WATCH

「2021年卒大学生活動実態調査」が発表 web面接が増えるも、約3割の学生が「通信容量制限がある」という課題に直面

株式会社マイナビは、2021年3月卒業予定の全国の大学生、大学院生(9,478名)を対象に、「マイナビ 2021年卒大学生活動実態調査(4月)」の結果を発表した。

■調査結果の概要

2021年卒大学生・大学院生の4月末時点の内々定率は35.2%(前年同月比4.1pt減)、内々定保有者の平均内々定保有社数は1.5社(前年同月比0.1pt減)と前年を下回る結果になった。3月における内々定率・平均内々定保有社数は前年を上回っていたが、4月末時点では鈍化している。【図1、2】
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
就職活動を継続する学生の割合は、前年同月比0.6pt減の87.4%(未内々定者:64.8%+内々定を保有したまま活動を継続する学生:22.6%)だった。現在最も注力して行っている活動について、「面接」と答えた割合は 49.7%で前年同月より5.2pt 減少した。一方、「エントリーシート提出」は 24.8%と前年同月より9.3pt増加しており、新型コロナウイルスの感染拡大が就職活動の進行に影響しているようだ。【図3、4】
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
新型コロナウイルス感染拡大抑止のために、WEBを使った会社説明会や面接が増えていることから、オンラインで就職活動を行う際の自宅の通信環境について聞いたところ、「通信容量制限がある」と回答した学生は33.1%だった。オンライン上の選考活動により、通信環境という新たな課題が浮かび上がった。【図5】
出典元:プレスリリース
現在、学生が就職活動を進めるうえで最も不安に思っていることは、「景気動向が不透明なため、企業の採用活動が縮小するのではないか(56.5%)」。4月に実施した「マイナビ<緊急>2021年卒企業新卒採用予定調査」で、『新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2021 年卒新卒採用予定数を変更するかどうか』を聞いたところ、「当初の予定通り」との回答が8割を超え最も多く、企業の採用予定数に大きな減少傾向が見られないことから、学生は過度な不安を感じることなく、落ち着いて情報収集を進めて就職活動をおこなうことが重要であるといえる。【図6】
出典元:プレスリリース
【調査概要】「マイナビ 2021年卒大学生活動実態調査(4月末時点)」
○調査期間/2020年4月24日(金)~4月30日(木)
○調査方法/マイナビ2021の会員に対するWEBアンケート
○調査対象/2021年3月卒業見込みの全国の大学生、大学院生 ※調査時点
○有効回答数/9,478名(文系男子:1,763名、理系男子:1,675名、文系女子:4,296名、理系女子:1,744名)

人気の記事