Today's PICK UP

ヤフー、「新型コロナウイルス感染症まとめ」ページなどで特定警戒都道府県に指定された13都道府県の「移動自粛率」を公開

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、「新型コロナウイルス感染症まとめ」ページやスマートフォン版「Yahoo! JAPAN」または「Yahoo! JAPAN」アプリ(iOS版、Android版)の「Stay Home」タブにて、「特定警戒都道府県」に指定された13都道府県(※1)の移動自粛率を公開した。※1:北海道、茨城県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
移動自粛率は、Yahoo! JAPANが提供するアプリ上で位置情報の利用を許可しているビッグデータ(※2)を元にYahoo! JAPANが推計したもの。具体的には、2020年1月(正月3が日を除く)の平日と休日それぞれ1日の平均移動距離を都道府県ごとに算出し、該当日の平均移動距離がどの程度低減されているか(※3)を数値化したものだ。
※2:Yahoo! JAPANが提供するアプリ上で位置情報の利用を許可しているユーザーのデータの情報を統計化して利用。
※3:該当日が平日であれば平日の平均移動距離に対して、休日であれば休日の平均移動距離に対しての減少率

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発出されている中、政府は特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要があるとして、13都道府県を「特定警戒都道府県」と位置づけた。

Yahoo! JAPANが公開前に集計した2020年4月26日の数値では、13都道府県の減少率は17%~37%と都道府県ごとにバラつきがあり、不要不急の外出などの自粛を求めることの難しさがデータから推察される。減少率の低い都道府県では、1月平均と比較しても、2割弱の減少率に留まり、Yahoo! JAPANは、ユーザーの位置情報を分析・推計し、減少率として可視化し公開することで、対象地域に住むユーザーを含め、全国のユーザーに対して、外出自粛を続けている人には数値で実感し、不要不急の外出をしている人には数値を見て、改めて外出を控えるきっかけとなるよう、移動自粛率を公開したとのことだ。
以下リンクより詳細なデータをご確認いただけます。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。