FLASH NEWS

八十二銀行、AI自動音声翻訳機を接客ツールとして採用

八十二銀行は、SIMフリーAI自動翻訳機「ez:commu(イージーコミュ)」の導入を行い、6月24日より八十二銀行全店舗にて本格運用を開始した。
八十二銀行は、外国人材の受入・共生へ向けた社会的要請に応えるとともに、顧客の利便性向上と銀行業務の効率化を図るためAI自動翻訳機の導入を検討し、「ez:commu(イージーコミュ)」を採用した。

「ez:commu(イージーコミュ)」は、クラウド上の4つの翻訳エンジンにアクセスし、常に最新のボキャブラリーの中から翻訳を行う「オンライン翻訳機」で、異なる言語の人どうしが、通訳なしで意思疎通をはかれる双方型翻訳機。
【採用理由について】

外国人来店客の増加に加え、法令等により確認すべき事項も増加しており、外国語対応をする機会が増えている。そういった状況の中で、語学面で営業店担当者をサポートする方法を検討していた。

さまざまな製品・サービスがある中で、機器の操作性(使いやすさ)、音声入力時の音声認識精度、翻訳精度、費用面(初期費用・ランニング費用)などを総合的に判断した結果、本機器が最もふさわしいと判断し、採用することとした。
<製品概要>

「ez:commu」は48言語に対応した音声翻訳デバイス。4つの翻訳エンジンに同時アクセスし、AIが訳を比較し判断することで高い翻訳精度を実現した。対面での翻訳だけでなく、「ez:commu」を持っている複数の人がそれぞれ異なる国にいながら、それぞれの言語でグループ翻訳を行うことができる。

例えば、海外のクライアントとの会議で、「ez:commu」を使って翻訳を行いながら話すことができ、海外をより近くに感じることができるという。お互いの会話と翻訳結果がディスプレイにテキスト表示されるので、話しかけた言葉が正しく認識されているか確認することができる。