Today's PICK UP

チームラボ、東急リバブルの不動産検索サイトに、AIを活用した「相性診断」機能を導入

チームラボは、東急リバブル公式サイトに、掲載中の2万件超の販売物件と購入希望者の希望条件をAIが照合し、マッチング率の高い順に物件を表示させる「AI相性診断」機能を導入。企画・戦略、独自のスコアリングエンジンの開発、UI/UX設計、デザインを担当。3月26日(木)より公開と発表した。
今回導入の「AI相性診断」機能では、検索機能のように入力した希望条件に合致した物件のみを表示するのではなく、「一部の条件が希望と合わないがその他の点は気に入ってもらえそう」という観点も踏まえてAIが物件探しを行い、相性として表示し、確率の高い順番に紹介するという。

チームラボが独自に開発したスコアリングエンジンによって、東急リバブルが蓄積してきた不動産購入者の傾向分析データや常時2万件を超える販売物件データを活用し、ユーザーが答えた診断内容に合わせて、各不動産物件にスコアをつける。スコアリングされた点数を相性度として表示して、ユーザーに物件をおすすめする。チームラボの開発したスコアリングエンジンにより、利用者は通常の物件検索では出会えなかった物件にも「相性度の高い物件」として出会える可能性がある。

チームラボでは、東急リバブル 公式サイトにおいて、利用者一人ひとりに合ったおすすめの物件を自動で紹介するレコメンドエンジン「チームラボレコメンド」や、「チームラボAIbot」による「AIチャットボット(Myブルちゃん)」、AIを活用した間取図解析レコメンド(おすすめ物件自動紹介)機能の導入等、利便性向上に寄与してきた。今回開発したスコアリングエンジンによって、更にチームラボレコメンドの強化を図っていく予定だとのことだ。

■AI相性診断の流れ

本機能は会員数10万人以上の東急リバブルホームページ会員サイト「Myリバブル」に会員登録することで利用可能となる。

(1)簡単な質問(7項目)に回答
※エリア・価格・間取り等の希望条件の他、パーソナルな情報(家族構成やライフスタイル等)も入力。
出典元:プレスリリース
(2)物件一覧ページ(利用者との相性度の高い順に物件を表示)
※画面上に表示される追加質問を回答することにより、より希望に近い物件が表示される。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。