トップインタビュー

家族向け写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」は、なぜ高齢者のデジタルシフトの成功事例になり得たのか? ミクシィ会長笠原氏に直撃。

核家族が増え、3世代同居率がどんどん減少する中で起こった新型コロナウイルスの感染拡大。離れて暮らす親としばらく会えていない、子どもの顔を見せられていないという方も多くいらっしゃると思います。そんな中、利用するユーザーである子育て世代・その親世代の間でコミュニケーション量が増大しているのが、株式会社ミクシィのVantageスタジオが提供する家族向け写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」(以下『みてね』)。子育て世代向けのアプリと捉えている人も多いかもしれませんが、実はその親にあたる高齢者世代の利用率が非常に高いアプリとしても知られています。今回はそんな『みてね』の創業者である笠原 健治氏にインタビュー。コロナ禍において『みてね』が果たした役割から、高齢者の方に使ってもらえるアプリをつくるポイント、高齢化社会におけるデジタルテクノロジーの役割まで、たっぷりと語っていただきました。

ざっくりまとめ

- コロナの影響で世界的にユーザーのコミュニケーション量が増加。背景には「日常を共有することで互いに安心を提供し合いたい」という心理が。
- 2015年のリリース以来、祖父祖母世代へのスマホ浸透も追い風としてサービスを拡大。全世代を対象にしているからこそ、UXが大事。
- 単に写真や動画を共有するだけでなく、離れて暮らす家族がコミュニケーションできる場であるとともに、互いを「見守る」役割も担っている。
- 『自律型会話ロボットRomi』や『みてねみまもりGPS』などを展開し、高齢者のコミュニケーションをモチベートするテクノロジー活用を。

「会えない」状況から、国内外でコミュニケーション量が急増

——昨年は新型コロナウイルスの感染拡大によって、社会にさまざまな変化が起きた年でした。『みてね』にとって、2020年はどのような1年でしたか?

まず大きなトピックスとしては、昨年の8月に国内外の総ユーザー数が800万人を突破したことが挙げられます。ただしユーザー数の伸び率自体は、昨年以前までと大きくペースが変わったわけではありません。むしろ新型コロナウイルスとの関連性がみられるのは、『みてね』内のコミュニケーション量の増大です。

たとえば2020年1月と5月を比較すると、写真や動画の共有による家族のコミュニケーション量(『みてね』内のコメント数)は約1.6倍に、海外では2020年1月と7月を比較すると約2倍に増えています。

タイミングでいうと、まずは欧米、特にアメリカがロックダウンに突入した瞬間に、海外全体のコメント数が大きく跳ね上がりました。日本はそれよりもやや遅れて、4月の緊急事態宣言の発令をきっかけに、やはりコメント数が伸び始めた。それから今日まで、家族で活用されている方のアクティブ率は(週に1度以上『みてね』を使うユーザーの割合)は約8割と、高い水準を維持しています。

——コロナ禍が生み出した「物理的に会えない」という状況が、ユーザーの利用を促したのでしょうか?

あくまでも実感ですが、そうした側面はあると思います。アップロードされる写真や動画の傾向にも変化があったように感じています。今までは、週末にアップロードされることがより多かったのですが、平日も変わらないくらいアップロードされるようになりました。ユーザーの声から推測すると、これまでは週末のお出かけなど「ハレの日」を撮影したものが中心だったところが、コロナ禍以降は、何気ない日常のワンシーンを撮影した動画や写真の共有が増えているのではないかと思っています。もちろんそれは外出が制限されたことが要因として考えられるのですが、やはりこのような状況のなか、「日常を共有することで互いに安心を提供し合いたい」という心理も働いたのではないでしょうか。

ロックダウンのなかで子どもが生まれたのだけれど、夫婦以外の親族には会わせることができない、という方も非常に多いようです。そんななか『みてね』があるから、新しく生まれた子どもの様子を日常的に共有できるし、祝福の言葉もかけてもらえる。特に0歳児は本当に、日に日に成長していく時期なので、ちょっとした変化を共有できるのが嬉しいという声をいただいています。

「1秒動画」が人気沸騰。紙のアルバムではできない体験が鍵に

——運営側としてはコロナ禍において、何か特別な対応があったのでしょうか?

卒園・入学シーズンに合わせて、有料会員(「みてねプレミアム」加入者)のみに限定していた3分以上の動画を投稿する機能を、無料会員にも開放しました。2020年は、卒園式や入学式への参加制限がかかった地域もたくさんありましたよね。そんななかで、せめて『みてね』のなかでだけでも思い出を共有しやすくして、コミュニケーションをとっていただければと思っての判断です。

——動画といえば、『みてね』の機能のなかでは「1秒動画」がとても人気だと伺いました。

ありがたいことにご好評をいただいています。「1秒動画」はある一定期間に共有された動画や写真を少しずつつなぎ合わせて、自動で一本の動画を作成する機能です。短時間でお子さまの成長を一気に振り返ることができる点に、皆さん魅力を感じてくださっているようで、思わず涙ぐんでしまった、なんて声もよくお聞きします。

「1秒動画」のようなリッチな動画コンテンツを手軽に楽しむというのは、紙のアルバムの時代にはなかなかできなかったことですよね。ビデオカメラやパソコンが普及してからも、動画を編集して共有するとなると、それなりの労力がかかっていたはずです。みてねの「1秒動画」ならいいシーンだけを集めた動画を自動で作ってくれます。

また、写真や動画の撮影自体もスマホのカメラの性能が良くなったことで、今ではスマホで撮影して、スマホで共有できてしまう。スマートフォンというツールが一般に広く普及したことも、『みてね』が多くのユーザーに使っていただける一つの要因だと感じています。

——『みてね』がリリースされたのは2015年。スマートフォンが世代を超えて普及しはじめたタイミングだったように感じます。

仰るとおりで、まさに2015年からの6年間というのは、祖父祖母世代の皆さんがガラケーからスマホへと乗り換えはじめた時期だったと思います。それが『みてね』にとって追い風になったことは間違いありません。逆に『みてね』を使いたいから、ガラケーからスマホへ乗り換えた、なんてお話もよく伺います。

スマートフォンという新たなガジェットに最適化したアプリによって、まるでリビングで一緒に紙のアルバムを眺めているように、子どもの成長をいつでもどこでも家族みんなで共有できる。それこそが『みてね』が提供する新しい体験なのだと考えています。

「こんなに簡単なんだ!」ご高齢の方の「成功体験」になるようなUXを

——UXについてはどのようにお考えですか? 高齢者の方も頻繁に利用されるアプリならではの工夫があれば教えてください。

まずは大前提として、どの世代の方にも好感を抱いていただけるような洗練されたUIでありたいと常に心がけています。その上で、高齢者の方への配慮ということでいえば、「いかに直感的に操作できるか」という点にかかってくるかと思います。

世の中にはさまざまなアプリケーションやWebサービスがありますが、ユーザー登録やログインでつまずいてしまう方は少なくありません。利用規約がとても分かりづらい所に表示されていたり、記号を混ぜた複雑なパスワードが要求されたりして辟易したという方は少なくないのではないでしょうか。

特に高齢者の方は、一度そういう失敗体験をするとスマホ自体を敬遠してしまうこともあります。だからこそ『みてね』では、利用開始にあたってのハードルは可能な限り排除しました。IDやパスワードを登録せずに利用できるようにしているのは、そのためです。使い方もシンプルに、アプリを開いたら、ぱっとアルバム画面が表示されるようにしています。

先ほども述べたように、『みてね』はスマホを使い始めた高齢者の方が、最初にインストールするアプリの一つです。だから『みてね』が「スマホって、こんなに簡単で便利なんだ」という成功体験になれば嬉しいですね。それは高齢者の方も含めた社会全体のデジタルシフトにおいても、ポジティブな影響になるはずです。

mixi足あと機能を踏襲した『みたよ履歴』は互いに見守る役割も担う

——「お孫さんとコミュニケーションしたい」というモチベーションがあれば、皆さん使い方を覚えることにも積極的になれそうですね。

そうですね。小学生くらいになると、お子さんが直接コメントを返してくれたりもするので、それが嬉しくてついつい何度も返事をしてしまう、なんて声も伺っています。

そうそう、よく「おじいちゃんおばあちゃんがアルバムを作って、息子・娘に共有してもいいのですか?」というご質問があるのですが、私たちとしては大歓迎です。たしかに本来は子どもの写真や動画を共有することを前提にしたアプリで、1秒動画などもそこに特化した機能ではあるのですが、ユーザーの皆さんが互いに共有したい写真があるのであれば、どうぞ自由にお使いいただいてかまいません。

——祖父祖母世代の方から写真が送られてくると、父母世代の方は「元気にやってるんだな」と安心することもできそうですね。

そうなんです。実は「みたよ履歴」という機能もその役割を担っていて。mixiの足あとではないですが、『みてね』では家族同士で最終アクセス時間が分かるようになっているんです。私自身も『みてね』を使っているのですが、父や母が何日もログインしていないと少し心配になりますし、逆に30分前とかにログインしていると「今日も元気に過ごせているんだな」とホッとします。だから『みてね』は実は、コミュニケーションを促すだけではなく、互いを見守る役割も担っているのだと感じています。

次はロボット!?高齢化社会におけるテクノロジーの役割とは

——『みてね』の今後の展望を教えてください。

去年リリースした機能の一つに、兄弟が一緒に写った写真などに対して、子どもごとに自動でタグ付けをする機能があります。これがあるとお兄ちゃんならお兄ちゃんで、子どもごとに簡単にアルバムを見られたり、つくれたりするようになる。子育ての時期ってとても忙しいので、極力お父さんやお母さんのストレスにならないよう、ユーザーの利便性は引き続き高めていきたいと思います。

また直近では『みてねみまもりGPS』というサービスを3月8日にリリースしました。お子さまに小さなGPS端末を持たせるだけで、スマホからいつでも位置を確認できるサービスです。これもいずれは高齢の方の見守りにも活かせるかもしれません。
『みてね』を通じて、ギフトのレコメンドを実施する「みてねギフト」というサービスも開始しています。特にこのサービスを活用していただいているのは、やはり祖父母世代の方々。お子さまの年齢に合わせて「今はこんなプレゼントがおすすめですよ」と表示されるので、プレゼント選びがスムーズになったと好評です。プレゼントが届いたら、それで遊ぶ子どもの様子を動画や写真におさめて『みてね』で共有し、おじいちゃんやおばあちゃんがコメントを返す。そんな風に、家族内でのコミュニケーションを活性化させるサービスになれば幸いです。

——高齢者がコミュニケーションのモチベーションを失わないように、テクノロジーをどのように活用していくべきなのかという視点は、高齢化が進む日本において、とても重要だと感じました。

仰るとおりですね。弊社が4月21日に一般販売を予定している自律型会話ロボットRomi(ロミィ)にも、そうした課題意識があります。Romiは、あらかじめ返答が登録されている一般的なコミュニケーションロボットとは違い、最新の会話AIがその都度会話を作り出していく、まったく新しい会話ロボットです。

何を話すのか予想できない、まるで人と話しているかのようなコミュニケーションができるRomiを、ひとり暮らしの高齢の方にはぜひ使っていただきたい。それと同時に『みてね』を使って、離れて暮らす家族ともコミュニケーションを重ねていく。そんな未来を想像しています。
笠原 健治
株式会社ミクシィ 取締役会長

1997年、大学のゼミで学んだITビジネスのケーススタディや、当時米シリコンバレーにおけるインターネットサービスの興隆に触発され、同年11月、求人情報サイト「Find Job !」を開始。1999年6月に法人化し、代表取締役就任。2004年2月、ソーシャル・ネットワーキング サービス「mixi」を開始。2006年2月、社名を「株式会社ミクシィ」と変更し、同年9月にマザーズ市場に上場。2013年6月、取締役会長就任(現任)。2015年4月より「家族アルバム みてね」を開始。2020年6月よりAIロボット「Romi」を先行販売開始。「家族アルバム みてね」は日本語、英語など6言語で展開し、世界で800万人を超えるサービスとなっている。

人気記事

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

求めるのは「DXでビジネスを変革できる」人材。社員900名から応募殺到の人気を誇る、大和証券の本格的デジタル人材育成制度を徹底解剖

求めるのは「DXでビジネスを変革できる」人材。社員900名から応募殺到の人気を誇る、大和証券の本格的デジタル人材育成制度を徹底解剖

コロナ禍で企業が生き残っていくために欠かせないDX。しかし一言でDXと言っても、それを進めていくデジタル人材の不足に悩む企業が多く、国も企業も、いかにデジタル人材を育てていくかが最大の課題となっています。そんな中、将来のビジネス環境の変化を見据え、コロナ前から着々とDX人材の育成に取り組んでいる企業の一つが大和証券です。 大和証券は、デジタル技術を活用し、ビジネスを変革できる人材を育成する体系的な制度として 「デジタルITマスター認定制度」を2019年からスタートさせ、全社員を対象に募集しています。初回の応募者は想定を大きく超える900名。全社員の1割を超えていたそうです。それほどまでに社内の注目を集めた制度はどんなもので、どうつくられたのか。また大和証券は、このデジタルITマスター認定制度で、どのようなDX人材を育て、どう活かそうとしているのか。大和証券 執行役員 板屋 篤氏に、10年後を見据えた展望についてお話を伺いました。

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。