Today's PICK UP

パナソニック、ニューノーマル時代のワークプレイスを創造する実証実験を開始 従業員の動きや心理データなどを活用へ

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は、ニューノーマル時代のワークプレイス創造のために人起点の価値創出を目指す実証実験を、パナソニックの広島中町ビルにて2020年7月よりスタートすると発表した。本実験では、通常取得しにくいオフィスワーカーの心理データなども従業員を活用しデータ化することで、新しい顧客価値を見出すという。
今回の広島中町ビルの実証実験では、環境変化に柔軟に対応し続けるアップデート型ワークプレイスを目指した。オフィスでの働き方などを数値化することで、今後の働き方改革や生産性向上につながる提案活動を共創パートナーと共同で実施するという。また、実証実験を行い、これからの働き方に求められる視点や新しい生活様式に対応した提案も検証するとのことだ。

近年、働き方改革などにより、オフィス改修やシェアオフィスなどの需要が伸びているが、インテリア重視の空間が多く、オフィス自体に機能が付加された空間は少ない状況にあった。また、新型コロナウイルス発生後の新しい生活様式に対応した新しいオフィスの形が急速に求められている。パナソニックは、これまでオフィス空間に必要なインフラ設備(光・空気・音・映像など)を繋ぎ、コントロールする事業を展開してきた。今回、オフィスの温湿度やCO2などの環境要素の収集と共に、ヒトの動きなどを数値化して解析することで、これまで実現できなかったオフィス空間の提案をする。

今回の実証実験では、パナソニックの持つLPS(ローカル・ポジショニング・システム)を活用し、ヒトの位置・動線などを可視化。併せて温度・湿度・CO2や、照明・空調・電力などのデータを蓄積する。そのデータを基に、機器の最適コントロールなどを見定めて迅速な制御及び変更を実施するために設備をクラウド接続していく。さらに、オフィス空間の継続的な管理を実現するため、オフィス環境のセンシング、空間見える化、BAS(ビル・オートメーションシステム)/設備管理、利用状況の分析結果をクラウドで管理する。パナソニックは、この実証実験を通して、快適なオフィス空間の実現を目指すとのことだ。

<主な内容>
1. オフィスの様々なデータを数値化、空間分析
2. データを活用したオフィス空間制御
3. アップデート型のインフラを導入
出典元:プレスリリース

人気の記事