Today's PICK UP

Amazon、「置き配」を標準の配送方法にする実証実験を拡大へ 東京都・大阪府・名古屋市・札幌市で実施

Amazonは、利用者の注文時の配送オプションとして提供する「置き配指定サービス」を、標準の配送方法とした際の利便性や効果を検証するため、2019年に岐阜県多治見市で実施された実証実験に続き、東京都3区(江東区、文京区、練馬区)、大阪府3区(都島区、西淀川区、生野区)、名古屋市、札幌市で1月27日より実証実験を順次開始すると発表した。
本実証実験では、気象条件が異なり、集合住宅と戸建住宅が混在している人口密集地域で、多様なライフスタイルの利用者に合わせた置き配の有効性を検証することを目指しているとのことだ。商品の届け先が対象エリアの利用者に対して「置き配指定サービス」を標準の配送方法とし、在宅・不在にかかわらず、玄関に商品を届けるという。なお、実証実験期間中およびその後も、置き場所を変更することができ、また置き配を希望しない場合には、対面での受け取りを選択することもできる。

Amazonは、これまで多様な配送サービスを利用者へ提供することで、配送の利便性を向上してきた。「置き配指定サービス」の標準化は、再配達による負担を軽減し、より便利に商品を受け取ることができるだけでなく、ドライバーの負担を軽減し、さらに、再配達に伴う二酸化炭素等の排出削減による環境問題への取り組みにも繋がるという。

2019年11月6日から12月5日の1か月間、岐阜県多治見市でAmazonとして初の試みとなる置き配指定標準化の実証実験を実施した。期間中、多治見市に住んでいる利用者の約70%が置き配指定で商品を受け取り、通常時の約50%の再配達削減につながった。また、マンションのオートロックにより置き場所にアクセスができない等の理由で配達ができなかった荷物については、多くの場合においてドライバーが利用者に連絡し、配達を完了していた。これによりドライバーによる適切な置き配の運用が実施されていることが確認できたとのことだ。

多治見市の利用者からの高い評価を受け、東京都3区、大阪府3区、名古屋市、札幌市の利用者にも、「置き配指定サービス」の標準化による商品受け取りの利便性を体験する機会を提供することになったという。多治見市においても、引き続き置き配指定が標準の配送方法となる。

Amazonは更なる実証実験を通じて、配送効率の変化(再配達率等)、毀損・紛失事例、対面での商品の受け取りを選択した人などに関する情報の集計を行い、実証実験期間の前後で、利用者への顧客調査の実施を予定している。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダは、次のようにコメントした。
「昨年の多治見市での実証実験では、お客様とコミュニケーションを取って配送サービスを向上させる貴重な機会をいただき、多治見市の皆様に感謝申し上げます。Amazonは、本取り組みが配送に関する社会的課題解決のために重要な役割を果たすと考えています。Amazonは、常にお客様の声に耳を傾け、今後も引き続きお客様へより利便性と安全性の高い配送とお受け取りのサービスを提供できるよう、努めてまいります。」

<置き配指定サービス 概要>

サービス名:置き配指定サービス
サービス内容:利用者の自宅の指定場所へ注文商品を届け、対面での玄関先での対応やサインなしで商品を受け取り可能
置き配場所:「玄関」「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」のいずれかを選択
※配送パートナーが指定の配達場所に入れない、配達場所を特定・使用できない、または配達場所が安全でない場合など、置き配指定サービスを利用できない場合もある。

置き配場所指定の4つの設定方法:
1. 注文確定画面で「置き配指定」をクリックし、置き配場所を選択
2. 置き配指定サービス対象商品の発送後に届くお知らせメール、またはプッシュ通知から配送状況確認画面に移動し、「置き配指定」をクリックし、置き配場所を選択
3. 置き配指定サービス対象商品の発送後、配送状況確認画面にて「置き配指定」をクリックし、置き配場所を選択
4. 置き配指定サービス対象商品の発送後、注文履歴画面にて「置き配指定」をクリックし、置き配場所を選択

利用者は、「配送ボックス」、「玄関」、「ガスメーター」、「ガレージ」、「自転車の荷物かご」、「マンションの受付」など、置き配を希望する場所を、画面に表示されるリストから選ぶことができる。置き配が完了すると、ドライバーは専用のタブレットを使って、商品を配達した場所の写真を撮影。利用者は、配達完了のメール、またはAmazonの配達状況確認ページで確認することができる。天候やその他の状況により、利用者が指定した場所への配達が困難な場合は、利用者に連絡をとり、都合の良い他の配達方法を相談する。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。