Today's PICK UP

音声解析AIを活用した議事録作成サービスがトライアル版の提供を開始 よりクリエイティブな作業に集中できるように

株式会社iVOICEは、音声解析AIを活用した議事録作成サービス「GIJIREC」トライアル版の提供を開始した。「GIJIREC」はこれまでの会議のやり方や概念を変え、多様な働き方の実現を強力に推進することで、会議をよりクリエイティブなものにするとともに、リモートワークを快適なものに変えていくという。

■背景

現在、日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」や「働く人々のニーズの多様化」などの課題に対する対策として、働き方改革が政府主導で推進されている。働き方改革とは「働く人々がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会の実現」を目的にしており、大企業のみならず中小企業にとっても「多様な働き方の実現」は重要な経営課題となっている。

iVOICEでは企業活動の中で多くの時間を費やしている「会議のやり方や概念を変える」ことで「多様な働き方」が実現できると考えているという。またCOVID-19の感染拡大に伴う緊急事態宣言発令中においては、これまでとは大きく異なり、リモートワーク中心の働き方が1ヶ月以上続いた。緊急事態宣言解除後もリモートワークを継続している企業も出てきており、今こそ働き方が大きく変わるタイミングであると考えているとのことだ。

■サービス概要

「GIJIREC」はパソコンやスマートフォン向けに提供するSaaS形式の議事録作成サービス。会議中に会議参加者の音声を拾い、リアルタイムで文字を起こしてくれるため、会議参加者が議事録を作成する必要がなくなる。また会議中に各自で取るべきメモについても必要最小限になるため、考えることや議論に集中することができ、「会議をよりクリエイティブかつ効率的に行うこと」が可能となる。さらに、メモを取る量が減ることで会議時に必須であったパソコンが不要となり「作業をしながら・・・」「散歩をしながら・・・」「家事をしながら・・・」等、「ながら会議」を強力にバックアップしてくれるため、「GIJIREC」は多様な働き方を実現するだけでなく、リモートワークをより快適なものにしてくれる。

■想定利用シーン

「GIJIREC」の主な利用シーンは以下を想定しているという。
・会議
・取材やインタビュー
・講演会やセミナー、研修
・医療現場

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。