Today's PICK UP

食品業界で食の安全を「見える化」するテクノロジーが展開へ ブロックチェーンを活用し透明性を担保へ

株式会社LOZIとORGANICSMART, Inc.は、飲食店や小売店が顧客に対して、生鮮食品の情報を「見える化」できるサービスプラットフォーム「OrganicSmart」を日本で展開するため「株式会社オーガニックスマートジャパン」を2020年7月1日に設立したと発表した。
株式会社オーガニックスマートジャパンは、透明性のある食品追跡を実現するデータドリブンのテクノロジー企業。アメリカORGANICSMART社のデータサイエンティスト兼ドレクセル大学の離散数学者であるLee Jinwook教授によって設計された、ブロックチェーンベースの食品情報プラットフォームと、物流を可視化するLOZI社のSmartBarcodeを統合することで、飲食店や小売店が透明性のある食品情報を消費者に提供することが可能となり、生鮮食品のサプライチェーンマネージメントも同時に効率化される。

OrganicSmartのプラットフォームについて
(1) ブロックチェーンネットワークのユーザによって検証 / 承認された食品データが消費者に公開される。
(2)データは、食品の起源、サプライヤー情報(農家、生産者、製造者など)、詳細な物流情報などが含まれ、検証後に改ざんすることはできない。
(3) 食品情報の検証プロセスにより、食の安全性が「見える化」され、消費者は自分が食べるものを評価できるようになる。
(4) レストラン、小売店、生産者は自社ブランドの信頼性を高め、消費者からの信頼によってリピーターの醸成を通じて収益性を高めることができる。
(5) SmartBarcodeによって、生産者から消費までのサプライチェーンが分断されることなく、スマートフォンのみで追跡 / 管理できるようになる。

OrganicSmartを導入することで、レストラン、小売店、生産者は競合他社との差別化を図り、より高い収益性と、健康志向の消費者との新たなコミュニケーションをはかることが可能になるという。
出典元:プレスリリース

人気の記事