AI活用

リアル店舗の逆襲。日本の小売・流通業界の生存戦略とは

Amazonをはじめとする、アメリカのデジタルネイティブ企業によって様変わりする小売・流通業界。そんな中、アメリカではウォルマートがDXに注力し、コロナ禍においてもリアル店舗を活かした戦略で成長を遂げています。一方で、日本の小売・流通業界はどのように変化しているのでしょうか。
小売・流通業界にとってDXは、競争戦略ではなく生存戦略——。そんな危機感を滲ませるのは、リテールテック分野におけるDXをリードしてきた一般社団法人 リテールAI研究会の代表理事、田中 雄策氏だ。日本の小売・流通業界が抱える特有の課題とは何なのか。また今後、どのような変革を仕掛けていくのか。そしてリアル店舗は今後、どのように変わっていくのか。同研究会のテクニカルアドバイザーを務める今村 修一郎氏にもご同席いただき、お話を伺いました。

ざっくりまとめ

- 業界全体のDXを進めるには、経営者のリテラシー向上と企業間のデータ共有が必須。

- 業界共通商品マスタをオープンソースで提供することで、データの標準化を。

- 技術的にはリアルタイムかつ1on1での商品レコメンドも可能に。

- 店舗を広告メディアや物流の拠点に。リアルとECの融合で、購入体験を最適化。

AIは「未来の話(競争戦略)」から「生存戦略そのもの」に変化

——リテールAI研究会の設立は2017年と伺いました。そこから4年間で、小売・流通業界のDXを取り巻く状況には、どのような変化がありましたか?

田中:4年前の時点では、小売・流通業界にとってDXは競争戦略でした。Amazon Goの登場によって、リテールAIという分野に注目は集まっていましたが、それはまだどこか「未来」の話だった(一部流通では競争戦略として捉えられていた)わけです。けれど実際には、その未来は想像以上のスピードで現実のものになってしまった。言うまでもなく、この流れを加速させたのは新型コロナウイルスのパンデミックです。結果的に、今やDXは小売・流通業の「生存戦略」になっているといっても過言ではありません。

そもそもの大前提として、小売・流通業というのは、利益率の低いビジネスモデルです。その上、今後は少子高齢化の進行によって国内市場は確実にシュリンクしていくわけです。一方で、労働人口も減少するわけだから、人件費は高騰してしまう。こうした厳しい状況のなかで生き残っていくには、さまざまなIT技術を活用した効率化とDXを通じたデータの利活用が必要不可欠です。

——実際に小売・流通業界のDXは進んでいるのでしょうか?

田中:企業によって進捗に差はありますが、全体的には、まだまだ道半ばだと感じています。経営者の皆さまのDXに対する理解度も、いまだ十分とは言えません。やはりどうしても「ツール」に目がいってしまい、「それで何をするのか」という観点が抜け落ちてしまう。DXもAIも、あくまで手段です。私たちとしても、勉強会などを通じて、まずはそこをしっかりと理解していただくことを大切にしています。

一方で、小売・流通業の場合は、一社だけでDXを進めても、大きな成果を挙げづらいという構造的な問題も抱えています。一つの製品が売り場に並ぶまでにも、メーカーから卸、小売、物流までさまざまな企業がそこに関与していますからね。エコシステム全体のなかでデータ共有を進めていかなければ、真の意味でのDXは実現できません。ところが、この「企業間でのデータ共有」こそが、これまで非常に大きなボトルネックになっていたんです。

世界初! 業界共通商品マスタをオープンソースで

——なぜ企業間のデータ共有が進んでこなかったのでしょうか?

今村:とにかく日本の小売・流通業界は、事業者数が多いんです。例えば、食品メーカーに絞っても、統計上は3.5万社もある。JANコード(商品識別コード)を取得している企業となると10万社を超えると言われています。人口あたりの小売店の数も、アメリカの4倍はあるそうです。ここに卸や物流も関わってくるわけですから、とてつもない数のプレイヤーがひしめいているわけです。しかも、マーケットを独占するような巨大なプレイヤーも存在しません。小売業者では最大規模のAEONグループでさえ、マーケットシェアは7%程度。そのため業界全体で「データを標準化しよう」という動きが、どうしても生まれづらかった。

ただ、これを放置したままでは、いつまで経っても業界全体のDXが進みません。そこで私たちが開発を進めているのが、 業界共通商品マスタ「J-MORA」です。具体的には、プロジェクトに参画していただいた企業からマスタデータを提供していただき、それを元にしたデータベースの構築に取り組んでいます。現時点で参画企業は200社ほどですが、1年以内にこれを1,000社まで伸ばしていきたい。来年には、オープンソースでシステムの提供を開始したいと考えています。

——業界共通商品マスタがオープンソース化されることで、業界にどのような変化が生まれそうでしょうか?

今村:まずは業務の効率化です。他社のデータを使用する際に、データを変換する必要がなくなりますからね。マスタデータが共通化されれば、必然的に分析ツールの共通化も進むはずです。そうなればベンダーの開発コストも抑えられるため、汎用性の高いツールがより安価で手に入れられるようになる可能性が高い。スタートアップ企業のリテールテックへの参入も活発化するでしょう。

とはいえ、実際に「J-MORA」によってどのような変化が起きるのかは、未知数な部分も大きくて。オープンソースの共通商品マスタという試み自体が、世界的にも類を見ないものだからです。いずれにしても、まずはオープンソース化することで、より多くの企業に「J-MORA」を利用してほしい。それを呼び水として、小売・流通業界の課題を解決するイノベーティブなソリューションが生まれることを期待しています。

リアル店舗とECの融合が、購入体験を最適化する

——リテールテックの分野で、ほかに注目すべき技術や動向があれば教えてください。

今村:商品のレコメンド技術は、一気に進化していくはずです。最近、購入者自身がスマホで商品をスキャンする「レジゴー」や、ショッピングカートにバーコードリーダーが搭載された「スマートカート」など、レジでの待ち時間を短縮するためのサービスが普及しつつありますよね。これによって従来のPOSシステムでは取得できなかった、「購入者がどの順番で商品を手にしたのか」というデータが得られるようになった。

加えて今年に入って、データを分析するAIの側にも大きなブレイクスルーがありました。自然言語処理を応用することで、購入者の行動データから、次に手に取る商品を予測できるようになったのです。このAIをレジゴーやスマートカートと組み合わせれば、「次はきっとこれを買うだろう」と予測した商品のクーポンをスマホに表示させる、なんてこともできるでしょう。つまり、ECサイトで当たり前のように行われているリアルタイムかつ1on1のレコメンドが、リアル店舗でも可能になりつつあるのです。Amazonが20年かけて2兆円規模になったスピードの10倍ぐらいの速度で、オフライン店舗のオンライン化が進んでいます。

田中:リアル店舗のメディア化も、リテールテックの今後を語る上では外せないトピックです。今村さんが述べてくれたレコメンド技術は、そのままデジタルサイネージにも活用できるわけですから。広告メディアとしてのリアル店舗の存在感は、今後ますます高まるでしょう。将来的にはデジタルサイネージを広告枠として売買するようなビジネスモデルも可能になるはず。日本の広告費は6兆円とも言われていますから、これを何割かでも引っ張ってくることができれば、新たな収益の柱になるはずです。

ほかにもリアル店舗の活用方法はもっと検討されるべきです。アメリカなどで、すでに始まっているように、リアル店舗を倉庫として用いる事例も増えてくるはずです。もはやリアル店舗を増やせば増やすほど収益が上がるというチェーンストア理論は過去のもの。これからは今あるリアル店舗とECをいかに融合して、ユーザーの購入体験を最適化していくかが問われる時代になるはずです。

今村:同感ですね。コンビニやスーパーなどのリアル店舗は、新たな物流ネットワークの拠点としても機能するはずです。そうなればAmazonのように巨大な物流センターを設けなくても、効率的にユーザーへと商品を届けることができる。そうした新たな物流網を管理する上でも、やはりエコシステム全体でのデータの共有は欠かせません。「J-MORA」のような業界全体を巻き込むプロジェクトを積極的にリードし、リテールテックを加速することが、これからも変わらない私たちの使命です。
田中 雄策
一般社団法人 リテールAI研究会 代表理事

1955年9月生まれ。早稲田大学商学部卒。株式会社電通で六本木の東京ミッドタウン、日本橋、豊洲などの複合開発を手がける。2016年起業を経て2017年5月一般社団法人リテールAI研究会を立ち上げ代表理事に就任、今に至る。
今村 修一郎
一般社団法人 リテールAI研究会 テクニカルアドバイザー

マイクロソフト認定システムエンジニアの資格を日本最年少の16歳で取得。慶応義塾大学卒業後、P&Gジャパンに入社し、ビックデータ分析や機械学習関連の開発に従事。ディレクターとして日本のデータサイエンス部門を統括。P&Gと並行して、2017年よりリテールAI研究会に参画する。現在は今村商事代表取締役として、IT技術を駆使した小売・流通業界の改革に取り組む。

人気記事

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

立教大学ビジネススクール 田中道昭教授の熱血講義『世界最先端のデジタルシフト戦略』Vol.1 最速10分で商品が手元に。「ダークコンビニ」に学ぶ、未来のコンビニ像

立教大学ビジネススクール 田中道昭教授の熱血講義『世界最先端のデジタルシフト戦略』Vol.1 最速10分で商品が手元に。「ダークコンビニ」に学ぶ、未来のコンビニ像

コロナ禍で大きな打撃を受けている日本のコンビニ業界。その一方で、アメリカで生まれた「ダークコンビニ」は、コロナ禍において三密回避ができる新しいビジネス業態として注目されています。店舗を持たずに取扱商品を厳選して、オーダーが入れば30分以内という超短時間で商品を届けるサービスが支持を集め、いまでは各国で同業態が生まれているほど。そのターゲットは一般消費者のみならず、B2B業界にも拡大中です。三密回避が求められる時代において、コンビニはどのように変化していくべきなのでしょうか。アメリカの事例も踏まえながら、AIやDXを活用した未来のコンビニの姿について、GAFA等メガテック企業の戦略にも詳しい、立教大学ビジネススクール田中道昭教授に徹底解説いただきました。

出光興産CDOに聞く、レガシー企業DX成功の秘訣

出光興産CDOに聞く、レガシー企業DX成功の秘訣

ブリヂストンを経て出光興産へ。日本を代表する大企業二社のCDO(Chief Digital Officer)を歴任し、DXを推し進めてきた三枝 幸夫氏。これまで培ってきたレガシーを活かしながら、時代の最先端をゆくビジネスを創造するための秘訣は、どこにあるのだろうか。デジタルホールディングス代表取締役会長である鉢嶺 登氏が、これまでの三枝氏の仕事を振り返りながら、社内全体を巻き込んでDXを進めていくために押さえておくべきポイントについてお話を伺いました。

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

2021年3月10日に時価総額、約4兆円でニューヨーク証券取引所に上場したゲームプラットフォーム「Roblox(ロブロックス)」を知っているだろうか。月間ユーザーは1.6億人を超え、世界で大流行中のゲームプラットフォームだ。特に子どもたちに絶大な人気を誇り、アメリカでは16歳未満の子どもの約半数がプレイしていると言われている。 Robloxとは、なぜそれほどまでの人気を誇り、なにが魅力なのか。 Robloxの人気の秘密と、企業が今Robloxに注目すべき理由について、EntertainmentxFinancialをコンセプトに、投資を通じたエンタテインメント事業開発を支援する、EnFi株式会社の代表取締役 垣屋美智子氏にご説明いただいた。

累積導入2万件以上!デジタルマーケ初心者企業から圧倒的支持を得るSaaS徹底解剖

累積導入2万件以上!デジタルマーケ初心者企業から圧倒的支持を得るSaaS徹底解剖

コロナ禍の影響を受けて、これまで以上にデジタルマーケティングの重要性が高まる昨今。その一方、人材やノウハウの不足から、デジタルマーケティングの第一歩を踏み出せない中小企業も、少なくありません。そうした企業の担当者から、今、多くの支持を集めているのがクラウド型デジタルマーケティングツール「Cloud CIRCUS(クラウドサーカス)」です。指原 莉乃さんがカラフルな動物キャラを率いてサーカスの団長を務めるCMで覚えている方もいるかもしれません。「従来のSaaSとは設計思想から異なる」というそのツール群には、どんな魅力があるのでしょうか。クラウドサーカス株式会社の北村 健一CEOにお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。