FLASH NEWS

人事労務サービス「freee」と入退室管理システム「Akerun」が連携 打刻漏れや労働時間の把握に対応へ

freee株式会社は、株式会社フォトシンスが提供する「Akerun入退室管理システム」とクラウド型人事労務ソフト「人事労務freee」との連携サービスを2019年8月20日(火)より提供開始する。
■「Akerun入退室管理システム」と「人事労務freee」の連携でできること

「Akerun入退室管理システム」で取得されたオフィス入退室時間のデータが自動的に「人事労務freee」に登録されることで、従業員による勤怠入力の手間削減や入力忘れを防ぐことができる。さらに、入退室履歴と勤怠管理システムを連携させることによって正確な労働時間を把握でき、2019年4月1日から順次施行されている働き方改革関連法で義務化された、労働時間の適正把握に対応できるようになるという。
■今後の予定

今回の連携では、「Akerun入退室管理システム」の入退室履歴に基づき、勤怠情報が登録される機能を公開した。今後は、従業員マスタ情報の連携により「人事労務freee」上で入社手続きが完了した従業員情報を、「Akerun入退室管理システム」を管理する「Akerun Manager」に自動で追加するなどの連携機能の開発を検討しているとのことだ。