WATCH

船橋市、ドローンとAIを活用した「蔵書点検システム」を試験導入 蔵書点検業務の負荷軽減を目指す

株式会社 Liberawareは、千葉県船橋市・西図書館における京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下 KCCS)の「AI 蔵書点検システム」試験導入に伴い、蔵書点検の無人化を目指し、特殊小型ドローン「IBIS」の自動飛行・撮影と「AI 蔵書点検システム」との連携について検証を実施する。

■図書館における蔵書点検業務の負荷軽減へ

現状の図書館における蔵書点検は、全資料を専用の機器で1点ずつ読み取り、図書館システム上の蔵書データと照合するため業務負荷が高い業務となっている。船橋市は、AIの積極的な活用に取り組んでおり、公民館図書室における蔵書点検業務の負荷軽減・効率化を目指し、KCCSと共に船橋市西図書館に「AI蔵書点検システム」の環境を構築し、2020年3月12日から試験導入を開始する。今回、書架一面の撮影には、タブレット端末を用いた手動撮影に加え、Liberawareの特殊小型ドローン「IBIS」による自動撮影を試験的に行い、無人化も目指す。

無人化にあたり、多くの自動撮影が可能な自動飛行ドローンは、大きいサイズ(200g以上)のものが多く、図書館内で飛行するサイズとしては、張り紙や本等の設備への影響から現実的ではなかった。しかし、手のひらサイズの小型ドローンを唯一提供している同社のドローン「IBIS」は、設備への影響リスクが最小限であることから、共同で検証を行うこととなったという。

■自動巡回型小型ドローン「IBIS(アイビス)」について

「自動巡回型小型ドローン「IBIS」は、あらかじめプログラミングしたルートどおりに自動飛行を行う世界最小クラスの産業用小型ドローン。同社では、自動巡回型小型ドローンと共に、自動充電装置やドローン監視システム等のハードからソフトまで開発・製造を行い、一気通貫のサービスを提供することで、企業の巡回業務における生産性向上に寄与したいと考えているという。屋内警備や設備点検の他、倉庫内における在庫管理業務にも導入検討が進められ、現場の作業員の省人化・省力化に伴いセキュリティ面・安全性の向上や業務の効率化が見込まれ、スマート化された施設設備の実現を目指す。

◇サイズ:190×180×50mm(プロペラガード込み)
◇重量:190g(バッテリ込み)
◇飛行時間:最大9分間
◇装備類:自動飛行ユニット、FullHDカメラ、LED照明、防塵用モーター 他 
出典元:プレスリリース

■「AI 蔵書点検システム」について

「AI 蔵書点検システム」は、KCCS が提供する公共図書館システム「ELCIELO」 と画像解析 AI を組み合わせたシステム。図書館の書架一面を撮影し、撮影した棚の背表紙データと、「ELCIELO」に登録されたその棚の範囲の蔵書データを画像解析 AI に取り込み、マッチング分析し、蔵書点検を行う。これにより手作業で1点ずつ点検することなく、棚単位でまとめて蔵書点検を行うことが可能になる。

人気の記事