Today's PICK UP

NEC、「顔認証決済自販機」の実証実験が開始 事前に顔画像を登録し、手ぶらで購入可能に

ダイドードリンコ株式会社は、日本電気株式会社(以下、NEC)の顔認証技術を活用して、自動販売機で顔認証による購入が可能となる「顔認証決済自販機」の実証実験を2020年7月3日(金)より開始したと発表した。
昨今、人々の価値観や行動様式、また働き方が大きく変容する中、自販機も時代に合わせて進化していく必要があるとダイドードリンコは考えているという。今回、NECの顔認証技術を活用して自販機に顔認証決済サービスを導入し、"手ぶら"で飲料を購入できる仕組みを実現。顔認証決済サービスによる飲料購入が可能になることで、オフィスや工場等において財布やスマートフォン等を持ち歩かずに済む「便利」さや「快適な環境」が実現できると期待しているとのことだ。
出典元:プレスリリース

■自販機における顔認証決済サービス実証実験概要

2020年7月3日(金)より、ダイドードリンコ自販機での顔認証決済サービスの実証実験を開始した。利用者は、スマートフォンやタブレット等の端末を用いて事前に顔画像やクレジットカード情報、パスコードを登録することで、自販機で購入時に顔とパスコードの2要素認証により、簡単かつセキュアに決済が可能になる。なお、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術の顔認証技術を活用している。

顔認証決済サービス利用手順
出典元:プレスリリース
実験期間:2020年7月3日(金)より約3ヵ月間
実験場所:ダイドードリンコ(株)本社、大同薬品工業(株)関東工場、NEC本社等

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。