Today's PICK UP

IoTを活用し再配達の解消へ! 横浜市、宅配ボックスのIoT化を目指す実証実験を開始

横浜市と京セラ㈱は、IoT等による新ビジネス創出を促進する「I・TOP横浜」の取組として、IoTを活用した宅配システムにより再配達の解消を目指す、「宅配ボックスIoT化 再配達解消プロジェクト」を立ち上げる。また、本プロジェクトの一環として、横浜市旭区の若葉台団地において、2月1日(土)から6月15日(月)まで「IoT宅配システム」の実証実験を行う。
本実証実験は、株式会社白山機工の宅配ボックスを使い、佐川急便株式会社、日本郵便株式会社の宅配業者2社の協力のもと、若葉台団地の賃貸住宅790戸を対象に行う。実証実験では、荷物受取の利便性向上、再配達の解消などを目的に、IoTによる社会課題の解決を目指す。旭区では、「SDGs未来都市・横浜」実現に向けて公民連携に関する窓口「SDGs若葉台フロント」を設置しており、本件はフロントが関わる4件目の取組となる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。