Today's PICK UP

NEC、最先端のAIを活用した「視線や姿勢で奏でる楽器」を開発

NEC は、AI を活用して簡単な動作で、子供から大人まで誰でも演奏が可能なインクルーシブ楽器を新たに開発し、それらを使って演奏するオーケストラ「ANDCHESTRA(アンドケストラ)」に挑戦すると発表した。「ANDCHESTRA」は、最先端のIT テクノロジーによって子供や大人、障がいのある人などとの間にある壁を越えて一緒(AND)に楽器を奏でる、新しい関係性が生み出すオーケストラだ。
近年、インクルージョン&ダイバーシティに注目が集まる中、NECは、人の能力や創造性を拡張し、人々をアシストする「人と協調するAI」によって、一人ひとりが人間性を発揮する社会の実現を目指している。今回、子供から大人まで、障がいのある人や楽器を弾けない人、楽譜を読めない人などでも演奏可能な楽器の演奏体験を通して、AI を活用して人と人とがつながり、全ての人が公平に活躍できる社会を表現するとのことだ。

今回開発した楽器は、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つである遠隔視線推定技術を活用した、視線の向きによって音を奏でる「ANDCHESTRA TRUMPET(アンドケストラ トランペット)」と、今回新たに開発した姿勢推定技術を活用した、音ごとに定義された姿勢をとることで音を奏でる「ANDCHESTRA VIOLIN(アンドケストラ バイオリン)」。これらの楽器の開発には実際に障がいのある人も参加し、インクルーシブアドバイザーとして意見を出したという。また、今回の開発には世界ゆるミュージック協会が参画し、インクルーシブアドバイザーの観点でアドバイスをしたとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事