Today's PICK UP

一人暮らしの社会人が物件に求める条件、1位は「ネットワーク環境」 約7割がテレワークにより「住居選択軸が変化」と回答

株式会社S-FITステイが運用するマンスリーマンションブランド「ONE BAG」は、東京在住の25歳から35歳で、テレワークを行っており、賃貸物件に一人暮らしをしている111名を対象に「テレワーク下における物件選択」に関する調査を実施し、結果を発表した。

■テレワークで必要だと思うもの1位は「ネットワーク環境(Wifi)」

「Q1. ご自宅でテレワークを行うにあたって、居住空間に必要だと思うものを教えてください。」(n=111)と質問したところ、「ネットワーク環境(Wifiなど)」が82.0%、「テレワーク用デスク・椅子」が69.4%という回答となった。
出典元:プレスリリース
・ネットワーク環境(Wifi)など:82.0%
・テレワーク用デスク・椅子:69.4%
・防音:30.6%
・仕事用部屋の有無:27.9%
・仕事の資料を置くための収納スペースの有無:24.3%
・照明:23.4%
・部屋の広さ:22.5%
・特にない:5.4%
・壁紙:2.7%
・その他:1.8%

■現住居でテレワークをすることにストレスを感じる人64.9%

「Q2. 現在のお住まいでテレワークをするにあたってストレスを感じますか?」(n=111)と質問したところ、「かなり感じる」が13.5%、「多少感じる」が51.4%という回答となった。
出典元:プレスリリース
・かなり感じる:13.5%
・多少感じる:51.4%
・あまり感じない:23.4%
・全く感じない:11.7%

■「ネットワーク環境(Wifi)」「仕事部屋の有無」にストレスを感じる人多数

Q2で「ストレスを感じる」と回答した人に、「Q3. あなたのお住まいの何にストレスを感じますか?」(n=72)と質問したところ、「ネットワーク環境(Wifiなど)」が48.6%、「仕事部屋の有無」が31.9%という回答だった。
出典元:プレスリリース
・ネットワーク環境(Wifi)など:48.6%
・仕事部屋の有無:31.9%
・防音:25.0%
・仕事の資料を置くための収納スペース:18.1%
・照明:11.1%
・寝室の広さ:9.7%
・その他:26.4%

■仕事をする上での影響として「ネット環境が劣悪なので根本的な作業が進まない」「椅子がなく床に座って仕事をするため腰が痛くなる」など

「Q4. テレワークをするにあたって居住空間にストレスを感じると、仕事をする上でどのような影響がありますか」(n=63)と質問したところ、「休みのときも仕事と同じスペースで過ごすためメリハリがない」や「隣の住人の音が煩くて気になってしまうので仕事に集中出来ない」などの声があげられた。

<自由回答・一部抜粋>
・27歳:ネット環境が劣悪なので、根本的な作業が進まない
・35歳:休みのときも仕事と同じスペースで過ごすためメリハリがない
・33歳:椅子がないために床に座ってやっているので腰が痛くなる
・29歳:部屋が狭い
・34歳:隣の住人の音が煩くて気になってしまうので仕事に集中できない

■66.7%がテレワークによる在宅勤務を行う前と後で居住空間に求める基準は変わったと回答

「Q5. テレワークによる在宅勤務を行う前と後で、居住空間に求める基準は変わりましたか?」(n=111)と質問したところ、「かなり変わった」が13.5%、「少し変わった」が53.2%という回答となった。
出典元:プレスリリース
・かなり変わった:13.5%
・少し変わった:53.2%
・あまり変わっていない:22.5%
・全く変わっていない:10.8%

■在宅勤務を考慮して次に引っ越すならば「テレワーク用デスク・椅子」「ネットワーク環境(Wifi)」などを重要視

Q5で「かなり変わった」「少し変わった」と回答した人に「Q6. 在宅勤務にあたり、次に引越しをするならば重要視する箇所は何ですか?」(n=74)と質問したところ、「テレワーク用デスク・椅子」が54.1%、「ネットワーク環境(Wifiなど)」が50.0%という回答となった。
出典元:プレスリリース
・テレワーク用デスク・椅子:54.1%
・ネットワーク環境(Wifiなど):50.0%
・防音:41.9%
・仕事用部屋の有無:40.5%
・家賃価格:31.1%
・スーパーやコンビニが周りにあること:29.7%
・仕事の資料を置くための収納スペースの有無:25.7%
・キッチン付き:17.6%
・照明:16.2%
・寝室の広さ:14.9%
・壁紙:4.1%
・その他:6.8%
・わからない:1.4%

■在宅勤務を念頭にした引っ越しをする際にあれば嬉しいもの「テレワークスペースとプライベート空間の確保」「固定Wifi」など

「Q7. Q6で回答した内容以外に、テレワークによる在宅勤務を念頭にした引っ越しを行うにあたって、あると嬉しいものがあったら教えてください。」(n=58)と質問したところ、「テレワークスペースとプライベート空間を両方確保できること」「コワーキングスペース」という回答が挙がった。

<自由回答・一部抜粋>
・24歳:宅配ボックス
・30歳:コワーキングスペース
・33歳:テレワークスペースとプライベート空間を両方確保できること
・34歳:住居に固定wifiがあると嬉しい
・27歳:座れるスペースがあるベランダ
・29歳:オール電化ではないこと。オール電化の電気プランだと日中の電気代が高いため

■過半数の人がテレワーク設備の整った短期賃貸型の不動産サービスを利用したいと回答

「Q8.テレワークによる在宅期間にテレワーク用のデスク等、在宅で快適に暮らせる設備の整った短期賃貸型の不動産サービスがあったら利用したいと思いますか? (n=111)と質問したところ、「非常に利用したい」が3.6%「金額次第で利用したい」が52.3%という回答となった。
出典元:プレスリリース
・非常に利用したい:3.6%
・金額次第で利用したい:52.3%
・あまり利用したくない:23.4%
・全く利用したくない:20.7%

調査概要:「テレワーク下における物件選択」に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年5月18日〜同5月19日
有効回答:東京都内の賃貸物件でテレワークをする一人暮らし社会人25歳から35歳111名

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。