Today's PICK UP

宿泊施設のスマートオペレーションサービス『aiPass(アイパス)』がプレビュー版を公開 宿泊体験を簡便に

『DXで旅行体験を変えていく』をミッションに掲げるITベンチャーのCUICIN株式会社は、“スマホひとつで、宿泊時のチェックインから観光まで、より旅を快適にする”スマートオペレーションサービス 『aiPass』(以下、アイパス)のプレビュー版を2月1日に公開した。
出典元:プレスリリース

■ アイパスの目指すホテル業界の革新

今回のプレビュー版では、旅行者自身のスマートフォンでチェックインから、宿泊施設の案内情報を提供することで、施設の業務効率化を実現するという。

今後、事業会社と共同で開発を進めるパートナープログラムを開始し、『施設周辺の観光案内/部屋割り/決済』など、本当に必要とされる機能の開発を予定している。従来の紙などを使ったアナログな運用をデジタル化することで、宿泊施設は業務を効率化できるだけでなく、より良い顧客体験の提供を目指す。
出典元:プレスリリース

■ アイパスの特徴

⒈ スマートチェックイン
ユーザー(宿泊者)が自身のスマートフォンでチェックインするため、不慣れなタブレットでの操作がなく、スムーズに登録が可能。アイパスを利用することで、書面の管理もなくなり、手続きが最小限になる。

2. 事前チェックイン
最大2週間前から事前チェックインが可能。アイパスに事前入力しておくことで、ホテル到着後、チェックインコードを提示するだけでチェックインが完了する。航空業界では当たり前となってきている事前チェックインをホテル業界でも実現し、旅行中の無駄や不便を減らす。

⒊ 施設案内
チェックイン完了後、施設の案内情報が表示されるので、朝食の時間やWi-Fi情報などをユーザーのスマートフォンからすぐに確認することができる。また、施設のスタッフもパンフレットなどで案内していた手間がなくなり、業務を簡略化することが可能になる。

■ 簡単導入、お客様とつながる

1.PC・スマホ・タブレット、自身の端末で簡単導入。
2.簡単3ステップ。最短30秒でチェックインが完了。
2.チェックインから観光案内まで、一気通貫。
出典元:プレスリリース
スマートフォンとインターネットへの接続環境だけで即日利用が可能。導入ホテル全てでアイパスユーザー(会員)は2回目以降、個人情報の入力が不要になり、手間なくチェックインできるようになる。

【宿泊者のメリット】
ホテルチェックイン時、宿泊者情報の手書き記入が不要
チェックイン完了まで最短30秒
2回目からはチェックイン情報の入力が不要に
スマートペイメントで支払いが簡単に※
チェックインから周辺案内・決済・ルームキーまで自身のスマホで一括管理※

【宿泊施設経営者の導入メリット】
クラウド台帳管理でペーパーレス化。紙の台帳管理が不要に
多言語対応(現在:日本語・英語・中国語・韓国語)
スマートチェックインでチェックインの手間と時間を大幅カット
スマートキー対応で鍵の紛失や破損・置き忘れをゼロに※

※2020年内追加予定

人気の記事

ニュースアプリで全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示 新型コロナウイルス「第二波」の兆候を確認できるように

ニュースアプリで全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示 新型コロナウイルス「第二波」の兆候を確認できるように

株式会社JX通信社は、同社が運営する速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で、全国と都道府県ごとのK値(週あたりの感染者増加率)を表示する機能の提供を開始した。「K値」は、警戒される第二波の兆候をいち早く掴むために有効な指標として行政の状況把握にも活用されている。