WATCH

スタイリストとAIによるパーソナルスタイリングサービスが提供開始 自宅で試着ができ気に入れば購入可能!

ファッション領域でインターネットサービスを展開する株式会社DROBEは2020年3月13日(金)、プロのスタイリストとDROBE独自の「スタイリング AI」が利用者の嗜好や体型、予算に応じた商品(洋服、靴、ファッション雑貨)を協働でスタイリングし、セレクトした商品を定期的に届けるパーソナルスタイリングサービス 「DROBE(ドローブ)」の提供を開始した。
出典元:プレスリリース
ファッションは生活の必需品であるとともに人の生活をより豊かにするものだが、20代から50代の女性の半数近くの方が「色々な商品があり、悩み疲れてしまう」という課題に直面しているほか、「ゆっくり服を選ぶ時間がない」「自分にはどのような色やデザインの服が似合うのか分からない」「自分のファッションセンス・知識に自信がない」などの悩みを抱えていることがアンケート調査からわかった。

「DROBE」は、女性に特化したパーソナルスタイリングサービス。会員登録時にファッションのテイストや体型・予算など約70問の質問に回答し、顔写真や手持ちの洋服の写真を登録することで、ファッション誌や芸能人のスタイリング、店頭での販売などを経験した同社のスタイリストと独自の「スタイリング AI」が協働して、利用者に応じた商品をスタイリングし、自宅へ届ける。商品は試着ができ、気に入った商品のみを購入し、不要な商品は返品できる。商品の購入に悩んだり、購入後の着こなしに悩んだりした際は、スタイリストにいつでも質問や相談ができる。

利用者は、自分に似合う洋服と出会えるだけでなく、着こなしに対するアドバイスをもらい、自分の好みやテイストを踏まえながら、新しいファッションを楽しむことができるという。

初回は購入した商品の代金のみで利用でき、2回目以降は商品代金に加えて1回あたり2900円のスタイリング料で利用できる。配送料や返送料は無料。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■DROBEの「スタイリング AI」について

「スタイリング AI」は、スタイリストが行った過去5万回以上にのぼる商品選定のデータをもとにモデルを開発した。「スタイリング AI」は、利用者の嗜好や体型などの特徴データ、サイズ・色・柄・素材などの商品データ、購入・返品等の行動履歴データに基づいて、商品と利用者とのマッチ度を推定する。その結果を参考にして、スタイリストが実際に届ける商品を選定する。

利用者には届けた商品全てに対し、サイズ・色・柄・シルエット・フィット感・素材・質感・価格等のフィードバックをもらうため、利用回数を重ねるたびにより精度の高い商品提案が行うことができるという。

また「スタイリング AI」を活用することで、スタイリストは利用者とマッチ度の高い商品から選定でき、従来1時間以上かかっていたスタイリングの作業時間を30%以上削減。膨大な商品から限られた時間の中で利用者に本当にマッチする商品を選定できる。

一般的にファッションは季節性やトレンド、商品ライフサイクルの短さ、利用者の趣味嗜好が多様であることから、大規模EC等で使われる行動履歴をベースとした手法では実用的な商品推薦モデルを構築することが難しい分野であると言われてきた。

「スタイリング AI」では、行動履歴に利用者や商品の特徴をモデルに加えることで、精度の高いマッチ度の推定だけにとどまらず、販売間もない新商品とサービス開始直後の利用者とのマッチ度を推定することも可能だ。

人気の記事