Today's PICK UP

渋谷区、LINEで住民票取得を可能に! 顔認証技術を使う本人確認の実証実験へ

LINE株式会社は2月3日、LINE BRAINの顔認証技術、ID Card OCRが、渋谷区LINE公式アカウントでの行政サービス申請におけるeKYC(オンライン本人確認)の実証実験に採用されることが決定したと発表した。
LINEは、東京都渋谷区と行政サービスのIT化/高度化を通じた地域課題解決に向けて「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を2016年8月に締結した。「LINE」の持つコミュニケーションツールとしての機能、技術などを生かし、様々な取り組みを協働で展開している。

2017年8月より渋谷区の公式アカウント上でAIチャットボットを使った子育て支援サービスを、同年10月からはごみの分別・粗大ごみに関する問い合わせ対応を開始している。また、昨年4月には、住民票の写し等の発行手数料がモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「コード支払い」で対応できるようになった。その後、特別区民税・都民税など一部の税も令和元年度分から「LINE Pay」で納付可能となっている。

そして、渋谷区では、渋谷区LINE公式アカウントを活用し、住民票及び税証明書の申請を可能とする「LINEを活用したオンライン申請等」を4月より開始、その申請に必要なeKYC(オンライン本人確認)の実証実験にLINE BRAINの顔認証技術、ID Card OCRが採用されることが決定いたした*1。
*1:今回の実証実験は、対象を区庁職員に限定して2020年2月より行われる

渋谷区では、区民の利便性向上、区庁の業務の効率化を目的として非来庁型の行政サービスを推進しており、今回の実証実験は、自治体業務初のeKYC(オンライン本人確認)実用化に向けて行われるものだ。

LINEが提供するAIソリューション「LINE BRAIN」は、FAQ対応、請求書の手入力、飲食店やカスタマーサポートの電話応対といったさまざまな分野で負担となっている業務をAI技術によって削減することで、AI技術を導入し利用される団体・企業様がユーザーへのサービス等の業務に集中できるようになることを目指しているとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。