会社にお話を伺いました。一般家庭にどんな影響があるのか、これからの電力業界はどう変わっていくのか、同社の代表取締役CEOをつとめる城口洋平氏にお話を伺いました。

※ENECHANGEのデジタルシフトへの取り組みについては過去記事もご覧ください!
https://digital-shift.jp/top_interview/191029

ざっくりまとめ

・緊急事態宣言下、社会全体の電力消費量が過去類を見ないレベルで落ち込んだ
・電気の需要が減少した影響もあり電気の市場価格が大幅に下落
・各電力会社がキャッシュバックや日中割引など様々なプランを提供している
・新型コロナ感染症の影響を受け、電力会社のDXソリューションへの需要は高まっている
・電力業界には過去に捉われず、現状を分析し、未来を描く力が求められるようになった

テレワークで家庭の電力消費量は倍に、法人の消費電力は半分以下に減少

―まずは、新型コロナウイルス感染症が人々の電力消費量にどのような影響を与えたのか教えてください。

一般家庭では、テレワークなどで家にいる期間が長くなったことにより電気使用量が約1.5倍に、テレワーク時間帯あたる午前9時から午後6時の間では約2倍に増えています。1カ月の電気代は4人家族のご家庭で平均10,000円程度なのですが、その金額も1.5倍程度増えています。

逆に法人の電気使用量は特殊な業界を除き、平常時より50%〜80%減りました。どの会社もほぼ営業ができない状態にあっても、最低限の電気代がかかり続けている状態です。

総じて、一般家庭でも法人でも電気代に関する意識が高まっています。電力会社の見直しも進んでおり、弊社へのお問い合わせは例年の倍ぐらいに増えています。

テレワークには「昼間の電気料金が安くなるプラン」の検討を

―電気代を見直す場合、まず何から始めれば良いでしょうか?

一般家庭の場合は、まずシンプルに、契約している電力会社を見直すのが良いと思います。最近は、2万円のキャッシュバックなどキャンペーンを行う会社が多く出てきています。年間の電気代が10万円だとすると、電気代の削減額と合わせて20〜30%の割引になるので、節約を考えるご家庭にとっては、結構大きいのではないでしょうか。

また、在宅応援として、昼間の電気料金が安くなるプランなどもあります。電気料金の場合は、最低契約期間などの縛りがなく違約金が発生しないことが多いので、少しでも安くなるならば、一時的な切り替えでも他社を検討するのは良いと思います。

電気代を抑えるための他の手立てとしては、細かい節電の積み重ねがあります。エアコンの温度設定を1℃高くしてみる、省エネ効果の高い家電に買い替える、照明をLED照明に変えるなど、使い方の工夫や、古い家電の見直しを行うと良いでしょう。

ーなぜ電力会社は今、キャンペーンや値下げを行っているのでしょうか?

工場や大型施設が止まるなどで、世界的に消費電力が落ち込んでおり、原油価格が下がっている影響が大きいのだと思います。一時的に原油価格がマイナスになったこともありました。また、季節的に太陽光発電による発電量が増え電力全体の供給量が増える中、電力需要が全体的に落ち込んだこともあり、電力の市場価格に安値がついたことも電力会社の原価圧縮に繋がっています。

電力会社からすると今はある種、顧客獲得のチャンスとも言えます。仕入れ原価が安ければ利益が出ることに加え、コロナ禍の影響で電力会社の見直しをするご家庭が増えているからです。だからこそこの時期にキャンペーンを打ち、新規顧客獲得をしようと動いている会社が多いのです。

ーキャンペーンなどを賢く使うには何をすれば良いでしょうか?

テレワークをされている方は、日中に電気代が安くなるプランを活用し、洗濯や掃除など家電を使う作業を日中に固めてやってしまうのも手だと思います。それ以外にも、電力会社によってはキャンペーンと合わせて初年度で40%割引を実現しているところもあるので、上手く利用すれば、生活に必要な固定費を抑えることができます。

ー法人が電気代を安くしようと思った場合は何をすれば良いのでしょうか?

オフィスビルの場合は、電気代より賃料の方が削減幅が大きいので、働き方をテレワークに移行できるような企業であれば、まずはオフィスの縮小を検討するべきだと思います。

ホテルや旅館など、場所代を削減することができない業種の場合は、一般家庭と同じく、電力会社の見直しを検討するのが良いのではと思います。とはいえ、一般家庭の場合とは違い、いろいろな条件を踏まえたうえで個別に契約を結んでることが多いので、場合によっては電力会社への交渉が必要になってきます。こうしたケースでは、ご相談を頂き、法人の代わりに我々が電力会社に交渉をする事例も増えています。

問い合わせ数の激増に対応すべくDX化を推進

ーENECHANGEさまとしては、近年の社会の変化により、どんな変化があったのでしょうか?

大きく3つの変化がありました。

1つ目は先ほどもお伝えしましたが、例年に比べ圧倒的にご家庭からの問い合わせが増えたことがあります。その状況に対応するため、これまでも取り組んできたことではあります が、よりスピーディにサービスのデジタル化を進めました。一般的に電気やガスの契約を完了させるまでには、提携店を含めた店舗での営業、契約の締結に必要な書類の往復、など、対面を含め人海戦術で行う業務が多くありました。

パートナー企業経由での申込みの取り次ぎ業務などのフローなども、これまで以上にオンラインで電気やガスの契約に関わる全ての手続きが完結できるよう、プラットフォームの整備を進めました。

電力会社のDXサポート数も増加

2つ目は、電力会社さまからDXサポートに関するお問い合わせが増えたことがあります。こちらも前年比で倍以上の数になりました。電力やガス業界は長らく規制産業で、法律によって値段の決め方や取引の仕方が決まっていました。それに伴って、デジタル化が非常に遅れている産業でもあります。

そもそも、電力会社は、電気事業法に基づき「総括原価方式」で電気料金を算出していました。発電所の建設や電線の敷設とそれらの保守にかかる費用、電力販売費、人件費などすべての費用を算出し、それに一定の報酬を上乗せした金額を電気料金として販売していたのです。常に一定の利益が保証されるため、コスト削減のためにデジタル化という発想がなく、むしろ、たくさんの雇用を行うことで、地域を支える役割を担うのだという思想も強くありました。

しかし、電力の自由化を皮切りに、新規参入企業との競争が起こるようになり、業務効率化のためのデジタル化が求められるようになりました。その傾向は新型コロナウイルス感染症の流行でますます加速しています。

例えば、手続きに必要なあらゆる連絡を電話に頼り切っている状況があり、引越しに伴う解約・開始の手続き、、契約アンペア数の変更や料金プラン変更などの契約内容変更の手続きの多くをコールセンターで対応しているというのが現状です。しかし新型コロナウイルス感染症の影響で三密を防ぐため、コールセンターの人員を削減する必要があり、電話が圧倒的に繋がりにくくなっていました。そこで、ユーザーに対するコミュニケーションをLINEのようなコミュニケーションアプリを活用するなど、Webで完結できるシステムづくりに着手する電力会社が増えています。

オフィスを縮小しフルリモート体制へ移行

3つ目は私たち自身の働き方をデジタル化したことです。東京都が緊急事態宣言を出した翌3月26日から全社員フルリモートに切り替え、オフィスも約半分に縮小しました。宣言が解除されてからも、最大でも週2日の出社でよい体制を作り、続けたいと思っています。他にも、契約書等の押印を原則廃止したり、セミナーをオンライン化したりとさまざまな取り組みを行っています。切り替えやデジタル化支援の問い合わせ数は増えていますが、新しい体制でも問題なく仕事ができています。

お客さまに対してDXをご提供しているなかで、我々自身も率先して変わっていかなければ説得力がないと考えています。だからこそ、業界の中でも先陣を切り、デジタル化を進めていきたいと思っています。

これからも、業界全体のDXへ貢献したい

ーこれから電力サービスはどのように変化していくのでしょうか。

電力・ガス業界では、自由化の中で生き残るためにはデジタル化するしかないということは、もはや共通認識になっています。さらに、新型コロナウイルス感染症の流行により、よりその傾向は加速していると言えます。そんな今の状況に、対応できているのかそうでないかで大きく差が付いてきているのも事実です。

また、発電会社も電力の販売会社も、過去にとらわれず現状を正しく分析し、これからの戦略を決める力が求められているのだと思います。これまで、電力業界では過去のデータを踏襲し、発電量や電気代を決めていました。しかし今、電力消費の傾向は前例のない状態で、過去のデータが通用しなくなっています。だからこそ、各家庭での使用電力など、現状の数字を正しく分析し、人々は今どんな生活をしているのか、第二波が来た場合どうなるのかなど、予測する必要があるのです。

我々は、電力自由化に伴って市場を段階的に拡大してきました。比較サイトからスタートしましたが、自由化2年目からは電力業界のデジタル化を加速させるため、電力会社さまのDXサポート事業にも着手し始めました。そんななか、外的要因によりデジタル化の波が一気に押し寄せ、会社として目指していた方向に業界が変革しつつあります。今後も、我々自身が率先して変化し続け、業界全体のDXに貢献していければと思っています。

HPはこちら:https://enechange.jp/
城口洋平(きぐち・ようへい)
ENECHANGE株式会社
代表取締役CEO

東京大学法学部卒、ケンブリッジ大学工学部博士課程(現在、休学中)。ケンブリッジ大学在学中に電力データに関する研究所を設立。その研究成果をもとに、ENECHANGE株式会社(日本)とSMAP ENERGY社(イギリス)を創業。世界のエネルギー革命を加速させるべく、エネルギーデータのプラットフォーム企業として事業を推進する。2017年「Forbes 30 Under 30 Europe」 に日本人として初選出される。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

地域活性化や地方創生という言葉が聞かれ始めて久しい昨今。UIJターン移住者に向けて補助を行っても、少子高齢化などの課題改善が難しい地域もあります。そんな多くの自治体が抱える課題に「旅」という側面からアプローチをするのが、プラットフォーム「おてつたび」です。「お手伝いをして賃金を得ながら旅がしたい」と考える方と、「人手不足を解消しながら地域の魅力を伝えたい」と考える地域の方々をプラットフォーム上でマッチングすることで、地域の課題解決や活性化に貢献しています。 今回は、おてつたびを運営する、株式会社おてつたびの代表取締役 CEOである永岡 里菜氏に、お手伝いをしながら旅をすることが地方や人々に与える価値、今後おてつたびが地方創生に対して担う役割についてお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

クリエイター支援プラットフォーム「Patreon(パトレオン)」〜海外ユニコーンウォッチ #9〜

クリエイター支援プラットフォーム「Patreon(パトレオン)」〜海外ユニコーンウォッチ #9〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回はクリエイターを支援するプラットフォームサービスを提供する「Patreon(パトレオン)」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。