トップインタビュー

家族向け写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」は、なぜ高齢者のデジタルシフトの成功事例になり得たのか? ミクシィ会長笠原氏に直撃。

核家族が増え、3世代同居率がどんどん減少する中で起こった新型コロナウイルスの感染拡大。離れて暮らす親としばらく会えていない、子どもの顔を見せられていないという方も多くいらっしゃると思います。そんな中、利用するユーザーである子育て世代・その親世代の間でコミュニケーション量が増大しているのが、株式会社ミクシィのVantageスタジオが提供する家族向け写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」(以下『みてね』)。子育て世代向けのアプリと捉えている人も多いかもしれませんが、実はその親にあたる高齢者世代の利用率が非常に高いアプリとしても知られています。今回はそんな『みてね』の創業者である笠原 健治氏にインタビュー。コロナ禍において『みてね』が果たした役割から、高齢者の方に使ってもらえるアプリをつくるポイント、高齢化社会におけるデジタルテクノロジーの役割まで、たっぷりと語っていただきました。

ざっくりまとめ

- コロナの影響で世界的にユーザーのコミュニケーション量が増加。背景には「日常を共有することで互いに安心を提供し合いたい」という心理が。
- 2015年のリリース以来、祖父祖母世代へのスマホ浸透も追い風としてサービスを拡大。全世代を対象にしているからこそ、UXが大事。
- 単に写真や動画を共有するだけでなく、離れて暮らす家族がコミュニケーションできる場であるとともに、互いを「見守る」役割も担っている。
- 『自律型会話ロボットRomi』や『みてねみまもりGPS』などを展開し、高齢者のコミュニケーションをモチベートするテクノロジー活用を。

「会えない」状況から、国内外でコミュニケーション量が急増

——昨年は新型コロナウイルスの感染拡大によって、社会にさまざまな変化が起きた年でした。『みてね』にとって、2020年はどのような1年でしたか?

まず大きなトピックスとしては、昨年の8月に国内外の総ユーザー数が800万人を突破したことが挙げられます。ただしユーザー数の伸び率自体は、昨年以前までと大きくペースが変わったわけではありません。むしろ新型コロナウイルスとの関連性がみられるのは、『みてね』内のコミュニケーション量の増大です。

たとえば2020年1月と5月を比較すると、写真や動画の共有による家族のコミュニケーション量(『みてね』内のコメント数)は約1.6倍に、海外では2020年1月と7月を比較すると約2倍に増えています。

タイミングでいうと、まずは欧米、特にアメリカがロックダウンに突入した瞬間に、海外全体のコメント数が大きく跳ね上がりました。日本はそれよりもやや遅れて、4月の緊急事態宣言の発令をきっかけに、やはりコメント数が伸び始めた。それから今日まで、家族で活用されている方のアクティブ率は(週に1度以上『みてね』を使うユーザーの割合)は約8割と、高い水準を維持しています。

——コロナ禍が生み出した「物理的に会えない」という状況が、ユーザーの利用を促したのでしょうか?

あくまでも実感ですが、そうした側面はあると思います。アップロードされる写真や動画の傾向にも変化があったように感じています。今までは、週末にアップロードされることがより多かったのですが、平日も変わらないくらいアップロードされるようになりました。ユーザーの声から推測すると、これまでは週末のお出かけなど「ハレの日」を撮影したものが中心だったところが、コロナ禍以降は、何気ない日常のワンシーンを撮影した動画や写真の共有が増えているのではないかと思っています。もちろんそれは外出が制限されたことが要因として考えられるのですが、やはりこのような状況のなか、「日常を共有することで互いに安心を提供し合いたい」という心理も働いたのではないでしょうか。

ロックダウンのなかで子どもが生まれたのだけれど、夫婦以外の親族には会わせることができない、という方も非常に多いようです。そんななか『みてね』があるから、新しく生まれた子どもの様子を日常的に共有できるし、祝福の言葉もかけてもらえる。特に0歳児は本当に、日に日に成長していく時期なので、ちょっとした変化を共有できるのが嬉しいという声をいただいています。

「1秒動画」が人気沸騰。紙のアルバムではできない体験が鍵に

——運営側としてはコロナ禍において、何か特別な対応があったのでしょうか?

卒園・入学シーズンに合わせて、有料会員(「みてねプレミアム」加入者)のみに限定していた3分以上の動画を投稿する機能を、無料会員にも開放しました。2020年は、卒園式や入学式への参加制限がかかった地域もたくさんありましたよね。そんななかで、せめて『みてね』のなかでだけでも思い出を共有しやすくして、コミュニケーションをとっていただければと思っての判断です。

——動画といえば、『みてね』の機能のなかでは「1秒動画」がとても人気だと伺いました。

ありがたいことにご好評をいただいています。「1秒動画」はある一定期間に共有された動画や写真を少しずつつなぎ合わせて、自動で一本の動画を作成する機能です。短時間でお子さまの成長を一気に振り返ることができる点に、皆さん魅力を感じてくださっているようで、思わず涙ぐんでしまった、なんて声もよくお聞きします。

「1秒動画」のようなリッチな動画コンテンツを手軽に楽しむというのは、紙のアルバムの時代にはなかなかできなかったことですよね。ビデオカメラやパソコンが普及してからも、動画を編集して共有するとなると、それなりの労力がかかっていたはずです。みてねの「1秒動画」ならいいシーンだけを集めた動画を自動で作ってくれます。

また、写真や動画の撮影自体もスマホのカメラの性能が良くなったことで、今ではスマホで撮影して、スマホで共有できてしまう。スマートフォンというツールが一般に広く普及したことも、『みてね』が多くのユーザーに使っていただける一つの要因だと感じています。

——『みてね』がリリースされたのは2015年。スマートフォンが世代を超えて普及しはじめたタイミングだったように感じます。

仰るとおりで、まさに2015年からの6年間というのは、祖父祖母世代の皆さんがガラケーからスマホへと乗り換えはじめた時期だったと思います。それが『みてね』にとって追い風になったことは間違いありません。逆に『みてね』を使いたいから、ガラケーからスマホへ乗り換えた、なんてお話もよく伺います。

スマートフォンという新たなガジェットに最適化したアプリによって、まるでリビングで一緒に紙のアルバムを眺めているように、子どもの成長をいつでもどこでも家族みんなで共有できる。それこそが『みてね』が提供する新しい体験なのだと考えています。

「こんなに簡単なんだ!」ご高齢の方の「成功体験」になるようなUXを

——UXについてはどのようにお考えですか? 高齢者の方も頻繁に利用されるアプリならではの工夫があれば教えてください。

まずは大前提として、どの世代の方にも好感を抱いていただけるような洗練されたUIでありたいと常に心がけています。その上で、高齢者の方への配慮ということでいえば、「いかに直感的に操作できるか」という点にかかってくるかと思います。

世の中にはさまざまなアプリケーションやWebサービスがありますが、ユーザー登録やログインでつまずいてしまう方は少なくありません。利用規約がとても分かりづらい所に表示されていたり、記号を混ぜた複雑なパスワードが要求されたりして辟易したという方は少なくないのではないでしょうか。

特に高齢者の方は、一度そういう失敗体験をするとスマホ自体を敬遠してしまうこともあります。だからこそ『みてね』では、利用開始にあたってのハードルは可能な限り排除しました。IDやパスワードを登録せずに利用できるようにしているのは、そのためです。使い方もシンプルに、アプリを開いたら、ぱっとアルバム画面が表示されるようにしています。

先ほども述べたように、『みてね』はスマホを使い始めた高齢者の方が、最初にインストールするアプリの一つです。だから『みてね』が「スマホって、こんなに簡単で便利なんだ」という成功体験になれば嬉しいですね。それは高齢者の方も含めた社会全体のデジタルシフトにおいても、ポジティブな影響になるはずです。

mixi足あと機能を踏襲した『みたよ履歴』は互いに見守る役割も担う

——「お孫さんとコミュニケーションしたい」というモチベーションがあれば、皆さん使い方を覚えることにも積極的になれそうですね。

そうですね。小学生くらいになると、お子さんが直接コメントを返してくれたりもするので、それが嬉しくてついつい何度も返事をしてしまう、なんて声も伺っています。

そうそう、よく「おじいちゃんおばあちゃんがアルバムを作って、息子・娘に共有してもいいのですか?」というご質問があるのですが、私たちとしては大歓迎です。たしかに本来は子どもの写真や動画を共有することを前提にしたアプリで、1秒動画などもそこに特化した機能ではあるのですが、ユーザーの皆さんが互いに共有したい写真があるのであれば、どうぞ自由にお使いいただいてかまいません。

——祖父祖母世代の方から写真が送られてくると、父母世代の方は「元気にやってるんだな」と安心することもできそうですね。

そうなんです。実は「みたよ履歴」という機能もその役割を担っていて。mixiの足あとではないですが、『みてね』では家族同士で最終アクセス時間が分かるようになっているんです。私自身も『みてね』を使っているのですが、父や母が何日もログインしていないと少し心配になりますし、逆に30分前とかにログインしていると「今日も元気に過ごせているんだな」とホッとします。だから『みてね』は実は、コミュニケーションを促すだけではなく、互いを見守る役割も担っているのだと感じています。

次はロボット!?高齢化社会におけるテクノロジーの役割とは

——『みてね』の今後の展望を教えてください。

去年リリースした機能の一つに、兄弟が一緒に写った写真などに対して、子どもごとに自動でタグ付けをする機能があります。これがあるとお兄ちゃんならお兄ちゃんで、子どもごとに簡単にアルバムを見られたり、つくれたりするようになる。子育ての時期ってとても忙しいので、極力お父さんやお母さんのストレスにならないよう、ユーザーの利便性は引き続き高めていきたいと思います。

また直近では『みてねみまもりGPS』というサービスを3月8日にリリースしました。お子さまに小さなGPS端末を持たせるだけで、スマホからいつでも位置を確認できるサービスです。これもいずれは高齢の方の見守りにも活かせるかもしれません。
『みてね』を通じて、ギフトのレコメンドを実施する「みてねギフト」というサービスも開始しています。特にこのサービスを活用していただいているのは、やはり祖父母世代の方々。お子さまの年齢に合わせて「今はこんなプレゼントがおすすめですよ」と表示されるので、プレゼント選びがスムーズになったと好評です。プレゼントが届いたら、それで遊ぶ子どもの様子を動画や写真におさめて『みてね』で共有し、おじいちゃんやおばあちゃんがコメントを返す。そんな風に、家族内でのコミュニケーションを活性化させるサービスになれば幸いです。

——高齢者がコミュニケーションのモチベーションを失わないように、テクノロジーをどのように活用していくべきなのかという視点は、高齢化が進む日本において、とても重要だと感じました。

仰るとおりですね。弊社が4月21日に一般販売を予定している自律型会話ロボットRomi(ロミィ)にも、そうした課題意識があります。Romiは、あらかじめ返答が登録されている一般的なコミュニケーションロボットとは違い、最新の会話AIがその都度会話を作り出していく、まったく新しい会話ロボットです。

何を話すのか予想できない、まるで人と話しているかのようなコミュニケーションができるRomiを、ひとり暮らしの高齢の方にはぜひ使っていただきたい。それと同時に『みてね』を使って、離れて暮らす家族ともコミュニケーションを重ねていく。そんな未来を想像しています。
笠原 健治
株式会社ミクシィ 取締役会長

1997年、大学のゼミで学んだITビジネスのケーススタディや、当時米シリコンバレーにおけるインターネットサービスの興隆に触発され、同年11月、求人情報サイト「Find Job !」を開始。1999年6月に法人化し、代表取締役就任。2004年2月、ソーシャル・ネットワーキング サービス「mixi」を開始。2006年2月、社名を「株式会社ミクシィ」と変更し、同年9月にマザーズ市場に上場。2013年6月、取締役会長就任(現任)。2015年4月より「家族アルバム みてね」を開始。2020年6月よりAIロボット「Romi」を先行販売開始。「家族アルバム みてね」は日本語、英語など6言語で展開し、世界で800万人を超えるサービスとなっている。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー後編では、ゲームと金融の融合で生まれたGameFiの歴史、そのGameFiが実際に解決したフィリピンの貧困問題、Web3時代のゲームと社会の関係などについてお話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

2022年3月24日から27日の期間に開催された「メタバースファッションウィーク(※)」に、日本のファッションブランドとして唯一の参加を果たした「アンリアレイジ」。昨年公開された映画『竜とそばかすの姫』では主人公すずのアバター「ベル」の衣装をデザインしたことで大きな話題を呼びました。さらに同年に開催された2022年春夏のパリコレクションでは、その手がけた衣装をリアルとバーチャルの世界で作品として発表するなど、既存のファッションの枠組みにとらわれない活動で業界に新たな風を吹き込んでいます。前編では、ファッション産業とメタバースの関係を軸に、バーチャル上での服づくりの難しさや、NFTが持つ価値の源泉についてなど、デザイナー 森永 邦彦氏のファッション観に着目して多方面からお話を伺いました。 ※ メタバースファッションウィーク:VRプラットフォーム「ディセントラランド」を舞台に開催されたファッションイベント。「ドルチェ&ガッバーナ」、「エトロ」、「トミー ヒルフィガー」など人気の50ブランドが参加した。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。