Today's PICK UP

大塚家具、家具・インテリアのサブスクリプションサービスを開始 「購入」以外の選択肢を作るように

株式会社大塚家具は、従来の家具の販売チャネルに加え、家具インテリアのサブスクリプションサービスを運営する「airRoom」とコラボし、ソファやダイニングセットなどの厳選した上質な家具を、負担の少ない定額料金で所有できるサブスクリプションサービスを2020年7月16日(木)よりスタートすると発表した。
出典元:プレスリリース
昨今、「おうち時間」が増えたことにより、家の掃除や模様替えを行う人、映画鑑賞を楽しむ人、テレワークを始めるにあたりワークスペースを見直す人など、家の中をより快適にしたいという欲求が高まっているという。しかしながら「家具を揃えたいが、仮住まいなので高価なものに手を出しづらい」、「質の良い家具を使ってみたいが、まだ早い気がする」という単身赴任の人や若い世代など、上質な家具を購入するということは経済的な負担も大きくあきらめてしまいがちとのことだ。

そのような人に向け、購入という選択肢だけでなく、サブスクリプションで大塚家具の家具を使用される機会を提供するべく、家具・インテリアのサブスクリプションサービスを提供している「airRoom」とコラボしたとのことだ。大塚家具が世界中から厳選した家具を負担の少ない定額料金で利用できるようになる。まずは、ソファ、ダイニングセット、テレビボード、ベッドなど厳選した約70種類からスタートし、今後もニーズに合わせアイテムを追加するという。

■アイテム例

出典元:プレスリリース
2.5ソファ エルム
どんなインテリアにもマッチしやすい本革仕様の高級感のあるソファ。
サイズ:W1650×D900×H810㎜
価格(月額)¥5,060(税込)
出典元:プレスリリース
ダイニングテーブル(楕円) CINEMA
ウォールナット無垢材の天板が自然の温もりを感じさせるダイニング。
サイズ:W1600×D900×H720㎜
価格(月額)¥3,520(税込)※椅子別

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。