DX戦略

これからの100年を見据えたデジタル時代の電子契約とは?クラウドサインが戦略とロードマップを発表

2015年にサービスを開始し、現在は導入社数が14万社を超えるまでに成長する、Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」。コロナ禍で「ハンコを押すためだけに出社」という商慣習の非効率が露呈したことにより、さらに注目を集めている。これから先、電子契約はどう変化していくのか。それを探るべく、弁護士ドットコムが1月21日に開催した新戦略発表会「これからの100年、新しい契約のかたち。」の模様をレポートする。

ざっくりまとめ

・契約締結のスピード化とコスト削減を実現できる「クラウドサイン」の導入企業は、2021年1月末時点で14万社以上、累計契約送信件数は400万件以上にのぼる。
・クラウドサインは、サービス開始当初より、電子契約を普及させるためには使いやすさが必須であり、あえて電子署名法に準拠した規格を採用せず、事業者が署名を代行して電子署名を行う「事業者署名型」契約を採用した。
・コロナ禍で、クラウド時代の電子署名法に対する新解釈を政府も発表し、「事業者署名型」に対応。
・クラウドサインは今後100年を支える電子契約インフラになるべく、「契約管理」「契約決裁」「実印の代替」に関する機能を追加予定。

明治から続く印章文化を変化させて、安心して利用できる契約インフラに

クラウドサインは、従来の「紙」と「印鑑」による契約作業をクラウドで完結し、契約締結のスピード化とコスト削減を実現できるWeb完結型のクラウド契約サービスだ。2015年にサービスを開始し、2021年1月末時点で導入社数が14万社を超えるまでに成長していると言う。

クラウドサインの電子契約機能には「いつ・誰が・どの契約に合意したのか」を証明するための電子署名とタイムスタンプが付与されており、契約書の証拠力を担保しながら、契約業務を円滑に進めることができる。

今回のコロナ禍において、電子契約サービスを導入していない企業は、緊急事態宣言下であっても押印するためだけに出社しなければならないケースがあり、思わぬところで非効率な日本の慣習が露呈してしまった。オフィスのDX化を進めるためには、まずはこういった足元の押印文化からの脱却が求められるだろう。

同社は今回、「契約をもっと早く・安全に。」から「これからの100年、新しい契約のかたち。」というタグラインに刷新したが、その背景には、明治から148年間続いてきた印章文化を新しい社会情勢にマッチした形に変え、クラウドサインを今後100年先でも安心して利用できるオルタナティブな契約インフラにしていきたい」という矜持がある。

あえて電子署名法に準拠した規格を採用せず、使いやすさを重視して電子契約の普及を目指したクラウドサイン

この25年の間で情報の伝達や保存の手段は、郵便・紙からインターネット・電子メールへと移り変わり、電磁的媒体やネットワーク、ディスプレイ上で取り扱われる情報が爆発的に増えている。

政府は電子契約を普及させたいという思いから、2001年に電子署名法に準拠した規格として「当事者署名型電子署名」を施行した。これは認証局と送受信者の間で、あらかじめ電子署名を取得していれば、民事訴訟裁判で「一定の証拠力を与える」というものであった。しかし、この方法にも課題が残っていた。

弁護士ドットコム株式会社 取締役 クラウドサイン事業本部長の橘 大地氏は「皮肉なことに認証局で電子署名を取得するには、実印と印鑑証明書、住民票が必要になります。証明の取得にも費用が平均1万円以上かかり、なおかつ1週間以上かかるというものでした」と語る。当事者署名型電子署名は、厳格な認証であるがゆえ、個人で普及するには至っていないのが実情だ。
そこで、あえて同社は電子署名法に準拠せずに「互いに同意していれば契約は成立する」という民法の原則に立ち返り、事業者が署名を記録して電子署名機能を持つ「事業者署名型(立会人型電子署名)」という契約のかたちを再発明して、5年前にクラウドサインをリリースしたという経緯がある。
その結果、PDFアップロード→メール通知→(先方)合意締結→自動保管という流れによって、わずか1分で契約を締結できるようになった。この方法であればリモートでも契約対応ができるため、上司が出張中でも契約締結可能となる。従来のビジネスが加速度的にスピードアップするという点で、まさにDXの文脈に寄り添うものだ。

もうハンコには戻らない。政府より発表されたクラウド時代の電子署名法に対する新解釈とは?

この事業者型の契約を採用したクラウドサインの契約者は、前述のようにすでに14万社を突破し、累計契約送信件数は400万件以上。(※2021年1月末時点)トヨタ自動車や三井住友銀行、サントリーホールディングスといった日本を代表する企業にまで採用されるに至った。とはいえ、クラウドサインは電子署名法に準拠しないチャレンジでもあったため、「電子署名法に則らなくて本当に大丈夫なのか?」という心配の声が聞かれたのも事実だった。

そのような状況のなかで、昨年から新型コロナウイルスが蔓延し始めた。橘氏は「我々が電子署名法をアップデートしなければならないという危機感を持っていたところに、昨年9月に政府からクラウド時代の電子署名法に対する新解釈(3条Q&A)が発表され、事業者署名型に真正性の推定効が示されました」と説明する。

今回の新解釈(3条Q&A)について、日本組織内弁護士協会の渡部 友一郎氏は、動画で次のようにコメントした。
同氏は「この新解釈が、クラウド型電子署名が法的に安心という、行政によるただのお墨付きのQ&Aの公表にすぎないという見解は誤解です。クラウドサービスができた20年前の古い法律が、今回の行政の解釈変更によって、実質的に法改正された、というのが正しい理解になります。かつて、クルマが決して馬車に戻らなかったように、契約インフラもクラウド契約からハンコに戻ることはないでしょう」と強調した。

そこで同社では、この電子署名法3条Q&Aの新解釈に沿って、高度な認証リクエスト機能をいち早く実現し、「2要素認証」のアップデートバージョンを昨年リリース。さらに新たな法制度と技術を活用し、今後100年を支える電子契約インフラになるべく、クラウドサインの新サービスロードマップも発表した。

クラウドサインに追加される3つの再発明~「契約管理」「契約決裁」「実印の代替」

橘氏は、このロードマップにおいて、3つの再発明として「契約管理」「契約決裁」「実印の代替」に関する機能を用意することを明言した。まだ世界中のどの電子署名サービスにもない機能や、新しいアプローチでの解決策も用意されていると言う。
まず一つ目に契約管理の再発明だが、契約締結した内容をどのように管理していくか?という点に配慮した機能をリリースする。

「契約書は通常とは異なる特殊な管理が求められ、法務だけでなく、事業部などが適宜閲覧できるように管理する必要があります。そこで契約に特化した新しい”キャビネット機能”を3月にリリースする予定です。」(橘氏)。

従来の書類管理サービスは、組織の階層構造に基づくフォルダ管理法が一般的だった。そのため、法務部に閲覧権限があって、その配下に存在する事業部などは閲覧しづらいという構造だったのだ。しかしキャビネット機能は、セキュリティを担保しながらも、1つのファイルに対し、さまざまな組織の部や課をまたいでフラットに紐づけて閲覧可能にすると言う。
二つ目に契約決裁の再発明とは、個人契約は自身で締結できるが、会社で結ぶ契約の場合は代表取締役や管理者が適切な権限に基づいて決裁しなければならない、という点に配慮したものだ。

クラウドサインは、社内稟議フローではなく、取引先と合意を結ぶためのサービスであり、誰が相手と契約を結ぶのかという点が重要となる。そこで、契約書類を受け取ったことを決裁者に知らせる「受信時ワークフロー機能」を年内に実装する予定とのことだ。決裁者を事前に設定することで、契約書類が自動転送され、その責任者が同意しなければ契約締結ができないという内部統制がかかる仕組みである。
「これまでクラウドサインでは、決裁権がないメンバーが契約書類を受信し、上長や法務の決裁なしに同意してしまうリスクがありました。これは世界中の電子契約サービスの共通課題でしたが、今回の受信時ワークフローという新しいアプローチによって解決できるのではないかと考えています」と、橘氏は説明する。

マイナンバーカード活用で、厳格な本人認証も可能に

最後に実印の再発明は、今回の最注目事項とも言えるものだ。従来の実印を用いた契約締結は、書類の手渡し・郵送→書類確認→押印・印鑑証明書を添付→書類送付・保管という流れだった。一方、クラウドサインでは、マイナンバーカードを活用することで、オンラインで完結できるデジタル時代の実印を再発明するという。
「まずメールやチャットでコミュニケーションを取り、スマホやPCで契約書の内容を確認します。さらに公的な証明として、マイナンバーカードに内蔵された電子証明書で本人を特定することで、すべてのプロセスがデジタルで完結できるのです」(橘氏)。

これによって事業者署名型のクラウドサインは、前出の当事者署名型電子署名に初参入することになり、マイナンバーカードによる厳格な本人認証が可能となるだろう。
同社では、「契約管理」「契約決裁」「実印の代替」という3つの主要機能をアップデートすることで、日本中で100年先まで続くような新しい電子契約インフラを築いていくという。同社のオフィスDXに対する果敢な挑戦に、引き続き注視していきたい。

人気記事

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月24日に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。前編では、高田社長自ら銀座Flagship店をご案内いただきながら、銀座の一等地に「保険を売らない」保険ショップをオープンさせた狙いや、Vitalityによって住友生命が実現したいビジョンについてお話を伺いました。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

2020年7月にオプトホールディングから社名を変更したデジタルホールディングス。従来のインターネット広告代理事業に代わり、企業のデジタルシフトを支援する事業を中核に据え、日本社会の挑戦の先陣を切り、社会のデジタルシフトを牽引する存在となっていくことを掲げています。 デジタルマーケティングの先進国アメリカでは個人情報を保護する法整備が進み、Web上でのクッキーの使用に大きな制限がかけられた結果、ウォルマートのような膨大な顧客データを持つ企業が自らメディア化する流れが生まれています。そんな中、日本の広告産業はどう変化していくのか。また企業のデジタルシフト事業を中核に据えたデジタルホールディングスはどう変化していて、変革の先にどんな未来を見据えているのか。元株式会社オプトの代表取締役社長CEOにして、現在は株式会社デジタルホールディングス 取締役 グループCOOを務める金澤大輔氏をゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、デジタル化が遅れていると言われ続けていた日本でも「デジタルシフト」「DX」という言葉を聞かない日はありません。しかし、その重要度や緊急度に対して、正しく認識できていない企業・経営者はまだ多いというのが現状です。 アメリカのコンサルティングファーム「イノサイト」によると、S&P500を構成する企業の平均寿命は年々低下してきており、2027年にはわずか12年になると予想されています。自動車に保険、ヘルスケアから不動産まで、GAFAをはじめとする巨大テック企業の影響を受けない業界は、今や皆無と言っても過言ではありません。あらゆる業種・業界が飲み込まれる「デジタル産業革命」待ったなしの現在、具体的にどのような手順、心構えでデジタルシフトに臨むべきなのか? 事業ドメインをデジタルシフト事業へと変更し、多くの産業・企業のDXを支援している株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長の鉢嶺 登氏は、「中途半端にDXに着手する企業は大抵失敗する」と語ります。

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

2020年7月、日本企業および日本社会におけるデジタルシフトの重要性と緊急性をいち早く捉え、社名変更によって「まずは自らが変わる」という大きな決断と意思を示したデジタルホールディングス。コロナ禍によりDXという言葉が世の中に浸透し、各企業がこぞって取り組みを進める中、彼らは企業単体のDXだけではなく、産業変革=IX(Industrial Transformation)を起こしていくという新たな構想を打ち出している。IXとは何を意味するのか。IXによって社会はどのように変わっていくのか。本来の意味でのDXが日本で進んでいない要因とIXへの想いについて、グループCEO野内 敦氏にお話を伺いました。

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。