Today's PICK UP

オンライン集客システムを来店予約・リモート接客予約に活用 自宅からビデオ通話でショッピングが可能に

クービック株式会社は、同社が開発した集客、予約、決済をワンストップで実現するオンライン集客システム「Coubic」(以下クービック) が株式会社トゥモローランドに採用されたと発表した。トゥモローランド社は、新型コロナウイルス感染拡大予防を目的とし、オンラインでの来店予約・リモート接客予約を実現するという。
クービックは「めんどくさいをなくす」を企業ミッションに開発されたオンライン集客システムで、ユーザーは、登録したアカウントで予約と決済が一度にでき、また、サービスを提供する店舗や企業は、ネット予約、決済、月謝や複数回チケットでの集金、顧客管理などを行うことができる。

トゥモローランド社は2018年から、オーダースーツや、ワークショップの予約受付などでクービックを利用していたが、今回の新型コロナウイルス感染拡大を受け、緊急事態宣言解除後も、利用者に安心・安全にサービスを提供するべく、オンラインでの来店予約・リモート接客予約を利用を開始したという。

来店予約では、感染リスクを最小限に抑えながら、安心して店舗に来店できる。リモート接客では、利用者は自宅にいながらも、ビデオ通話で店舗や洋服の様子を見ることができ、まるで店舗にいるような感覚でショッピングを楽しむことができる。
出典元:プレスリリース
予約システム「Coubic(クービック)」に関して、トゥモローランド社は「クービックは様々な予約形態に柔軟に対応できるシステムであり、今回のような有事の際にもシステム上ですぐに対応できるところが魅力的です。緊急事態宣言解除後も、感染リスクを最小にしたいというニーズや、そもそもお店に行く時間が取れない為、リモートでサービスを受けたいというニーズに応えるべく引き続きこの取り組みを継続していきたい考えています。」とコメントしています。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。