Today's PICK UP

AIを活用した卓球の「試合分析アルゴリズム」の研究が発表 AIがラリーシーンだけを抽出する

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)と共同で、公益財団法人日本卓球協会(JTTA)の協力のもと、AIを活用して試合映像からプレーシーンを自動検出するアルゴリズムを開発するための研究を行ったと発表した。この自動検出アルゴリズムにより、プレーシーン検出の自動化を実現し、JSCが開発したゲーム戦略の策定に効果的なアプリケーションに実装されたことで、卓球選手のサポート体制の強化に繋がったという。
卓球試合の映像分析を行う際には、試合映像からラリーが行われているプレーシーンのみを抽出したり、得点または失点のシーンのみを抽出したりするといった準備をスポーツ・アナリストが行う。長時間にわたる試合映像から該当する部分を抽出するための作業負荷が大きく、試合映像を数多く分析することが難しくなっていた。また、10数年前からデータベースに収集し始めた試合映像は、すでに約4万試合に達していた。そのため、AIの技術を活用し、試合映像を効率良くかつ効果的に分析するための方法の確立が求められていたという。

今回の研究では、映像がサービスからラリー終了までのラリー中のシーンか、それ以外のラリー外のシーンかを判断するAIモデルをあらかじめ学習し、試合映像をこのAIモデルで処理することでラリー単位のプレーシーンを切りだすアルゴリズムを開発した。また、同時に試合中の得点情報の自動検出アルゴリズムも開発された。これによりスポーツ・アナリストは、映像分析に関する作業時間を削減でき、より高度な分析に注力したり、より多くの試合映像を分析できたりするなど、ゲーム戦略の策定を強化できるようになるという。さらに実際に、競技現場で利用するアプリケーションも開発されたことにより、基本的なゲームスタッツとともに必要な場面を映像で振り返ることも可能だ。

この研究は、IBMの東京基礎研究所のリサーチャーや、IBM Systems製品に特化した先進的なサービスの開発を支援するIBM Systems Lab Servicesのエンジニアが行った。また、アルゴリズムを開発するサーバーとして、IBM Power Systems S822LC for High Performance ComputingおよびIBM Power Systems AC922を使用した。両サーバー上にIBM Watson Machine Learning Community Edition(旧名:IBM PowerAI)によるディープ・ラーニング・プラットフォームを構築し、アルゴリズム (AIモデル)の開発が行われた。最適化されたディープ・ラーニング・プラットフォームを使用することで、モデル学習時間の短縮・学習の効率化を行い、短期間でのモデル開発を可能としたという。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。