Today's PICK UP

「コロナ禍の電気代の変化」アンケート実施 テレワーク時間帯の家庭の電気使用量は94%増、電気代は月3,493円増に

ENECHANGE(エネチェンジ)株式会社は、同社が運営する電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」のメルマガ会員に対し、「コロナ禍における電気代の変化について」アンケートを実施した。また、電力データを活用したサービスの共同開発を進めているLooopでんきを提供する株式会社Looop協力のもとユーザーの電気使用量についての調査も行った。

■緊急事態宣言発出前後で、電気代が月3,493円増

Looop契約者から個人情報が特定されない形で967拠点を抽出し、緊急事態宣言発出前後の電気使用量の変化を調査。緊急事態宣言が7都府県を対象に発出された4月7日を起点に、直前の平日を期間A(4月2日、3日、6日、7日)、発出直後の平日を期間B(4月8日、9日、10日)と設定し平均電気使用量を比較した。その結果、テレワーク時間帯にあたる朝9時から夜18時までの平均電気使用量が94%増加していたことがわかった。また期間A、Bの1日当たりの電気使用量から月間使用量を算出し、東京電力従量電灯Bの料金プランを元に電気代に換算すると、月平均3,493円増加することになる。
出典元:プレスリリース

■58%が例年より電気代が上がったと実感、理由の1位は「照明の点灯時間が増えた」

電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」のメルマガ会員1855名にアンケートを実施した結果、新型コロナウイルス感染予防対策として、テレワークの導入や学校や幼稚園が休校・休園になったことで79%が在宅時間が増えたと回答し、58%が例年よりも電気代が上がったと感じていることがわかった。電気代が上がったと感じる理由には、照明の点灯時間が増えた(16%)、自宅でのパソコンの使用時間が増えた(13.6%)などテレワーク導入による影響や、家電の利用機会が増えた(15%)、テレビの視聴時間が増えた(15%)など世帯内の在宅人数が増えたことが理由としてあがった。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
アンケート実施概要
調査テーマ    コロナ禍における電気代の変化について
実施日        2020年5月23日(土)~5月25日(月)
対象           電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」のメールマガジン会員
回答数        1855

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。