Today's PICK UP

チームラボ、感染予防対策に活用可能なガイドアプリを提供開始 来場者の位置に連動しスマホに案内を表示

チームラボは、感染予防対策に活用可能な「チームラボガイドアプリ」を提供開始した。スマホ用ガイドアプリ「チームラボガイドアプリ」は、来場者の位置に連動して、スマートフォンに、動画・音声等による、展示物の解説を自動表示することができる。そのため、展示物前でのスタッフによる解説や、ガイド機器の貸し出し等、来館時における接触機会を削減することができる。美術館、博物館、水族館、動物園、植物園、遊園地等の様々な施設やイベントの、感染症拡大予防対策に活用できる。最短1ヶ月で導入可能だ。
出典元:プレスリリース
1.来場者の位置に連動して、スマートフォンに、展示物の解説を自動表示。(展示物の前でのスタッフによる説明機会の削減)
来場者が展示物に近づくと、展示物の解説が自動表示されるため、リーフレットを見ながら回る必要がない。また、展示物の周囲に音声ガイド用の番号等を張り出す必要もない。

2.チームラボチケットシステムと合わせて導入する事で、チケット購入から作品鑑賞まで完全にペーパーレス化を実現(接触機会の削減)
チームラボチケットシステムと合わせて導入すると、チケットの購入・入場から、会場案内・展示物の解説等、来場にあたり必要な情報へのアクセスを、来場者のスマートフォンで完結させることができ、完全にペーパーレス化することが可能だ。パンフレットや説明冊子の配布の接触の機会を削減する。

3.文章だけではなく、動画も活用し、深い鑑賞体験を提供可能
展示物の解説は、文章だけではなく、動画や画像でも表示可能。展示物の説明や鑑賞の仕方、作品の背景等を提供することで、より深い鑑賞体験を提供することが可能だ。

4.音声ガイドとしても使用可能。機器の貸し出しによる間接接触を防ぐ
展示物の解説の自動表示だけでなく、音声ガイドとしても使用可能。チームラボガイドアプリでは、来場者個人のスマートフォン端末を使用するため、機器の貸し出しによる間接接触を防ぎ、衛生管理の必要がない。また、返却忘れ等による機器の紛失や、故障の心配もない。

5.有料(音声)ガイドの販売も可能。決済はアプリストア上で非接触決済
有料の音声ガイドをアプリ内で販売することも可能だ。通常、有料の音声ガイド機器を貸し出す場合には、貸出時に料金の精算が発生するが、チームラボガイドアプリでは、アプリストア上でのオンライン決済のため、会計業務が必要ない。また、決済をオンライン化することで、会計時の接触を回避することが可能だ。

6.多言語対応、アクセシビリティ対応
多言語対応しており、海外からの来場者の利用にも対応可能。また、文字サイズや、フォント等も来場者のスマートフォン端末で変更可能だ。

7.複数の企画展でもアプリ一つで利用可能
ひとつのアプリを、複数の企画展で利用することも可能だ。アプリの切り替えは不要で、同じアプリを、常設展や企画展等、複数の展示で活用できる。

8.リアルタイムで情報更新可能
展示物の解説の文章や動画、画像は、管理画面からリアルタイムで更新可能だ。そのため、企画展等で、展示内容が変更された場合でも、すぐに情報の更新ができる。

9.その他の展開
特定の施設やイベントだけではなく、観光地や地域のガイドとしても活用が可能だ。また、移動しながら鑑賞する展示物のガイド用としてだけでなく、舞台・演劇におけるシーンの音声ガイドとしても利用することが可能。音声の同時解説で、進行に合わせて、タイミングよく説明を配信する。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。