Today's PICK UP

文章を読む際の視点移動に着目した「読書アシスト」が期間限定で無償提供 独自の文章表示アルゴリズムで読むスピードを向上させる

日本ユニシスは、大日本印刷が開発した「読書アシスト」を9月30日まで無償提供すると発表した。「読書アシスト」は、独自の文章表示アルゴリズムによって、読んでいる最中の目線の動きをスムーズに誘導し、読むスピードを向上させる文字レイアウト変換技術で、利用者に新しい読書体験を提供する。「読書アシスト」を適用したレイアウトでは、一般的に1分間に読める文字数が400~600字程度に対して、特別な訓練を必要とせずに最大で1,000文字程度まで向上するという。今回の無償提供では、任意の文章を「読書アシスト」で変換して文章の読みやすさを向上させるものと、あらかじめ「読書アシスト」で変換済みの名作文学を体験できるとのことだ。

■「読書アシスト」について

日本語の文節(意味のわかる最小単位)を判別し、文節ごとに視線をスムーズに誘導するレイアウトに変換する技術。日本語は英語などの他言語と比較して「文節」が表記上不明瞭なことが多く、文章を読む際に無意識に前後の文節などに視線が戻ることがある。本技術は「文節」に着目し、以下のようなレイアウトに変換することで、スムーズな視線の移動をアシストする。
出典元:プレスリリース

■期間限定無償提供について

「読書アシスト」公式サイトから体験できる。今回の無償提供では、以下の体験ができる。
1.Web 上の任意の文書を「読書アシスト」のレイアウトに変換できる。
・Chrome 拡張機能または API の2通りの方法を用意している。
・変換後の文書保存はできない。
2.「読書アシスト」でレイアウト変換された名作文学作品を読むことができる。
・作品は随時追加される。
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。