Today's PICK UP

文章を読む際の視点移動に着目した「読書アシスト」が期間限定で無償提供 独自の文章表示アルゴリズムで読むスピードを向上させる

日本ユニシスは、大日本印刷が開発した「読書アシスト」を9月30日まで無償提供すると発表した。「読書アシスト」は、独自の文章表示アルゴリズムによって、読んでいる最中の目線の動きをスムーズに誘導し、読むスピードを向上させる文字レイアウト変換技術で、利用者に新しい読書体験を提供する。「読書アシスト」を適用したレイアウトでは、一般的に1分間に読める文字数が400~600字程度に対して、特別な訓練を必要とせずに最大で1,000文字程度まで向上するという。今回の無償提供では、任意の文章を「読書アシスト」で変換して文章の読みやすさを向上させるものと、あらかじめ「読書アシスト」で変換済みの名作文学を体験できるとのことだ。

■「読書アシスト」について

日本語の文節(意味のわかる最小単位)を判別し、文節ごとに視線をスムーズに誘導するレイアウトに変換する技術。日本語は英語などの他言語と比較して「文節」が表記上不明瞭なことが多く、文章を読む際に無意識に前後の文節などに視線が戻ることがある。本技術は「文節」に着目し、以下のようなレイアウトに変換することで、スムーズな視線の移動をアシストする。
出典元:プレスリリース

■期間限定無償提供について

「読書アシスト」公式サイトから体験できる。今回の無償提供では、以下の体験ができる。
1.Web 上の任意の文書を「読書アシスト」のレイアウトに変換できる。
・Chrome 拡張機能または API の2通りの方法を用意している。
・変換後の文書保存はできない。
2.「読書アシスト」でレイアウト変換された名作文学作品を読むことができる。
・作品は随時追加される。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。